相撲協会の腐敗体質はこんなに深い。理事長辞職をやめさせたのは誰か。

日本相撲協会の武蔵川理事長が辞意を伝えていたのに、理事に説得されて辞意を撤回したという。事実なら、協会の腐敗体質の根はもっと、もっと深いことになる。

このことは、指導部だけの腐敗かと思っていたら、上層だけでなく、中層・下層にまで腐敗が進んでいることを示す。

協会の指導者ばかりでなく、相撲関係者のあらゆる層の人間が、相撲界に問題があると認識していないのだ。相撲はこのままでいいのだ、おとぼりがさめるまで、頭を下げていれば良いのだ、、、、こんな人間のあつまりが相撲業界なのだ。

例えば、現状の一門・部屋制度で良いと思っているのか。1年6場所ぷらす地方巡業の現状でよいと思っているのか。力士の労働環境はいまのままで良いと思っているのか。

当方は、力士は労働組合を作るべきだ、と主張している。力士は労働者として処遇せれていない。だから、親方にビール瓶でなぐられて、殺されるのだ。この前近代的な制度を全面的に改善しない限り、相撲界はきれいにならない。

相撲協会が根本的に変わらなければ、相撲は滅びるだけ。ますます、衰退の影が近づいてきた。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック