大相撲の改革案(その2)

大相撲の改革案(その1)として,力士の労働組合を作れと提案した。
http://44579446.at.webry.info/201006/article_11.html

(その2)として,以下を提案する。

1.年6場所をやめ,年12場所とする。スポーツ選手が年間90日しかプレーしないのは,いかにも少なすぎる。地方巡業はあくまで,お遊び。公式試合の数を増やす。試合会場は,札幌,仙台,東京(3),新潟,名古屋,大阪(2),広島,高松,福岡とする。(東京は3回,大阪は2回)
2.現状の部屋制度を解体し,独立チーム制にする。サッカーJリーグのように,地方に立脚するスポーツ団体を設立し,その団体(チーム)に力士を所属させる。チームが力士に給料を払う。チームの数は12程度とする。
3.取り組みは,団体戦と個人戦の2本立てとする。チーム対抗で,柔道や剣道の団体戦と類似なものとする。個人戦は現状のようなものとする。

もっと,もっと,発想の転換が必要な気がするが,どんどん突飛な意見を出していこう。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック