ガゼネタ騒動。民主党ははめられた。

ホリエモンから武部幹事長の次男へ金が渡った、かのようなメールを民主党が手にして、国会で騒いでいる。民主党もアホな事をしたものだ。罠にはまっている。
むかし爆弾男、楢崎ヤノスケなる者がいた。大昔は爆弾で人騒ぎを起こしていたが、晩年、ガゼネタをつかまされて、それを国会に持ち込み、恥をかいた。恥どころではない。政治生命を失った。当時、これはガゼネタではなく、故意に仕組んだ罠にはまった、といわれていた。
今回もおなじ。ホリエモンのメールなど世の中に出るはずがない。検察の実力をなんと考えているのだろうか。民主党の幼児症にはあきれる。前回も書いているように、検察はメディアを通して世論操作をしているのだ。出てくる情報は、検察が意識的に、意図を持って、出しているのだ。
メールなどが国会の議論の証拠になるわけがない。プリントアウトしても、それは誰でもがつくれる紙切れ。ライブドアのコンピュータシステム全体を差し押さえても、こんなメールは証拠にはならない。虚構の世界なのだ。虚構からブツにするため、検察は努力しているのだ。
今回のガゼネタ・罠の裏幕はだれか。上記の記述でだいたい想像はつくだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック