GPSもって東名高速をドライブ。富士川SAから清水ICまで。

由比ガ浜の海岸沿いの高度をどのように表示するかと思ったのですが、想定のような表示になりませんでした。それよりも、予想以上のGPSの弱点が目に付きました。

1.高度表示は信用できない。
2.トンネルに弱い。トンネルを出た後と入る前の不連続がひどい。高度がでたらめになる。

高度の計算精度が悪いのはどうしてでしょうか。渋谷でキャリブレーションしたときも随分大きな誤差出がありました。連立方程式を解くときに、高度方向の誤差が大きくなっているのでしょうか。考える価値があります。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック