鹿児島紀行(3)日本人は旅行しなくなった

最近、国内の観光地を旅行して目に付くのは中国人と韓国人。今回の鹿児島旅行でも同じことが目に付いた。ほんとうに、日本人は観光旅行をしなくなった。

1960年代には「蟹族」という人種が北海道をうろつきまわっていた。国鉄の周遊券を片手に、ユースホステルを泊まり歩いていた。いま、周遊券は無い。ユースホステルも落日だ。

ただし、青春18切符で旅行する人は多い。青春18切符の有効な期間に普通電車に乗ると、老若男女たくさんの人が旅をしている。この季節だけ。

学生を観光地で見なくなった。学生が旅行をしなくなったのだ。おかげで国内の観光地は閑古鳥が鳴くところばかり。日本を見なくて世界が理解できるのだろうか。

国鉄の民営化でJRが利益中心主義になり、日本人の移動性を奪った。不活性になった。内向きになった。発展性がなくなった。

世の中を見ないで世界を制覇できるか。

「かわいい子には旅をさせろ」はどこに行ったのだろうか。

***************
鹿児島紀行(1)天文館はちょっと元気が無いかな。
http://44579446.at.webry.info/201010/article_4.html

鹿児島紀行(2)知覧武家屋敷群に日本の文化の広がりと深さを感じる
http://44579446.at.webry.info/201010/article_7.html

画像


画像


画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック