坂本龍馬がお龍に宛てた手紙。

坂本龍馬がお龍に宛てて出した手紙の拙訳です。お龍あての手紙の唯一の現存物と言われています。
慶應3年5月28日夕刻に書いたようです。


***************

其の後は定めて、御気使い察しいり候。
しかれば、先ごろうち、度々紀州の奉行、又船将などに引合いたし候ところ、
なにぶん、女の言い抜けのようなことにて、度々論じ候ところ
此の頃は、病気なりとて、会わぬ様なりており候えども、
後藤象二郎と両人にて紀州の奉行へ出かけ、
十分にやっつけ候より、段々義論がはじまり、
昨夜今井・中島・小田小太郎など参り、
やかましくやっつけ候て、
夜九つすぎに帰り申し候。

昨日の朝は、私が紀州の船将に出会い、
十分論じ、又、後藤象二郎が紀州の奉行に行き、やかましく言付しにより、
もうもう、紀州も今朝は、たまらんことになり候ものと相見へ、
薩州へ頼みに行て、
どうでもして、断りをしてくれよとのことのよし。

薩州よりは彼のイロハ丸の船代、又その荷物の代を払い候えば、
許して御つかはし成されたしと申し侯あいだ、
私より、それはそれでよろしけれども、
土佐の士、お靹の港に捨ておきて、長崎へ出候ことは、中々済み申さず。

このことは、紀州より主人土佐守へ御挨拶使わされたし等
申しており候。
此の事は、また内われて、
ひといくさ(一戦)致し候ても、後藤象二郎とともにやり、
つまりは、土佐の軍艦もってやり付け候あいだ、
決して、決して、御安心なされたく候。

先は早々かしく。

五月廿八日夕
                   龍
鞆殿


猶、先頃、土佐蒸気船夕顔と云う船が大坂より参り候て、
其のついでに、御隠居様(ようどうさま、土佐語隠居)より後藤象二郎こと早々
上京致し候ようとの事、
私も上京してくれよと、象二郎が申しおり候故、
此の紀州の船の論が片付き候えば、
私も上京つかまつり侯。
此の度の上京は、誠に楽しみにて候。
しかし、右様のこと故、下関へ寄ることが出来ぬか知れず候。

京には三十日もおり候時は、すぐ長崎へ象二郎もともに帰り候間、
其の時は、必ず必ず、下関に、ちょっとなりとも、帰り申し候。
御待ち成されたし。

おかしぎ咄しあり。お竹に御申し。
直次事は此の頃、黒沢直次郎と申しおり候。
今日、紀州船将高柳楠之助方へ私より手紙をやり候ところ、
取次ぎが申すには、高柳は昨日より留守なれば、夕方参るべし、とのことなりしより、
そこで、直次郎大いに腹を立てで言うよう、此の直次郎、昨夜九つ時、此所に参りしに、
そのとき、高柳先生はおいでなされ候。
それを、昨日より留守とは、この直次郎聞き捨てならずと申しければ、
とうとう、紀州の奉行が私まで手紙を寄越して、
直次郎にはことわり致し候よし。
おかしきことに候。かしこかしこ

このとき、小曽根清三郎が曽根拙蔵と名を変えて参り候。
定めて、九三の家に泊まり候わんなれども、まずまず、
知らぬ人となされ候。九三にも一家内にも、お竹にも、
知らぬ人としておくがよろしく候。
後藤象二郎が差し出して候。
かしこかしこ。

************************:

画像



************************
坂本龍馬の新婚旅行。姉に宛てた手紙(1)
http://44579446.at.webry.info/201011/article_23.html

坂本龍馬の新婚旅行。姉に宛てた手紙(2)
http://44579446.at.webry.info/201011/article_24.html

坂本龍馬の新婚旅行。姉に宛てた手紙(3)
http://44579446.at.webry.info/201011/article_27.html

坂本龍馬の新婚旅行。姉に宛てた手紙(4)
http://44579446.at.webry.info/201011/article_30.html

坂本龍馬の新婚旅行。姉に宛てた手紙(5)
http://44579446.at.webry.info/201011/article_34.html

坂本龍馬の新婚旅行。姉に宛てた手紙(6)
http://44579446.at.webry.info/201011/article_35.html

坂本龍馬の新婚旅行。姉に宛てた手紙(7)
http://44579446.at.webry.info/201011/article_38.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック