テーマ:歴史に何を読むか

沖縄県人は日米安保条約に対する態度を表明せよ

「沖縄に基地はいらない」という一つ覚えだけではものごとは進まない。高い見地に立って意見表明を期待する。 すなわち,日米安保条約をどうするのか,ということに関してしっかりした意見を言ってもらいたい。 日本にとって中国が最大の脅威だ。(これに同意しないのなら別だが。)脅威国に対してどのように対処するか。前線に軍事基地をおくのが常…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮のミサイルとインドのミサイルはどこが違うのか

日本政府は北朝鮮のミサイル実験で厳重に抗議し、国連安保理事会で非難決議を可決すべく働きかけている。 それでは、昨日実施したインドのミサイル実験に関しては何というのか。このミサイル「アグニ3」は1トンのペイロードを3,500キロメートル運ぶという。インドから北京に届く。こんな中距離弾道ミサイルに対して日本は抗議しないのか。 インドと北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「科学技術基本計画」は絵に描いた餅

総合科学技術会議が主導して作成した「第3期科学技術基本計画」がまとまった。4月25日には第54回会議が開催され「資源配分方針の策定へ向けて」なる議題が論議された。論議自体は、例によって、雑談だけで終わっているので、上げ足取りをしてもしょうがない。「第3期科学技術基本計画」なる書類を批判しよう。 1.計画というものは、過去の実績を冷静に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皇室典範は法律か。国会が決めることか。天皇家の私事であるはず。

皇室典範の国会提出がゆれている。おまけに、秋篠宮紀子さまのご懐妊が発表されていて大騒ぎになっている。 確かにご懐妊はめでたい。新しい命の生まれることは、他人事でもうれしい。丈夫なお子さんを生んでもらいたいものだ。 しかし、振りかえって皇室典範の改正問題を考えると、異常事態そのものだということが分る。天皇家が世継ぎをどうしようと、他人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フィレンツェはピッティ宮がすばらしい

フィレンツェに行って来た。日本人に一番の人気のある都市だという。どおりで、街は日本人だらけ。観光客だけでなく、店の売り子さんも日本人。それも、グッチ等の有名店ばかりでなく、中央市場の雑貨屋や食料品屋でも日本人が働いている。観光客の数は、アメリカ人を抜いて、日本人が一番ではないだろうか。 お決まりの、ウフィッツィ・ギャラリーに行って来た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒田慶樹・清子さんの御結婚を祝う。多様性を尊重しよう。

黒田慶樹氏の記者会見を聞いていると、このような人物がまだ日本に残っていたのか、といたく感動する。稀なことだ。日本も、まだまだ多様な人物が存在していたのだ、とあらためて感じる。 多様性を尊重することは、その社会の懐の深さを意味する。価値観の広がりといっても良い。貴重なことだ。これを続けよう。 みんながみんな、急ぎ足で走ることは無い。ゆ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスベスト問題の本質を掘り下げよう

戦後、日本国内で1000万トンを超える石綿が消費された。防火カーテン、防火壁、パッキング、ガスケット、ブレーキ・ライニング、タイル、鋳鉄管等に使われた。いまなお、500万トンを超える石綿が残っているという。 1935年にすでにアメリカとイギリスで石綿肺がんの報告があり、1952年にカナダで石綿労働者から中皮腫が発見された。1972年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在日米軍再編の本質は米軍のアジア撤退である

10月29日に日米外務・防衛閣僚協議で在日米軍再編に関する「中間報告」が合意・発表された。米軍の世界的な配備再編の一環である。既に、在韓米軍の大幅な縮小が発表されている。 振りかえれば、ソ連の崩壊でアメリカには敵がいなくなった。それなのになぜ軍隊が極東に配備されているのか。北朝鮮などは相手にならない。米国の厳しい予算状況から、海外軍の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九州国立博物館の斬新な企画・運営に期待しよう

九州国立博物館が大宰府に開館した。三輪嘉六氏が館長を務める。館長の斬新性が話題を呼んでいる。期待しよう。 注文 (1)ホームページに館長の挨拶がない。(見つからない)館の方針が載せられていない。(祝辞を載せるなど、みっともない。)世界的に見て異例。館長または主任キュレータの基本的な運営方針をしっかり載せるべきだ。外国の博物館・美術館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現状肯定のための憲法改正は浅学菲才の徒の考えること

前原某が民主党の代表になった。これで、憲法改正の準備が整った。自民党の長年の野望が実現する。さあ、海外派兵だ。さあ、利権漁りだ。さあ、帝国主義の復活だ。 自衛隊は明かな憲法違反。小学生が憲法の条文を読んでも、すぐに分る。この矛盾を解消する方法として、浅学のヤカラは二つのことを考える。(1)自衛隊をなくす。(2)憲法の条文を変える。これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自爆テロは日本も60年前にやっていた

はるたけなわ、五月の土曜日です。 桜はすみましたが、つつじのきれいなところはありますか。 日本はいいですね、いろいろお花がたのしめて。 お花を見ていると、社会の喧騒を忘れます。 どうして、世の中はこんなに悪くなってきたのでしょうか。 21世紀はどんどん下り坂になってしまうのでしょうか。 アメリカの9.11にはじまり、現在の、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more