テーマ:為替

2010年は円高の一年だった。

2010年の為替レート(ドル/円、ユーロ/円)をグラフにしました。年初に比べ、年末には、ドルは81パーセントになりました、ユーロは88パーセントになりました。やはり、日本にとっては、円高の一年だったと言うべきでしょう。 ************* 円高はいつ始まったのか。なぜ始まったのか。あなたは答えられますか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円高はいつ始まったのか。なぜ始まったのか。あなたは答えられますか。

今年1月からの、ドル/円、ユーロ/円のレートの推移です。5月が転換期だったようですね。5月になにが起こったのですか、あなたは答えられますか。 ******************* 円高ドル安なのではない。ユーロ安なのだ。 http://44579446.at.webry.info/201008/articl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円高だ。外国資産を買いあされ。エンパイヤ・ステートビルを買う人はいないか。

円高メリットを最大限に活用しよう。 1.希少金属を算出する鉱山を買いあされ。 2.外国の土地を買いあさり、土地ころがしをせよ。 3.外国の株式市場で優良株を買いあされ。 4.外国人労働者を日本に連れてきて、ドル建てで給料を払え。 5.外国製品購入の契約を現在のレートで行え。 6.外国の会社を買い取れ。 7.絵画を買い占…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円高のメリットを広く宣伝しよう。だれが儲けているのか。(3)

製造業が円高でダメージを受けているという神話がある。ウソだ。 日本の製造業は材料のほとんどを輸入に頼っている。鉄板は製鉄会社から買うかもしれないが、その元となる、鉄鉱石は輸入品だ。アルミも然り。プラスチックの原料は輸入する石油だ。そう、日本の製造業は外国から原料を輸入し、国内で加工して、輸出しているのだ。右から左へブツを動かしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円高のメリットを広く宣伝しよう。だれが儲けているのか。(2)

円高が続いている。今度はだれが損をしているのか考えてみよう。 (1)日本へ来る観光客。  日本へ来る観光客のカネの落とし方が悪くなっている(はず)。観光客もそうだし、観光客相手の土産物屋やホテル・旅館が損をしている。 (2)日本へ投資している海外の投資会社。  最近は中国マネーが日本を買っているとのはなし。彼らは円高の今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円高ドル安なのではない。ユーロ安なのだ。

物事は全体に対する変化の割合を議論しなくてはいけない。昨今巷で言われている、「円高ドル安」との表現より、「円高ユーロ安」の方が適切な表現である。 それだけ、ヨーロッパは危機的な状況なのである。したがって、近未来の影響は、ヨーロッパに出る、と予想する。 ************** 円高のメリットを広く宣伝しよう。だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

円高のメリットを広く宣伝しよう。だれが儲けているのか。

昨今の円高で政府要人が「重大な関心をもって極めて注意深く見守る」といっているそうな。なぜ、円高の一面にしか言及しないのだろうか。 貿易は「いったり、きたり。」お互い様なはず。円高で儲けている人がいる。しっかりおさえよう。 輸入業者だ。輸入品販売業者だ。輸入品で業務をしている業者だ。 ガソリン。なぜ、ガソリンが安くならな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more