テーマ:税金

日本復興への提言(2)。復興の財源をどうするか。

東北関東大震災の復興には莫大のカネとヒトが必要であることは目に見えている。財源対策をしないと、やるべきことも出来ず、袋小路に入り込む。そこで、財源案を提案する。 消費税を増税して復興財源とすることを提案する。 これは日本全国民および、日本で消費活動をする外国人(在住者、旅行者等)に負担してもらおうとするものである。ただし、被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ「タイガーマスク」が勇躍するか。それは、歳末助け合い運動が信じられていないから。

歳末になると、歳末助け合い運動なるものが宣伝される。大災害のときにも、義捐金の募集が各地でなされる。 ひとは、こんな運動を信じているのだろうか。どこの誰がカネを貰っているのか。どこかのだれかが、途中で、ネコババしてはいないか。せっかくの寄付金の行方が分からなくては、寄付したくても二の足がふまれる。 それを解決したのが、タイガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海上保安庁の役人は腐敗している。6管本部長を懲戒免職にせよ。

海上保安庁第6管区海上保安本部の林敏博本部長がヘリコプター「あきづる」の墜落事故に関して、情報を隠蔽した。公務員としてあるまじき行為。即刻、懲戒免職にすべきだ。 何が問題か。彼が公務員とはどういう職業なのか分かっていないからだ。 1.公務員は税金で給与を貰っている。納税者(国民)に対してその業務の義務を負う。国民との契約関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢湾フェリーは存続させるべきか(2)。県と市は赤字の責任をしっかり取ること。

愛知県、田原市、三重県、鳥羽市が伊勢湾フェリー会社の株式を2割取得し、フェリーを存続させることを決めたようだ。現状からはフェリーが経営的に成り立つとはとても考えられない。二県、二市の責任者は、今回の決定の責任をしっかりとってもらおう。 1.県と市の責任者は、フェリーの経営環境をなんと分析しているのか。日本経済の状況も、地域経済の状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢湾フェリーは存続させるべきか。分不相応なものに使うカネはない。

伊勢湾フェリーのうち、鳥羽-伊良湖線が、経営不振で廃止しようとしている。地元行政機関は存続を希望していて、補助金を出そうとしている。この問題はどのように考えるべきか。 1.一番の問題は、日本(経済)にとって、この航路が期待されていないこと。なくてもよい航路なのだ。 平成20年度にこの航路を利用した人は、455,000 人とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

税金泥棒。日割り歳費法案さえ成立させれないこのていたらく。国会議員とはこんなもの。

月に6日働いただけで、一か月分の給料をもらう。これを税金泥棒と言わずに何という。ひどいものだ。 なにがひどいか。倫理を倫理と思っていない。正義を自分勝手に折り曲げている。他人のカネは自分のカネと思っている。自分が大将。納税者は奴隷。絞れるだけ絞って、自分の財布に入れる。これが国会議員の思想と行動。 自主返納の法案は成立できそ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国会議員数削減は本当にできるか。できたら褒めてつかわす。

菅首相が記者会見で「国会議員が自ら身を切ることが必要だ。衆院定数80、参院定数40を削減する方針に沿って8月中に民主党内の意見をまとめ、12月までに与野党で合意してもらいたい。と言ったそうな。 立派なことだ。80とか40とかの数字は少なすぎると思うが、これができたら褒めてつかわす。 しかし、自分で自分の身を切ることは難しい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコカー補助金打ち切りは当然。自動車を優遇しすぎる不合理。

エコカー補助金を9月で(または予算終了次第)で打ち切ると直嶋正行経済産業相が言ったという。当然の結論だ。 そもそも、なぜクルマ購入だけに補助金を出すのだ。それも5837億円もの予算をとって。これは桁違いの金額だ。このカネがみんなトヨタに流れた。税金でトヨタを助けた。 (トヨタ以外の会社にいくら流れたか。発表してもらいたい。最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮崎県が共産主義になった。口蹄疫の後遺症。

宮崎県が種牛を県で買い上げる,といっているそうだ。これじゃまるで,共産主義だ。国営(県営)農場でもはじめるのだろうか。コルホーズとかソホーズといった,大昔の教科書にのっていた単語を思いだした。 他県はなんというのか。外国はなんというのか。税金で一部産業を保護することが,自由主義社会の適正競争に適合するのか。WTOはこんな政策はもち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食料品の消費税をゼロにしろ

消費税増税論議がひとりあるきしている。こまったことだ。日本の税制についてまじめな議論がないままに,増税に突っ走っている。 菅総理大臣は,低所得者への「戻し税」(?),返金を口走っている。戻すぐらいなら,取らなければ良い。役人の雇用を守るために,やらなくても良い仕事を作っている。役人の数を減らすことが減税につながることがわかっていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガソリン税を増税しろ。エネルギー・交通基本政策を立案しろ。

トラック協会の圧力に屈してはいけない。トラック運賃が上がるからといって,めげてはいけない。長期的,大局的そして哲学をもって考えよう。 日本のエネルギー・交通政策をどうするか。ガソリンと道路に頼る交通政策から決別すべきだ。 鉄道による貨物輸送費に補助を出せ。高速道路を無料化するカネがあるなら,それを貨物輸送への補助費にせよ。来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速道路を無料化するカネがあるなら,それをローカル鉄道に投入せよ

今日から高速道路に一部が無料化される。社会実験などという,アホな名前がついているが,データ計測は信用が置けない。化学の実験ではないのだ。その差がわかっていない。 そもそも,高速道路の無料化の眼目は,コスト削減であったはず。役人の雇用を維持するのが目的ではない。 http://44579446.at.webry.info/2010…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高速道路を無料化するなら,職員のクビを切れ

6月28日から一部の高速道路が無料化される。冷静に考えてみよう。 http://www.mlit.go.jp/common/000117062.pdf コスト削減はどうなっているのか。 無料化にともない,料金収集のコストがなくなり,人員および設備コストの削減が期待されるはずだった。しかし,無料区間でさえ,通行権を発行し,そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低い消費税税率で得をしている人は誰か。

民主党政権が消費税10%を打ち出した。反対勢力は,なんでもかんでも,「とにかく消費税には反対だ」の連呼。すこし冷静になって消費税のメリットを考えてみよう。 最近国内の観光地は外国人ばかり。日本人より多いぐらい。だから,僻地の観光地でさえ,中国語とハングルがあふれている。そう,お金を落すのは外国人なのだ。商店のひとはみんな知っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more