ギリシャ語(49) ギリシャ語とラテン語(3)

時制

画像



時制(ラテン語tempus「時間」,英語tenseはフランス語tempsと同源)はやや複雑である。基本的には現在-不完了(または未完了)-未来と,完了-過去完了-未来完了の2系列のほかに,ギリシア語はアオリストとよばれる不限定過去をもっている。これらの時制を区別するために,英語のkeep_kept,ドイツ語のha1ten-hie1tのように,ひとっの語根をもとにっくられた異なる語幹が使われるわけだが,その語幹は上にあげたすべての時制に別々にあるのではなくて,重要なのは現在、完了,それにギリシア語では先にふれたアオリストの3つである。例えば,ギリシア語の現在形「(私は)投げる」(現在語幹の接尾辞),アオリスト形,完了形,ラテン語の現在形,完了形。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック