テーマ:正義とはなにか

大坪弘道は正規給与と出張旅費・手当を貰っているのだろうか。さっさと懲戒免職にしろ。

大坪弘道・前大阪地検特捜部長(現京都地検次席検事)が京都から東京に呼ばれている。職務上の出張扱いなのだろうか。交通費も宿泊代も出張手当もしっかり貰っているのだろうか。 税金泥棒! 次長検事となると、新幹線の移動もグリーン車だろうか。東京の宿泊も一流ホテルだろうか。食事もいいのだろう。そのうち留置場にはいっるのだから、最後の極…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪地検って何をしているのでしょうか?

21世紀を築く正義の軌跡 検察庁では、検察官が犯罪を捜査し、刑事事件に関し裁判所に対して裁判を求め、裁判所に法の正当な適用を請求し、かつ、裁判の執行を監督しています。 これらの仕事を行うために検察官とともに検察事務官が配置されています。 私たちは、真実を見つめ、巨悪にも果敢に立ち向かい、犯罪をなくして明るい社会を築くために仕事をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察の犯罪。事件の捏造こそ問題。証拠改竄など、ちいさい、ちいさい。

最高検察庁は、前田恒彦検事ひとりに責任をおいかぶせ、組織の延命を図っている。問題をすり替えてはいけない。需要なのは、地検が組織的に、いわゆる「郵便割引制度を悪用した偽の証明書発行事件」を捏造したことである。その一環で証拠捏造(フロッピーディスクの書き換えと証拠隠滅(捜査資料の一括廃棄)を行ってきたのだ。 証拠隠滅(捜査資料、とくに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察官による犯罪。こんなにたくさんあります。破廉恥罪が目立ちます。

政府の答弁書「内閣衆質171第413号」によると、平成17年以降、以下のような検察官の犯罪が報告されています。 1.強制わいせつ事件: 2件 2.強姦未遂事件:    1件 3.公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反事件: 4件 4.酒気帯び運転事件  5件 5.自動車等の運転を伴い事故を起こした事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪地検証拠改竄事件は、前田恒彦検事にストーリを作らせろ。幼稚すぎてダメか。

いわゆる「郵便割引制度を悪用した偽の証明書発行事件」で、大阪地検特捜部の前田恒彦主任検事が押収品のフロッピーディスクのデータを改竄していた。さもありなんだ。 大阪地検は、取調べ中の捜査メモも、組織的に、破棄していたのです。忘れてもらっては困る。 捜査メモを破棄したと裁判所に詰問された時点で、最高検が動かなかったことの方が問題…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察官の犯罪。この落とし前、どうしてくれるネン。大阪特捜部検事の証拠改竄。

いわゆる「郵便割引制度をめぐる偽の証明書発行事件」で大阪地検特捜部主任検事が、押収したフロッピー・ディスクを自分の立てたストーリーにあうように勝手に改竄していた事実が明らかになった。 これを犯罪とよばずして、なんと言おう。 犯罪者は罰を受けるべきだ。この検事を起訴し、裁判にかけるべきだ。この判事の上司も同罪。検察庁が、この犯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犯罪の総本山、検察庁。この犯罪者への処罰はいかになされるのか。

北九州市の「つめ切除事件」でも被告の看護師に無罪判決が下りた。 大阪地検特捜部の創作劇「郵便割引制度をめぐる偽の証明書発行事件」と全く同じ。 今回も、裁判所は、検察官の取調調書が検察官による創作だと認定した。検察の体質そのものが出ている。 要するに、検事が事件をでっち上げているのだ。犯罪を創作し、無実の人間を犯罪者に仕立て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪地検特捜部は解散させろ

こんな失態の責任をとってもらおうじゃないか。税金泥棒にはそれなりの罰を与えなくてはいけない。 政治主導とはこういうことだ。小澤じゃなくても、解散させろ。 民間会社なら、当然、解散だ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大病院へ行けば、院内感染で殺されて、臓器を勝手に持っていかれる。ああ、地獄だね。

帝京大学病院で院内感染で何人か死んだと報道された。人を病気から治癒させるはずのところで、病原菌に犯されて殺されてしまう。医師、看護士という専門家に囲まれて殺されるのです。 死んだらどうなるか。脳死との理由で、本人の承諾も無く、家族という名の他人が勝手に死んだ人の臓器を配分する。だれの体なのか分からなくなってしまった。死んだら、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地方自治法第180条を読んでみよう。阿久根市は楽しいね。話題提供で地方活性化。

第百八十条  普通地方公共団体の議会の権限に属する軽易な事項で、その議決により特に指定したものは、普通地方公共団体の長において、これを専決処分にすることができる。 ○2  前項の規定により専決処分をしたときは、普通地方公共団体の長は、これを議会に報告しなければならない。 ++++ 「その議決により特に指定したものは」に該当す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Not in my Backyard という言葉を知っていますか。普天間基地問題は過去のものか。

Not in my Backyard (NIMBY) 。「俺のウチのそばにぃやぁ、なにもつくらせねぇ!」 そう、俺だけよければ、それでよい。犠牲は他人がかぶれば良い。 普天間基地問題はどうなったのか。民主党政権は、頬被りを決め付けたのか。鹿児島県は利己主義を押し通すのか。他の本土の県はなんというのか。。。。。 個人個人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島県阿久根市を知っていますか。地方活性化に努力している市長がいる????

鹿児島県阿久根市。憲法と地方自治に関心のあるひとばかりか、日本国中のひとが知るようになった、田舎の寒村。それが全国区になった。快挙とよぶべきか。喝采して喜ぶべきか。 ともあれ、こころある人々にとって、鹿児島県阿久根市は関心の的。 ここまで、ニュースのネタを提供してくれた市長と市民に拍手を送ろう。 (もちろん、ヒニクです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核抑止力は必要か。社民党は連立を組んだことを恥よ。

菅総理大臣が、「核抑止力は必要」とのたまわったそうな。自民党より右よりの重大発言だ。 社民党はこの発言に対し、なんと反論するのか。こんな党と連立を組んでいた責任はどのように取るのか。 公明党はどうか。共産党は。みんなの党は。 各党は核兵器の基づく戦略に対し、自分の立場をはっきり主張すべきだ。核兵器は必要なのか。日本はア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死刑制度を決めるのは国会。法務省ではない。

法務大臣千葉某が死刑制度の勉強会を開く、と大見得を切った。ふたを開けたら、法務省内の官僚との通常会議だった。ばかげた話。重大なことを忘れてもらっては困る。 死刑は法律で決めたこと。行政はおろか、司法でもこれを変えることはできない。法律に基づいて、裁判所が死刑と判断し、行政が実運用するのだ。それ以外の何者でもない。 死刑制度を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三権分立ではなく、四権分立を考えよう。国会を監視するため。

国会議員は自分達の定員削減ができない。 国会議員は自分達の歳費削減ができない。 そうだろう、そうだろう。自分で自分の不利益になることをやるのは難しいことだ。 それならどうするか。国会に独立した機関を作るしかない。司法でも行政でもない、国会監視を職務とする権力機構だ。この職員も選挙で選出する。教育委員のように。最高裁判所裁判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

100歳以上の所在不明者だけでなく、3歳以下の幼児も所在確認せよ。

100歳以上の人手、行方不明になっている人がたくさんいる、と話題になっている。それでは、幼児はどうなのか。 つい最近、自分の3歳と1歳の子供をほっぽり出して遊びまわっていた母親がいた。ネグレクトというそうだ。こんな事象も日本でただ一つ、と考えるのは不自然。 3歳以下の幼児の所在も、本人と面接することで、しっかり確認することが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老人も幼児も大切にしないこの社会

100歳以上の自分の父親や母親が生きているのか死んでいるのか気にしない人がいる。自分の子供を自宅においたまま遊びまわっている母親がいる。なんとすさんだ社会なのだろうか。こんな日本にだれがした。 多分、我が親の無視も我が子の無視も、意図がはいっていたにちがいない。理性がこうさせたのだ。狂気ではない。 ああ、人間とはこんなに非人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

管首相よ、消費税はどうなったのか。

選挙で負けたからといって、さんざん宣伝していた消費税論議を引っ込めるとは、卑怯千万。政治家の常として、小人豹変は驚かないが、それにしても、日本の将来を如何に考えているのか。 消費税論議は、税制全般も含めて、日本の体制の根幹にかかわる戦略的な議論だったはず。それまで置き去りにして、菅首相はほおッかぶりを決めた。責任のあるものがやるべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社民党よしっかりせよ。辻元清美などはほっぽり出せ。

社民党は自分の成立基盤はなにか,しっかり考えよ。日本社会党の精神をしっかり守れ。 1.憲法第9条を堅持せよ。 2.自衛隊は違憲だと主張せよ。(村山談話を否定せよ。) 3.非武装中立主義を貫け。 4.勤労者に立脚した政権を目指せ。 上記のようなマニフェストを書いたら,現代の日本では票はとれないだろう。 しかし,選挙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横綱審議委員会というアホがいる。能天気の非常識集団。

横綱審議委員会の輩が「天皇賜杯は授与すべきだった」といったそうな。アホのたわごとにあいた口がふさがらない。 天皇賜杯は「授与する」ものではなく,天皇陛下からいただくものだ。今回は,天皇陛下が「こんな相撲界には付き合っていられない。手を引く」とおっしゃりそうだったので,それが表面化すると,相撲協会の面目が丸つぶれになるから,先手を打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やめられない,とまらない,相撲の暴力団汚染

やめられない,とまらない,○○ビーの○○○えびせん,というコマーシャルがあった。それが,いまは, やめられない,とまらない,相撲の暴力団汚染,になった。 次から次へと出てくる大相撲関係者の暴力団との腐れ縁。底なし沼とはこのことをいう。 暴力団は暴力団とつきあっても,あいてが暴力団とは認識しない。だって,自分とおなじなのだか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政権の人気がなくなると「北朝鮮」。目に余る人気取り政策。

民主党が選挙で大敗した。よって,金賢姫が日本に来た。 小泉某がやったのと同じ人気取り政策。小泉某が北朝鮮に飛んだときの自民党の落ち目状況を覚えている人いますか。 念のために: 2004年5月の小泉再訪朝は自身の年金未納問題に対する目くらまし。あまりに有名です。 今回も全く同じ。あまりにミエミエなので,呆れさ加減を通り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮崎口蹄疫問題。理性と心情のどちらを取るか。

宮崎県の口蹄疫対策として,種牛を殺処分したくないといって農家が反対している。どのように考えるべきか。 1.確かに,現状は口蹄疫の症状は出ていない。 2.殺処分しなくても,口蹄疫の蔓延は防げるかもしれない。 3.殺処分すると宮崎県の畜産財産に地名的なダメージとなる。 しかし, 4.残した牛がウイルスの蔓延を助ける可能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲中継中止報道に異議あり。

1.なんで民放がNHKのことをこれほどまでに報道するのか。NHKが大相撲中継をしようがしまいが,そんなことは無視すればよいのではないか。民放も自尊心がない。 2.NHKはなぜトップニュースでこれほどまで詳細に報道するのか。番組の(裏)宣伝にあたる。 3.そもそも,大相撲をテレビ中継しようがしまいが,そんなことは重大事ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国税庁の非合法行為に断が下った。生命保険の二重課税。

国税庁が二重課税禁止の原則を守っていなかったとして,最高裁が国税庁敗訴の判決をくだした。 提訴した長崎県の主婦の勇気に拍手を送ろう。 全国の勤労者は国税庁に煮え湯を飲まされている。日本の課税は本当に不公平だ。政治家も公務員も正義を実現しようとする意欲にかけている。 正義を追求した長崎県の主婦に,再度,賞賛のエールを送る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮とイスラエルはどっちが極悪テロ国家か。(その2)

北朝鮮とイスラエルはどっちが極悪テロ国家か,として6月1日に論じた。 http://44579446.at.webry.info/201006/article_2.html ことは解決していない。 非武装の民間人がイスラエルの軍隊により射殺されたことを忘れてはいけない。 トルコがイスラエルと断交しようとしている。 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんのために名古屋場所番付発表を遅らせたのか。支離滅裂な相撲協会

名古屋場所番付が発表された。琴光喜が西大関として載っている。相撲協会はなにを考えているのか。あいた口がふさがらない。 番付発表を遅らせたのは,番付にのせられない力士が出るかもしれないと考えたから。そして,番付にのせられる力士が確定したから,発表したのではないか。それを,既にいないはずの力士の名前をのせるのは,どうみてもおかしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋場所中止と「子供の夢」の関係。幼児的発想を排す。

テレビの街頭インタビューは,そもそも,テレビ局に都合の良い場面しか放映しないから,これを議論することは,そのテレビ局を議論することになる。 ともあれ,「大相撲の名古屋場所が中止になると,大相撲を見たがっていた子供の夢をつぶすことになる」とのたまうていた通行人が放映された。この論理を分析してみよう。 相撲の興行は社会的な行事だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIFA ワールドカップ 岡田監督の「ベスト4」発言はどうなったのか

日本のワールドカップが終わった。ベスト16止まりだった。冷静に思い出そう。岡田監督は「ベスト4を目指す」と言ったはず。その差はどうなったのか。 今夕,日本チームが帰国した。記者会見で「目標のベスト4が達成できなかった責任はどうお考えですか」という質問をする記者はいないのか。この答をぜひ聞きたいものだ。 ベスト4とベスト16と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会一院制の利得。強行採決が一回で済む。

国会を現在の二院制から一院制に変更する案を提案している輩がいる。損得を考えよう。 自民党が多数をとろうが,民主党が多数をとろうが,重要法案はみな強行採決で通している。したがって,一院制なら,多数派にとっては,一回の強行採決で思い通りに行く。(細かく言うと,委員会と本会議の2回要る。) 手っ取り早い方法だ。よし,これで行こう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more