テーマ:社会の安全

停電のないことを祈る。猛暑で死なないために。

連日も猛暑。冷房なしには暮らせない世の中になった。 そこで注意しなくてはならないことは、われわれは電力がなくては生きていけなくなっているということ。冷房しかり、エレベータしかり、冷蔵庫しかり。ビル・マンションでは停電になると水も出なくなる。 こんなに電気に依存する生活になっているのです。 停電になったらどうなるのでしょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お年寄りよ,強盗に入られるリスクと熱中症で死ぬリスクを比較してください

熱中症で夜間寝ている間に死ぬ老人が続出しているという。夜間,雨戸を閉め切って,熱が室内にこもって高温になり,脱水症状を起こしているのではないかといわれている。 強盗に入られるのと,脱水症で死ぬのとどっちを選ぶのか。 強盗に入られても,所詮,撮られるのはカネ。命は,多分,とられないだろう。それなら,命を選んではどうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の問題は設計。隠蔽体質とは別。本質を見よ。

今日、東京電力が発表したところによると、福島第一原子力発電所4号機において、下記の事故がおきた。 (1)1998年2月22日 午前11時8分から11時58分。 (2)全137本の制御棒のうち、34本が、1ノッチ分引き抜けた。 要するに、なんどもなんども制御棒が抜け落ちているのだ。擾乱が起きたら、安定な方向に進むのは、物理学・工学の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の設計間違い。北陸電力志賀原発の水飛散。

3月25日午前9時42分の能登半島地震で、北陸電力志賀原子力発電所1号機建屋4階の使用済燃料貯蔵プールから、水が45リットル以上飛散し、750万ベクレル以上の放射能がもれた。ここにも、設計の基本ができていないことが露呈した。 液体を入れた容器が揺れたとき、その中の液体が揺れる現象をスロッシングという。自動車の燃料タンクもロケットの燃料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連鎖反応は間抜けな電力頭で起きている。原発事故。

連鎖反応においては、中性子がウラン235にあたったとき、入射する中性子の数より出てくる中性子の数のほうが多くなったとき、臨界がおこる。(厳密には、同数のときが臨界。出てくる数のほうが多かったら、超臨界。) こんなことは中学生でも知っている。 知らないのは、電力会社の発電所で働いている高給取り。物理学を知らないで核反応を起こしているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

制御棒でなく、頭が抜けている。原発事故。

昨日、このブログで、制御棒脱落事故の実績として、 制御棒脱落の事故(現在まで分かっているもの) 1988年7月9日 東北電力女川1号 1991年5月31日 中部電力浜岡3号 1993年6月15日 東京電力福島第二3号 1999年6月18日 北陸電力志賀1号 2000年4月7日 東京電力柏崎刈羽1号 をあげた。 またぞ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の設計の誤り。物事は予想どおりにいくものではない。それが設計。

制御棒脱落の「発覚」があとを絶たない。昨日は東電でも隠蔽が発覚した。 新聞によると、制御棒をしたから支えるピストンに一部断面積の小さいところがあり、そこに、コレットフィンガが引っかかって、ピストンを支えるようになっているとのこと。Good idea のようではあるが、所詮は小人の考える姑息な手段。もっともっと素直な設計にしなくてはいけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の制御室を24時間ライブ中継しろ

電力会社はどこもかしこも不法行為ばかりしている。ミスをするのは確率的にやむをえない。問題は、それを隠蔽し、闇に放り込み、反省せず、直していこうという向上心がないこと。 どうしたらよいか。 制御室にライブカメラを持ち込み、インターネットで24時間中継することだ。そうすれば、表裏の別がなくなる。 ロケットの発射時に、宇宙開発機構が制御…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発は設計思想が間違っている

北陸電力志賀原発と同じ事故が、中部電力浜岡原発と東北電力女川原発で起こっていた。中電の事故は1991年5月31日。東北電力の事故は1988年7月9日。 制御棒が下に落ちた事故だ。 昨日のこのブログで論じたことが、きわめて一般的なことだと証明された訳だ。重量のあるものは、地球上では下に落ちる。したがって、設計ではそのリスクを考え、モノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北陸電力志賀原発はなぜ危険か。設計思想がおかしい。

志賀原発の設計思想の誤りについて、再度説明する。 物理学・工学の分野に「安定・不安定」という概念がある。現在の状態から、微小な擾乱を受けたとき、元の状態に戻ろうとする作用が働くシステムを「安定」という。逆に、擾乱の方向にますます発散するばあいは、「不安定」という。 志賀原発の場合はどうか。制御棒が入った状態で、制御棒支持装置(システ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志賀原発の真の問題は設計。隠蔽ではない。

北陸電力志賀原発で1999年6月18日に臨界事故を起こしたのが明らかになった。 事故を報告しなかった、隠蔽した、と問題になっているが、真の問題は、隠ぺい工作ではなく、原子炉の設計そのものだということに気づこう。 89本ある制御棒のうち3本が下に落ちて、中性子を吸収する炭素原子がすくなくなり、核分裂反応がすすみ、臨界状態になってしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故隠し。JR宝塚線事故と同じだ。

東京電力の原子力発電所で異常停止事故があったにもかかわらず、現場責任者がもみ消した。それも2件もあった。おそろしい。「信じられない。」 会社の体質がこのような由々しき事態を生んだのだ。会社を業務停止にすべきだ。 なぜ、現場責任者が独断で違法行為をしたのか。異常停止を報告すると、業務が停止し、報告等の「雑用」で「通常業務」ができなくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月にもこんなに災害があった

作業車の下敷き1人死亡 7月3日、山梨県大月市大月町の治山工事現場で、作業者の運転する作業車が、樹木の伐採作業中に深さ約1.2mのくぼみに落ちて横転。作業者は運転席から放り出され、作業車の下敷きとなり死亡した。 メッキ工場で火災住民が一時避難 7月3日、來京都中野区新井のメッキ工場から出火、周辺の住宅地に刺激臭が広がった。消防…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

6月にこんなに災害があった。

倉庫建築現場の足場から転落し、1人死亡 6月2日栃木県鹿沼市の木工団地の倉庫建築現場で、作業者が足場から転落し、死亡した。 土砂崩れ防止の工事中、生き埋めとなり、2人死亡 6月2日千葉県成田市の民家脇で、土砂崩れ防止の補強工事中、土砂が崩落し、作業者2名が生き埋めとなり、死亡した。 クレーン車のアームが架線に接触し、1人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本ではこんなに死亡災害が起こっている。(2006年5月)

ペットボトル再生工場で機械内に転落し、1人死亡 5月8日神奈川県横浜市のペットボトル再生工場で作業者が死亡しているのを同僚が発見した。圧縮したペットボトルの塊をフォークリフトで運ぶ作業の補助中に何らかの原因で、塊をばらす機械内に転落したとみられている。 産廃工場でパワーショベルにひかれ、1人死亡 5月8日埼玉県所沢市の産廃処理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供が死ぬのは親の責任

子供が死んでいる。プールで、川で、海で、自動車事故で。回転ドアもあった。 第一の責任は、言うまでもなく、親。親が自分の子供の安全を見ていないから。 プール管理者や、河川管理者の責任を云々することは、親にとっては、責任転嫁。社会にとっては、施設等の管理責任者の責任は問うべきだろう。 しかし、一番に考えなければ行けないことは、親の責任…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

駐車取締りを民間委託するなら、殺人事件捜査も民間委託せよ

6月1日から駐車違反摘発を民間委託することになった。またまたバカなはなしだ。 1.委託料は地方公共団体が払う。違反がなくなったらこの財源はどうするのか。委託を受ける業者にノルマを課さないで、どうやって採算を合わすのか。業者の収入を山谷なしに確保するには、コンスタントに違反者を摘発しなけらばならない。常時違反者がいることを前提にしている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀行ATMの生体認証は使ってはいけない!!!

銀行のATMで指紋や手のひらの血管を読み、本人判定する機械が出だした。結論をはやく言う。決してこんな登録をしてはいけない。いちど指紋を登録したら、一生あなたの指紋は当局に保管されてしまう。手のひらに情報もおなじ。こんな大切な個人情報を他人にわたしてはいけない。 銀行が信用おけないのは周知の事実。国も地方公共団体も信用おけない。いちどコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたの周りは不審者・異常者だらけ。我が子をどうやって守るのか

奈良県のホームページを見ていたら、奈良県教育委員会が集計した不審者情報が載っていた。 http://www.nara-c.ed.jp/seishi/hushinsha-joho01.htm 今年に入ってから、1月に15件、2月は10日までに17件の女子中学生・高校生が被害をうけている。こんなに多いとは!まったくの驚きである。 奈良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR羽越線脱線事故。JRは本気で技術検討をしているのか。

JRは列車の横風特性把握の為、風洞試験をしろ、と前回述べた。新聞報道によると、JR総研が、余部事故のあと、実車を使った計測をしている、とのこと。 すこし、JRを見なおした。しかし、まだまだ。 (1)科学というものは、現象から、本質を抽象するもの。これが科学。実車で現場で試験計測することは科学ではない。現象の中でなにが重要で、なにが派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JRには技術者はいないのか?また脱線事故を起こした。

JR羽越線で特急列車が横風が原因(と見られる)で脱線転覆し、死者を出した。 脱線転覆なぞ、技術の基本に関わること。JRには技術者はいないのか。 (1)そもそも風速25メートルで徐行、30メートルで運転中止、という運行規則はどういう技術的根拠にもとづいて作られたのか。風洞試験でもしたのか。どんな計算をしたのか。JRは説明せよ。 (2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強度不足の建築物はぞくぞく出てくる。さあどうする。

建築物の強度計算などチェックする人はいない。当然、手抜き設計の建物が続出する。 手抜きにもいろいろな種類がある。 (1)計算もなにもしないで、ただ少し鉄筋の数を少なくする。 (2)計算は少しするが、欠陥建築といわれない程度に、鉄筋の数を少なくする。 (3)強度計算など無視して(計算書は偽造して)、利益を上げる為、鉄筋の数を減らす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

だれも信じられない21世紀

4月には無謀運転手に尼崎で107人が殺された。12月には塾講師に塾で小学6年生が包丁で殺された。通学途中にも1年生が殺された。 無防備なひとがどんどん殺される。どこかおかしい。戦争をしている職業軍人ではないのだ。どうして無辜の民が異常者に殺されるのだろうか。 どこかおかしい。 どこがおかしいのか。分らない。分らない。分らない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松下温風器は殺人機械。どうしてくれる。

松下の石油温風機が殺人機械と化している。燃焼機への空気供給量がすくなくなり、不完全燃焼を起こし、一酸化炭素中毒を引き起こしているのだ。 FF式石油温風機は、換気が要らない暖房機器として売り出された。換気不要などという甘い言葉にだまされて、窓もあけずに使っていると、そのうち、一酸化炭素で頭が痛くなり、そのまま死んでしまう。炭火を使ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたは労働者の死体の上で生活しているのです

2005年10月だけで、少なくとも、下記の労働災害が起きています。 10/8 東京都文京区。タクシーが水道工事現場に突入。鉄板が工事用穴に落下し、中の作業員1名死亡、2名重軽傷。 10/8 愛知県名古屋市JR名古屋駅バスターミナルビル地下電機室。点検作業者1名感電死、1名軽症。 10/12 長野県山ノ内町スキー場。リフト支柱と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

UFJ銀行の隠しカメラは氷山の一角。あなたは監視されているのです。

UFJ銀行の隠しカメラが続々発見されている。きっと、UFJ銀行そのものが設置していると考えるのが論理的な帰結。(ハハハ) 犯人は何がほしいのか。「カード番号、有効期限、氏名」たったこれだけ。これだけの情報で何でもできる。カードそのものを作り、そこに磁気データを入れる必要などどこにもない。 (1)インターネットで決済するときどうするか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大災害で大切なのは、生きのびること。後処理が重要。

今回のアメリカのハリケーン災害や、前回のインドネシアの津波災害、そして日本各地の地震災害等々で明らかになったことはなにか。それが、だんだん明らかになって来た。 大災害そのものの被害は、ある程度、仕方が無い。しかし、我々の出来ることで、用意しておかなければならない事は、災害後に生きのびる事。どうして、生き延びるか。 日本では、仮設住宅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人のいのちがなぜこうも簡単におおぜい失われるのか

アメイリカのハリケーンで多くのひとが水死した。イラクでは、橋の雑踏で多くのひとが圧死した。インドネシアの津波の災害を忘れる間もなく、またまた、多くの人の命が失われた。 ひとの命とはこうも簡単にたくさん失われるものだろうか。人類は、過去の歴史でなにをしてきたのか。自分の命も守れないような、都市開発、信仰行事、行動規範、発想をしてきたのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学生でなく、警察の責任を追及せよ

宮城県の警察官襲撃事件のその後の報道を見ると、マスコミの連中は物事の本質をちっとも見ていないのが分る。大人が子供を誘惑したら、責任は誰にあるか。大人に決まっている。子供の親でもないし、学校の教師でもない。誘惑した本人の責任を問うべきだ。 ミニスカートをはき、パンティをちらつかせ、襟ぐりの開いたブラウスを着て、ノーブラでバストをこれみよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more