東電の技術レベルはあまりに低い。冷却系統図さえ間違っている。

冷却系の系統図の間違いを指摘したが、東電のホームページを見ると、彼らが作った系統図も間違っている。なぜ、こんな初歩的な間違いをするのだろうか。だれが教育したのか。 何が間違いか。添付図の「熱交換器」での水の流れが逆なのだ。一次系は熱交換器で温度が下がる。したがって、媒質の流れは上から下へとなる。温度が下がると密度が上昇して重くなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2号機の原子炉損傷は、14日18時00分ではないか。福島第一原発のデータを読もう(3)

東電が発表している福島第一原発のデータを読むと、2号機内の圧力は、3月14日18時ごろに急減少しているので、圧力容器に穴が開いた時刻は、この14日18時ごろではないか。もちろん、原料の溶融はその前からで、燃料が圧力容器の底に落ち、鋼鉄製の圧力容器を溶かし穴を開け、圧力容器の底から格納容器内へ燃料が落下したのではないか。 ただし、本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3号機の原子炉損傷は12日12時10分ではないのか。福島第一原発のデータを読もう(2)。

東電が発表している原子炉の圧力データを信じるとすれば(計測系の信頼性は検証が必要)、「A系原子炉圧力」なるものが、3月12日 12:10 までは、ほぼ 7.5 MPa に保たれていたが、それ以降急激に減少している。すなわち、12:45 に5.6 MPa、13:05 に4.8 MPa となっている。なぜ圧力が減少したか。原子炉が損傷して内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。再掲。牟田淳「アートのための数学」。芸術学部の知的レベルの低さに ...

2011年5月25日、nomonomonomoの書評。牟田淳「アートのための数学」。芸術学部の知的レベルの低さにあきれる。幼稚園児向けの本。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_90.html ********** 言葉狩りにあった。 この世界には言論の自由はないのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。杉原厚吉「エッシャー・マジック」。空間を幾何学で解析。でも、芸術は爆発、じゃなかったかな。

杉原厚吉「エッシャー・マジック だまし絵の世界を数理で読み解く」東京大学出版会、2011年。エッシャーの絵の数学者による解析。それなりにたのしいが、心を打つ芸術をこのように扱うと、ちょっとしらける。芸術は数学ではない、と叫びたくなる。 エッシャーが心を打つのはなぜか。意表を突く数学的なパラドックスだけではないはずだ。そこには既成概…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幾何の問題。高校レベルかな。(5)解析幾何による強引な証明。

解析幾何の手法を使えば、強引でエレガントではありませんが、一生懸命に計算をすれば結果を出せます。やってみましょう。要点は、直線の方程式を連立させて、交点の座標を求め、座標間の距離を求めるのです。 添付のように記号をつけます。点P の座標を(a,b) とし、そこを通る直線と、直線m1 および直線n1 の交点を、直線の連立方程式から求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発。ベントが逆流した可能性は低い。

原発の設計に数々の問題があるのは予想されるが、昨日来の「圧力抑制室からのベント配管が建屋からのベント配管と合流しているので、水素が建屋に逆流して、水素爆発をおこした」との論理には承服できない。ふつうの技術者なら、ただちにこんな暴論は否定するだろう。 1.気体は圧力の高いところから低いところに流れる。今回の場合には、大気の圧力が一番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発のデータを読もう(1)圧力と水位。

東京電力が発表している福島第一原発のデータを読んでみよう。計測系の信頼性が低いので、出ている値はそのままでは個々に信用できないが、素人なりに、何が起きているか想像するわけだ。 (1)1号機の圧力・水位および温度のデータ 3月12日からA系原子炉圧力は 0.5 MPa に低下している。大気圧に近いが、0.5 M…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幾何の問題。高校レベルかな。(4)ベクトルの考えをつかった証明。

問題の出所がベクトルに近いので、ベクトルをつかった証明をのせよう。 斜交座標系( i, j) をと考える(図参照)。 ベクトルx の反変成分を(k1,k2) とする。共変成分を(j1, j2) とする。 (1)p1・q1 を計算する。 q1 はベクトルx と単位ベクトルi の内積で表されるから、         p…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幾何学の問題。高校レベルかな。(3)余弦定理をつかった証明。

前回は正弦定理をつかった証明を示した。今回は第二余弦定理をつかった証明を示そう。 添付図のように記号を定める。 (1)三角形 PDQ を考える。この三角形に対し、第二余弦定理を適用する。すると、         p^2 = d^2 + l^2 - 2 d l cos(α)        (1) である。 ただし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幾何の問題。高校レベルかな。正弦定理をつかった証明。

正弦定理をつかった証明を示そう。 ・円に内接する長方形となっているが、内接は本質的ではない。点 R は証明には出てこない。 ・添付図のように角度を記号で表そう。すなわち、         ∠APQ = φ (= ∠DQP 錯角)         ∠CPQ = θ (= ∠BQP 錯角)         ∠PBQ = α…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルメールの前に人がいない。メトロポリタン美術館。世界の美術館(4)

添付写真のように、フェルメールの前は無人です。盗みたくなりますね。写真も撮り放題です。東京の展覧会の人ごみからは考えられませんね。 ************* フェルメールが「デルフトの眺望」を描いた場所 http://44579446.at.webry.info/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。吉川節子「印象派の誕生」。マネと印象派についていろいろと教えてくれる。

吉川節子「印象派の誕生」中公新書、2010年。おちついた書きぶりで、印象派に関する新しい知見を教えてくれる。楽しい本。またヨーロッパに行きたくなった。美術の深さを思い知らされた。良書である。 マネとモネ。似た名前で、以前は区別もつかなかった。フランスでも混乱していた時代があったそうな。楽しい話だ。 マネ。お金のマネーじゃない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幾何の問題。高校レベルかな。

物理の本を読んでいたら、ベクトルに関する記述があった。それを幾何の問題に書き直すと、以下のようになった。 ・対角線 PQ を共有する長方形、APSQ と RPCQ がある。 ・辺 AP と辺 RQ の交点を B とする。 ・辺 SQ と辺 PC の交点を D とする。 以上を図で示す。 ・辺 AP の長さを a、辺 BP …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今、校庭の土を剥いで何になる。放射性物質はこれからも飛んでくるのですよ。

校庭の土をブルトーザーが剥いでいる映像がテレビで流れている。なにをやっているのだろうか。おかしいじゃない! 1.原発事故は収束した訳ではまったくない。原子炉は破壊されており、燃料は溶融・再凝固して格納容器の底にたまっている(格納容器の外に出ているかもしれない)。要するに、放射性物質はダダ漏れの状況が続いているのだ。 2.校庭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行政官・菅直人の3大ヒット。原発問題で見せた技。優秀な行政官。

菅直人総理大臣の評判が悪い。しかし、わたしは次のことはしっかり支持・評価する。 1.地震直後に東電本社に乗り込んだこと。 2.30キロ圏を避難地域と指定したこと。 3.浜岡原発停止の「要請」を行なったこと。 あなたが、総理大臣であったなら、地震直後に東電の本社に乗り込みますか。 あなたが、福島県知事だったら、福島原発周…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発内にはプルトニウムがいっぱい。これに恐怖を感じなかったら、お化け屋敷も真っ青。

高木仁三郎「プルトニウムの恐怖」岩波新書、1981年の13ページを読んでみよう。ウラン235が中性子を吸収して、いわゆる連鎖反応が起きることは中学生でも知っている。 しかし、あなたが高校生以上なら、プルトニウムも出来ていることを知って欲しい。 核燃料の主成分であるウラン238は中性子を吸収して、プルトニウム239を生成するの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の最大の問題は、燃料の再処理。高木仁三郎が書いていたこと(3)

高木仁三郎「プルトニウムの恐怖」岩波新書、1981年、82ページを読んでみよう。 「使用済み燃料は、まず原子力発電所のプールで、ある程度放射能を減衰させた後、容器につめられて、船(時にはトラック)で再処理工場へと運ばれる。再処理工場では、やはりプールで、ある程度冷却した後、燃料はせん断され、濃い硝酸に溶かされる」 「再処理工…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発の現地事務所と本社の「齟齬」は大企業では日常茶飯事。

会社で「現地工事」をやったことのある人はあまり多くはないだろう。だから、東電の現状に驚きを発する人が多い。しかし、現地工事の実情は、ちょっとアタマを働かせるだけで、容易に想像がつく。 1.現場事務所は本社をまったく信用していない。本社の人間はシロウト。現場独自の判断で動く。 2.マスコミ向けの資料は本社が勝手に作る。まったくの絵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浜岡原発に群がるハゲタカたち。大村秀章愛知県知事もそのひとり。

5月31日、「中電浜岡原発の停止に伴うコスト増を国が負担しろ」と愛知県の大村秀章知事が民主党の岡田克也幹事長にねじ込んだ。ここにもひとり浜岡原発の利権にぶら下がるハゲタカがいる。 国税で対処する、ということは、東北地方からの税収を中部地方に投下しろ、といっていることにひとしい。こんな簡単なことが愛知県知事は分からないのだろうか。自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more