自民党憲法案は言語撞着。幼児の作文。

自民党の憲法草案が発表された。現行憲法は言葉として整合している。整合していないのは政治的な現実。そこで、自民党から妥協作が出てきた。すなわち、
第9条「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」
第9条の2「。。。自衛軍を保持する」
小学生が読んでも、矛盾していることが分る。
”戦争を放棄する”、”武力の威嚇・行使を放棄する”と言っているのに、”自衛軍”を保持するとは堂いう事か。
(1)「軍隊があるから攻めてくるなよ」ということは、すなわち、威嚇。
(2)「軍隊の仕事は戦争ですよ」といっているのに、武力を放棄するはずがない。
(3)「戦争を放棄する」のなら、戦争をする手段を持たないことが論理的に整合すること。
どうしてこんな幼稚な憲法草案になったのか。小心者の集まりが文章を書いたから。哲学を持たないものが現実をなぞったから。将来を見とおせない近視眼者が下を向いて原稿を埋めたから。軍隊で金儲けができる人が傍にいるから。軍隊で世界(アジア)を脅して儲けを得たいから。
論理的に整合しない文章を世界に発表する勇気(愚)をたたえよう。この文章を英語で読む英語国の小学生が日本の小学生に質問したら、なんと答えたら良いのだろうか。これほどに、日本のおとなは腐敗しきっているのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック