テーマ:政治の質向上を

英国キャメロン新首相の第一声。中身をよく読もう。

英国で政権が交代した。ブラウンがあのていたらくだったのだから,当然の帰結だ。安部・福田と政権をほっぽり投げた政党が選挙で負けたのと同じこと。 さて,英国新政権はどの方向に向かうのだろうか。下記のサイトで声明が読める。 http://www.number10.gov.uk/news/speeches-and-transcrip…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党は解体すべし

前原某が代表を辞めた。それだけ。議員を辞めたわけではない。国会の証人喚問はどうなったのか。こんな取引を自民党としてもらっては困る。しっかり証人喚問をしてほしい。 民主党は情報を1、000万円で買ったのか。そうに違いない。偽メールが1,000万円。はづかしくて、ヒトマエに出られないはず。おめおめ国会議員にとどまっているのは、面汚しのほか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ガゼネタ騒動。民主党ははめられた。

ホリエモンから武部幹事長の次男へ金が渡った、かのようなメールを民主党が手にして、国会で騒いでいる。民主党もアホな事をしたものだ。罠にはまっている。 むかし爆弾男、楢崎ヤノスケなる者がいた。大昔は爆弾で人騒ぎを起こしていたが、晩年、ガゼネタをつかまされて、それを国会に持ち込み、恥をかいた。恥どころではない。政治生命を失った。当時、これは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社民党が社会党に戻った。やっと気がついた。九条と小選挙区。

街を歩いていると共産党のポスターで「憲法第9条を守ろう」と言うのがあった。眼を疑った。昔は、共産党だけが、常備軍を持つべきだと主張していた。(自民党はそこまではっきり言わなかった。)憲法第9条に反対していた。その共産党が保守勢力になっている。 社会党は村山某が首相になって自滅した。自衛隊を認める、例の村山首相談話を出したからだ。おかげ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防衛施設庁を解体しても何も解決しない

防衛庁長官が防衛施設庁を解体するといった。なに気が狂っているのだ。解体してもまた同じ物を作るだけだ。仕事のイメージをつかんでいない。なにをどうしようとしているのか、まったくわからない。自分だけ棚に上げておいて、何をしようとしているのだ。 そもそも、さんざん金を吸い上げている政治家が、官僚の儲けを批判するとは、噴飯物以外のなないものでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島社民党の生きる道はあるか

福島瑞穂が党首に再選された。人材がいないどころか、そもそも、党員の絶対数が少ないのだから、福島以外に党首にするひとはいないのだ。 社民党はどうしてこんなに落ちぶれたのか。「憲法第9条改悪反対」しか言ってこなかったから。そして、外部から人材をとり込むことをしなかったから。政策がなにもなかったから。北朝鮮の拉致問題に対処できなかったから。…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小泉独裁内閣を許したのはだれか。

第三次小泉改造内閣の組閣はあっけなかった。昔は、組閣本部が首相官邸に作られ、報道陣も官邸前庭にテントを張って呼び込まれる人を追ったものだ。 それが、今回の組閣はゼンゼン波乱がなかった。 いうまでもなく、小泉が独裁政治をやっているから。他人のつけ込むスキがないのだ。議論の土俵がない。みんなみんな、小泉に尻尾を振っている。あきれたものだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猪口邦子のとり込み方を他党も勉強せよ

猪口邦子が小泉純一郎に可愛がられている。 参考になる人材登用法だ。他党も参考にしなくてはいけない。 昔の社会党は官僚から良い人材を引きうけていた。だから、政策論議に強さが発揮できたのだ。今の、社民党はいうにおよばず、民主党に官僚や民間の人材がどれだけ引き込めるか。そもそも野党は、広く人材を求めようとする姿勢があるのか。悲しむしむべき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党憲法案は言語撞着。幼児の作文。

自民党の憲法草案が発表された。現行憲法は言葉として整合している。整合していないのは政治的な現実。そこで、自民党から妥協作が出てきた。すなわち、 第9条「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」 第9条の2「。。。自衛軍を保持する」 小学生が読んでも、矛盾している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郵政民営化で得をするのは誰か。

郵政民営化法が成立した。大騒ぎしたが中身の議論がおきざり。野党に責任がある。 小泉は郵政民営化になぜこだわったのか。多くの議員はなぜ賛成したのか。 社会はすべてカネ次第。カネの動きを追えば、本質が見えてくる。今回の法律で、(1)政府が3分の1を超える株式を保有する「持ち株会社」の下に、その100%子会社の「窓口会社」、「郵便事業会社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郵政民営化ー裏切り議員の名前をしっかり覚えておこう

裏切り者、背徳者、虚言で選挙民を騙した悪徳漢の名前をしっかり覚えておこう。 (1)堀内光雄(山梨2) (2)保坂武(山梨3) (3)野田聖子(岐阜1) (4)古屋圭司(岐阜5) (5)山口俊一(徳島2) (6)武田良太(福岡11) (7)今村雅弘(サガ) (8)保利耕輔(佐賀3) (9)江藤拓(宮崎2) (10)古川禎久(宮崎3) (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京が2016年のオリンピックに立候補した。政治的センスを認める。

石原慎太郎が2016年のオリンピック招致に立候補する準備をはじめると表明した。石原には時代を読むセンスがある。 一時、名古屋や大阪が立候補して破れ、そのまま忘れられた。それではいけない。毎回毎回立候補して、知名度をあげておかなくてはいけない。一回だけの立候補は泡沫候補と同じ。 そもそも前回立候補した大阪が、再度、名乗りをあげないのは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現状肯定のための憲法改正は浅学菲才の徒の考えること

前原某が民主党の代表になった。これで、憲法改正の準備が整った。自民党の長年の野望が実現する。さあ、海外派兵だ。さあ、利権漁りだ。さあ、帝国主義の復活だ。 自衛隊は明かな憲法違反。小学生が憲法の条文を読んでも、すぐに分る。この矛盾を解消する方法として、浅学のヤカラは二つのことを考える。(1)自衛隊をなくす。(2)憲法の条文を変える。これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

革新とはなにか。小泉が革新?真実はなにか。

民主党が総選挙で惨敗した。予想通り。小泉が「改革・改革」といって、改悪しているのを誰も止められない。反小泉はすべて保守、反動勢力になっているからだ。 日本では、「革新びいき」の伝統がある。「保守」は言葉だけで評判が悪い。「判官びいき」と同じように精神構造。なにがなんでも、変えればよいと思っている人間ばかり。政治の世界だけではない。会社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小選挙区、国会三分のニ、憲法改正 - 自民党の夢がかなう

1960年池田内閣下の総選挙で自民党は定数467の衆議院で296議席(63%)を獲得した。もう一歩で憲法改正を発議できる2/3にとどくところだった。それから45年。自民党の夢が正夢となった。さあ、憲法改正だ。(改悪といってよい。海外派兵の正当化ができる、といってもいい。) 1960年代、憲法改正反対が、「革新陣営」の中心課題だった。中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風襲来時の避難命令に強制力はあるのか

ニューオーリンズでは当局が避難命令を出した、という。日本でもよくある。しかし、命令を受けた側はどうすればよいのか。遠出するにも交通費が要る。宿泊はどうするのか。ホテル代は誰が払うのか。食費も普段より高くなる。命令を出す側はこれらについてなんと言っているのか。 アメリカでは、命令を出しても、車を持っていない人にバスを用意しなかったことを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙の争点は小泉信任・不信任以外にはない

総理大臣が信を問うて衆議院を解散したのだ。従って、争点は、小泉首相を信任するか、信任しないか、である。それ以外にはない。 小泉首相は郵政民営化のみをやっているのではない。北朝鮮にも2度も行った。靖国神社にも何度も行った。サウジアラビアの国王が死んでも葬儀に行かなかった。イラクに兵隊を派遣した。チェチェンの紛争も、アチェの紛争も、フィリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参議院の否決がすぐ廃案ではない。憲法五十九条を読んでください

第五十九条【法律案の議決、衆議院の優越】 1  法律案は、この憲法に特別の定のある場合を除いては、両議院で可決したとき法律となる。 2  衆議院で可決し、参議院でこれと異なつた議決をした法律案は、衆議院で出席議員の三分の二以上の多数で再び可決したときは、法律となる。 3  前項の規定は、法律の定めるところにより、衆議院が、両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more