日本航空の経営のいい加減さは一目瞭然(その2)

日本航空の経営のいい加減さは一目瞭然という記事を2006年3月2日に書いた。
http://44579446.at.webry.info/200603/article_1.html

こんなことは素人でもわかる話だった。それが,まったく改善されていない。

問題は,不採算路線から撤収することではなく,自らのコストを下げることだ。給料しかり,経費しかり。

いちばん大切なことは,コストをしっかり把握し,それに見合った経営をすることだ。コスト高の機材はさっさと売却せよ。ジャンボ機を保持している時代ではない。ボーイング737と777に特化せよ。それ以外の機材は全部売却せよ。これらの機材にあわない路線は撤退せよ。ブラジルから飛行機を買って,それで間に合わせようとするような根性は,つぶれそうな会社のやることではない。

シンガポール航空を見習え。
http://44579446.at.webry.info/200506/article_20.html

骨の髄まで削ることをしない限り,日本航空はつぶれる。否,つぶすべきだ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック