テーマ:航空

統計:2010年大型旅客機納入実績(1)ボーイング

2010年ボーイング社は462機の旅客機を納入しました。2009年の481機から19機減少しました。 ナロウ・ボディ機が減少しています。 ************: 2010年統計のアップデート版がこちらにあります。 統計:2010年大型旅客機納入実績(2)ボーイングとエアバス htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンタス航空QF32便エアバスA380事故についてのオーストラリア政府説明。中圧タービンに疑いあり。

オーストラリア政府航空安全局(Australian Transport Safety Bureau)によると、中圧タービン・ディスクが破損しているようです。 failure of the Intermediate Pressure (IP) turbine disc タービンそのものより、ディスクの破損は深刻です。材料欠陥か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JALの機材構成の変遷

ボーイング747はー400以外はいけません。JALもすべて売却しました。-400も売却すべきでしょう。777に代えるべきです。短距離機は737-800にすべきです。エンブラエルとかCRJなどには手を出すべきではありません。 JALはすべからく、スリムにならなければいけません。 ******************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポール航空(SIA)の機材の変遷

シンガポール航空の機材は、少種類に徹底していましたが、最近は、エアバスとボーイングの二股掛けのようです。 長距離機をA340から、B777に変更しようとしているのでしょうか。(B777が良い飛行機なのでしょうか。) こんなに種類をそろえると、日本航空の二の舞になりかねません。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽田空港を観光施設にしてはならない。

羽田空港の新ターミナルが開業し、観光客がバスで押しかけているそうだ。問題の本質をしっかり見極めよう。 1.空港は飛行機に乗り降りするところ。関係のない人がくると、邪魔。飛行機乗降の効率を低下させる。 2.空港ビル会社の収支決算が見難くなる。本業で稼いでいるのか、本業は赤字なのだが、副業で稼いでいるのか。航空運送ビジネスの現状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンタス航空QF32便エアバスA380事故についてのロールス・ロイス社の声明(その2)。

11月12日、ロールスロイス社は、11月4日におこったカンタス航空のA380/Trent900 の事故について、第2回目の発表をおこなった。詳細は、下記サイトにあるが、要点は、 1.今回の事故はTrent 900 固有の事故。 2.破損はタービン部にの部品に限定される。 原文は以下のとおり。 These investig…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカイマークのエアバスA380導入は吉と出るか、凶と出るか。

スカイマークがエアバスA380(3クラス 525席/モノクラス 853席)の導入を発表した。経営向上となるか、破産の原因となるか。 1.国際線用機材として使用するという。ヨーロッパ線、アメリカ線で運行頻度が高く、かつ、搭乗率がよければ、経営的に成り立つだろう。しかし、運行頻度と搭乗率を高く保てるだろうか。 2.現在、この円高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンタス航空QF32便エアバスA380事故についてのロールス・ロイス社の声明。

ロールス・ロイス社声明の仮訳。 カンタス航空QF32は、エンジントラブルに見舞われたが、シンガポール・チャンギ空港に無事帰還した。当社は、お客様と当局と緊密に協力している。当社は、このような状況下において、確立した手法によって、情報を収集しており、各種イベントを解析し、適切な処置を行う。 当然の事ながら、当社の最優先事項は安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Boeing 767 の納入実績

ボーイング767はとっくに生産中しかと思っていましたが、まだ生産しています。2011年2月には、1000機目の機体をANAに納入する予定です。 ANAはどういうつもりで、この機材を購入し続けているのでしょうか。疑問です。 767の納入実績をグラフにしました。 ************* MRJ の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音速で飛行する時の衝撃波形状。流体力学のお勉強。(その25)

写真は超音速で飛行する物体のまわりにできる衝撃波の形状の例。 1.とがった先端から斜め衝撃波が発生する。飛行物体の速度が十分速く、先端が十分とがっていれば、斜め衝撃波が先端に付着してでき、この衝撃波の下流は超音速が維持される。 2.物体の形状が円錐から円筒に変化するところで、膨張波が発生する。写真で明るくなっているところであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衝撃波とマッハ・コーンとは別物。流体力学のお勉強。(その24)

(その23)で、マッハ・コーンと衝撃波を混同するな、といった。補足しよう。 1.マッハ・コーンは物体の大きさに関係しない。マッハ数だけの関数としてコーンの頂角が与えられる。 2.それに対し、斜め衝撃波の角度は、物体の大きさに関係する。具体的には、例えば2次元のくさびを考えると、生成される斜め衝撃波(2次元)の頂角は、流れのマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘリコプタはなぜこんなに墜落するのか。なにかおかしくないか。

今日、屋久島でヘリコプタが墜落した。原因はまだ分かっていないから、この件についての深い議論はできないが、ヘリコプタの墜落事故が目立つ。 どうしてだろうか。どこかがおかしいのではないか。 ヘリコプタはエンジンが故障しても、オートローテーションで着陸することができる。これができれば死亡事故はおきない。 最近のヘリコプタの事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計:航空機の納入実績。ボーイング社とエアバス社(3)ナロウボディ機

2000年から2009年までの大型機(旅客機と貨物機)のうち、ナロウ・ボディ機の納入実績。 エアバス社は着実に売り上げを伸ばしているが、ボーイング社の追い上げも激しい。 ボーイング737New Generation が2009年に372機も納入されているのをご存知ですか。一日1機以上の納入ですよ。すごいですね。(2008年の73…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計:航空機の納入実績。ボーイング社とエアバス社(2)ワイドボディ機

2000年から2009年までのボーイング社とエアバス社の大型航空機(旅客機と貨物機)のうち、ワイドボディ機(通路が2列のもの)の納入実績。 2009年はボーイング社が、再度、逆転した。777が88機も売れた(2008年には61機)。 エアバスA380は、2009年に10機納入された。 ****************: …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計:航空機の納入実績。ボーイング社とエアバス社(1)全体

2000年から2009年までの大型航空機(旅客機と貨物機)の納入実績を示す。 2008年にボーイング社の納入が落ち込んだが、2009年にはだいぶ持ち直した。ボーイングの787ドリームライナーは救世主となるのだろうか。初号機の納入はまだまだ先だが。 ************* 統計:航空機の納入実績。ボーイング社とエアバス社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JALはどういう航空会社を目指すのか。ビジネス・モデルはなにか。

JALの再建策を政府が了承したとのこと。問題点をあげておこいう。 JALはどういう航空会社をめざすのか、はっきりしていない。 1.格安航空LCCをめざすのか。 同一路線でJALが従来のようなサービスをやっていたら、LCCには勝てない。赤字が膨らむだけ。機内サービスを徹底的に削減するのか。 2.幹線路線だけ運行して離島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FDAの本音は静岡撤収。当然の論理。でも、名古屋を本拠にして成り立つか。

FDA が、 1.1日3往復の静岡―福岡線は、2往復に減便。 2.1往復の静岡―札幌線は来年3月下旬まで冬季運休。 3.静岡―松本(長野県)線を新設。 4.10月31日からは日航から名古屋―福岡線は一日5往復とする。 と発表した。 小学生が見ても、FDAが静岡を撤収する魂胆が見えている。 そうだろう。静岡空港など利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海上送電線に標識が無いことは刑事罰に値するか。ヘリ事故におもう。

8月18日、瀬戸内海で海上保安庁のヘリコプタが海上送電線にひっかかり(多分)墜落した。責任問題はどのように考えるべきか。 1.標識を設置しない電力会社が悪い。(設置させない国が悪い。) 2.前方不注意で事故を起こしたのだから、操縦士が悪い。 3.送電線は見えにくかったのだから、双方とも悪いわけではない。(標識があっても、事故が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FDAが静岡空港を見限った(その3)。社長談話にみるFDAの本音。

朝日新聞8月25日朝刊にFDA鈴木与平社長とのインタビュー記事がのっていた。 社長曰く。 1.名古屋空港に第二本社をおく。社員100名以上を配置する。 2.愛知県は飛行機に乗りなれた人が多い。 3.名古屋空港は使い勝手が良い。 4.名古屋からの複数路線を考えている。 5.大都市には複数の空港があって当然。 小生の感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの無人爆撃機は天に唾するもの。自国に爆弾を落すに等しい。

科学技術というものは、いつも計画通りに行くものではない。これはすこし技術の現場を知っているものはよく知っている。だから、リダンダンシーの思想が考えられたのだ。 無人爆撃機にリダンダンシーがあるか。爆弾を不時投下して、飛行機を無人地域で落すことしかないだろう。そのとき、どこで爆弾を落すか。多分実際問題では自由度は無いだろう。発射基地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮戦闘機が燃料不足で墜落した。

北朝鮮の戦闘機が中国で墜落した。原因はなにか。 勝手に想像しました。 1.北朝鮮国内では燃料が不足しているから、中国に貰いに行った。 2.しかし、整備士と操縦士の連絡不足で、操縦士はタンク内燃料の量を見誤った。 3.その結果、飛行中に突然(操縦士の予想に反して)燃料がなくなり、行くはずの中国の基地まで行けず、途中で墜落とあい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニック・ブームとはなにか。流体力学のお勉強。(その16)

8月7日夕方、東海地方の広い範囲で「ドーンという爆発音」を聞いた人がたくさんいたとのこと。その時期、同じような場所で、大規模な流星群が観測されており、天文台の人が、音の原因は「ソニックブーム」ではないかといっているとのこと。同感である。 ソニック・ブームは超音速で大気中を飛行する物体が引き起こす圧力波である。物体が大気中を超音速で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次期主力戦闘機は中古品。地デジとの差にあっと驚く。

軍事技術は日進月歩だったはず、否、これは幻想だった。生産中止の古い飛行機(F-22)を買ってくる案か、問題点山積でろくに使い物になっていないもの(F35)を、一生懸命買おうとしている。買える物がないから、いま使っている古い飛行機にパッチをあててさらにつかう、というのが論理なようだ。 戦闘機とは、こんない古いものでも使い物になるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「格安航空」がなぜ成立するか。コスト意識が鍵。しっかり考えよう。

航空会社がつぶれていくなかで、「格安航空」なるもので生き延びているものがある。しっかり考えてみよう。 なぜ、安値で航空券を売って、経営が成り立つのか。利益=売価ーコスト だから、安い売値にするには、コストを下げなければならない。秘密などない、コスト低減に尽きるのだ。 コストを下げるにはどうするか。無駄なことは一切しないことだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次期主力戦闘機は国産すれば良い

次期主力戦闘機の選定が遅れているそうな。考えている機種がなかなか思うようにてにはいらないという。 買ってくるのがむずかしいのなら,自分で作ればよい。簡単なはなしだ。 どうせ戦争には使わないのだから。だって,「戦力はこれは保持しない」のだから。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「成田スカイアクセス」の開通と羽田ハブ構想

日暮里と成田空港を36分で結ぶ京成電鉄「成田スカイアクセス」が今日開業となった。これでも前原大臣は羽田をハブにする政策に固執するのか。 成田の最大のネックは滑走路。現代では4000メートル級の滑走路が3本なければ,国際的なハブ空港とはいえない。羽田には滑走路がある。したがって,羽田をハブ空港にする,との帰結になるのだろうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FDAが静岡空港を見限った(その2)。静岡も小牧も所詮は廃港になる。

7月9日に「FDAが静岡空港を見限った。小牧空港使用は両刃の剣。」 http://44579446.at.webry.info/201007/article_50.html と論じた。再論しよう。 1.FDAが小牧ー福岡便を開設するということは,尾張,三河,遠州の客が静岡空港には行かない,ということを意味する。静岡空港は,ます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more