テーマ:尖閣諸島

中国の領海で中国の船に体当たりしよう。そして、損害賠償を請求しよう。

不法操業して、韓国艦艇に衝突して沈没した中国漁船がいたが、中国は韓国に賠償請求をしているようだ。尖閣諸島の事件の時にも、中国は日本に損害賠償を請求してきた。まったく同じことが起こっている。 それならどうするか。そう、中国の領海に行き、中国船に体当たりして、賠償請求をすることだ。請求の声明文は中国政府の声明文の固有名詞を入れ替えれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巡視船当て逃げの罪と、ビデオ漏洩の罪はどっちが重いか。尖閣諸島事件を考える。

巡視船に意図的に衝突し、逃げようとした中国人がいた。負傷者が出てもおかしくない重大な犯罪行為だ。犯人は極悪人だ。しかし、検察庁は、処分保留で釈放した。 海上保安庁のビデオを職場から外に持ち出し、ユーチューブに投稿した公務員がいた。公務員の守秘義務違反で操作の対象となっている。どっちの方が罪が重いか。 1.器物損壊ではない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国は日本の軍事力増強を後押ししている。尖閣諸島問題を見よ。

今回の尖閣諸島近海における中国漁船の日本巡視船への衝突事件で中国政府の取った反応の成果を見よう。 1.尖閣諸島が日本の領土であることが国際的に明らかになった。すこし歴史を調べれば、これは簡単にわかる。 2.日本の軍事力増強の根拠を与えた。海上保安庁および自衛隊の兵力増強の根拠を与えた。 3.尖閣諸島海域での中国漁船排除…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

外務省は「中国に対する渡航情報(危険情報)」を発出せよ。山賊に人質に取られますよ。

本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。 海外では「自分の身は自分で守る」との心構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座でパトカーにわざとクルマをぶつけても処分保留で釈放されます。

日本の領海内でわざと日本の警備機関(海上保安庁)の船舶に自船を衝突させても、処分保留で、釈放になりました。 当然、銀座(日本の領土内)で、警備機関(警察)のクルマに、わざと自分のクルマを衝突させても、処分保留で、釈放です。 これが、法の下の平等ということです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more