サッカー川淵三郎会長も辞めるべし

日本サッカーは今回のワールドカップで惨敗だった。すなおに惨敗と認めよう。
ジーコでなくて、他の監督を選んでいたら、もっと上に行ったかもしれない。しかし、いまさらこんな事を言っていてもはじまらなし。
しかし、責任者には責任を取ってもらわないと、しめしがつかない。
ジーコは契約通り辞めた。ジーコを選んだ川淵三郎日本サッカー協会会長も辞めるべし。
ジーコは「悔いることも恥じることもない」と言ったそうだ。それで結構。しかし、1次リーグ惨敗の責任は取ってもらわなくてはいけない。前回より成績が落ちたのだ。FIFAランキング以下の成績しか残せなかったのだ。
田嶋幸三技術委員長も同罪。おなじく辞めてもらおう。
話は飛ぶが、福井日銀総裁も辞めるべし。けじめをつけなくてはいけない。
要は、個人の良し悪しをいっているのではない。組織として、その組織が期待以下の成績しかのこせなかったなば、その組織の長は辞めてもらう。組織の責任。
内閣が仕事ができないなら、総理大臣には辞めてもらう。会社が赤字なら、社長はやめてもらう。
川淵よ。辞めないと、協会に無責任の悪習がついてしまう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック