「国連安保理常任理事国になぜならなくては行けないのか」について

国連安保理常任理事国になぜならなくては行けないのか」について
ニュースの研究所さま
長文のコメント有難うございます。とても勉強になりました。
(1)なぜ、常任理事国にならなければいけないのか、の説明がない。
(2)常任理事国になる、ならない、の議論の前に、国連の役割をどう考えるかということを示す必要があると思います。
(3)そして、さらにその前に、日本は何をしてきたか、何をしようとしているのか、そのために国際機関はどういうものが必要でそれに日本はどのように貢献していくつもりか。
という本質的な議論がないように見うけられます。日本の新聞論調もそうですし、外務省の説明もこのような分析的で、「どうする」という主体的な説明がまったくありません。
日本的な、常任理事国いりありきで、ただただ走っているだけです。パレスチナ問題に対し、日本はどういう仲介をしようとしているのか。インドネシアの反政府勢力をどう考えるのか。ロシア、中央アジアのイスラム勢力に対する日本の姿勢はどうなのか。北朝鮮の核開発をどのような手順で止めさせようとしていうrのか。具体的な考えて、自分の案を提案していかなくてはなりません。
評論家ではなく、行動することです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック