テーマ:現代社会

刑事訴訟法 第475条 をしっかり読もう。死刑の執行責任。

死刑は法務大臣の責任の下,執行される。 法務大臣は,法律を遵守しなくてはならない。 刑事訴訟法 第475条 1 死刑の執行は、法務大臣の命令による。 2 前項の命令は、判決確定の日から6箇月以内にこれをしなければならない。但し、上訴権回復若しくは再審の請求、非常上告又は恩赦の出願若しくは申出がされその手続が終了するまでの期間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法務大臣に死刑可否の職務権限はない

千葉法務大臣が今日死刑執行を2件命令したという。様々な意見が飛び交っている。 誤解してはいけないことは,死刑は「司法」が決定したことで,「行政」は与えられた職務を遂行することだけである。 与えられた職務を遂行しなければ,職権乱用または職務怠慢である。行政を担当する法務大臣に死刑にするか,死刑にしないかを判断する権限は与えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地デジ化より光回線の普及が先だ。情報インフラ戦略をたてよ。

アナログテレビが見れなくなり,地デジと衛星ディジタルだけとなる,という。これはこれで問題だが,光回線の普及が思わしくないのは,もっと問題だ。 光回線は,政府が無料で全家庭に配備すべきだ。電灯線のようなものだ。これにより, 1.情報伝達が飛躍的に向上する。 2.老人ひとり家庭のフォローがしやすくなる。 3.地デジ問題を騒ぎにす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書の明日のすがた。電子書籍の使われ方。

シャープが電子書籍事業に力を入れるという。この企業にして,当然。カシオはどうなんだろう。電卓戦争を思い出す。 読書の明日の姿を考えてみよう。 電車に乗っている人は,文庫本なり,単行本なり,マンガを手にして読んでいるのだろうか。明日の姿は,多分,電子端末を持ち,PDFにした書籍を読む姿だろう。家庭や会社のパソコンから一時的に電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねじれ国会の長所・利点を追及しよう

参院選で民主党が敗北した。参議院は与党が過半数割れとなった。この状況の利点を追求しよう。 1.強行採決が無くなる。 2.与野党間の合意に基づく審議日程となる。 3.審議の幅が広がり,また,深まる。 4.各党が合意できる妥協案を見つける努力がなされる。 5.少数党の意見が反映できる。 楽観しすぎかな。でも,こうならなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮崎県が共産主義になった。口蹄疫の後遺症。

宮崎県が種牛を県で買い上げる,といっているそうだ。これじゃまるで,共産主義だ。国営(県営)農場でもはじめるのだろうか。コルホーズとかソホーズといった,大昔の教科書にのっていた単語を思いだした。 他県はなんというのか。外国はなんというのか。税金で一部産業を保護することが,自由主義社会の適正競争に適合するのか。WTOはこんな政策はもち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紙印刷物は,やはり,なくなるだろう。東京国際ブックフェアに寄せて。

7月8日から11日まで,東京ビッグサイトで第17回東京ブックフェアが開催される。電子書籍が話題で,紙の印刷物の将来が心配されている。 http://www.bookfair.jp/index.html 小生は,やはり,長期的に見た場合,紙の印刷物は消滅していく,と考えている。 ワープロからパソコンが隆盛してきて,最初は紙の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シー・シェパードのピーター・ベスーンに執行猶予判決

ニュー・ジーランドでは勝った勝ったと大騒ぎのようです。 http://www.nytimes.com/2010/07/08/world/asia/08whaling.html?_r=1&ref=world 一部翻訳してみましょう。 「シー・シェパードは,ベスーン船長のやり遂げたことを誇りに思い,クジラの命を救うために収監させら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲は半年興行を中止せよ-大相撲改革案(その4)

大相撲は半年興行を中止せよ-大相撲改革案(その3)において http://44579446.at.webry.info/201006/article_16.html 下記を提案した。 1.理事は総辞職。全員を外部委員とする。理事会は,下記会社の調整機関とする。 2.部屋の数を6部屋程度にし,各部屋を擬似会社とする。(プロ野球やJ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビの街頭インタビュー放映は,恣意的で独りよがりな編集根性が見え見え。

最近(?),ニュースや事件があると,テレビ局の人が街頭で通行人にインタビューして,それが放映される場面が当たり前になっているように見える。この場面はきわめて危険だ。しっかり気をつけよう。 1.そもそも,放映される人は一人か二人。何十人かインタビューしたあと,テレビ局の編集者が,自分の都合の良い場面を選定し,それを放映している。決し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国会はなんのためにあるのか。協議会でなく国会で議論しろ

菅首相は消費税増税(または税制)について超党派の協議会を設け,そこで議論しようと提案している。おかしな話だ。 政治家が議論したいのなら,国会で議論をすれば良い。なぜ,わざわざ,国会の外で議論しなくてはいけないのか。国会なら,正式な議事録も作られるし,運営費はすべて公費でまかなえる。 そもそも,国会を何だと考えているのか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

低い消費税税率で得をしている人は誰か。

民主党政権が消費税10%を打ち出した。反対勢力は,なんでもかんでも,「とにかく消費税には反対だ」の連呼。すこし冷静になって消費税のメリットを考えてみよう。 最近国内の観光地は外国人ばかり。日本人より多いぐらい。だから,僻地の観光地でさえ,中国語とハングルがあふれている。そう,お金を落すのは外国人なのだ。商店のひとはみんな知っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野球WBC 日本が韓国に快勝 脱帽です

私の予想に反して、日本が韓国に快勝した。小生の不明をお詫びします。日本は強かった。韓国のピッチャーはそれなりに良かったが、日本の打線がそれを上回った。イチローや松中の意気込みが他の選手と共有でき、日本チーム全体のパワーが炸裂した。 おめでとうニッポン。 さて、対キューバはどうなるか。 小生の不明を詫びる意味で、予想はしないことにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不合理野球のアメリカの無様な姿を見よ

World Baseball Classicのアメリカ人審判の非常識にはあきれ返る。だけど、こんな事で驚いていてはいけない。政治の世界では、アメリカの独走は昔から目に余っている。パナマへの侵攻、リビアへの空爆、イランへの介入、イラクへの進駐。どれをとってもアメリカの独善主義の表れ。野球なぞ、その一例にすぎない。 アメリカが合理的な国で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読売社説「日の丸旅客機」を斬る

読売新聞が10月17日に「日の丸旅客機 商業化へ開発を加速できないか」との社説を掲載した。日本の新聞の社説は、“解説”の域を脱するものは稀で、これも例外ではない。なぜか。記者も編集委員も論説委員も不勉強(調査不足)で、見識(哲学)を持たないから。 (1)大型機の民間機製造業は、すでに2強体制。ボーイングさえ、エアバスに蹴落とされよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなたは常に監視されているのです

ロンドン同時多発テロの実行犯の手がかりがつかめた様だ。しかし、しかしだ。あなたは、常にテレビカメラで監視されていることが、またまた明らかになった。都会のどこにもテレビカメラがある。カメラの裏には画像解析技術がある。コンピュータがパターン解析をして、過去のデータを分類し、同一人物を割りだし、その人物の撮影記録をピックアップして時系列に並べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本はなぜ中国に嫌われるか

最近、中国の反日感情が露出している。なぜか。小泉首相の靖国神社参拝だけが原因だろうか。(自民党の強硬路線も含む。)政治家だけが原因ともおもえないが。 産業界はなにをやっているのだろうか。中国に工場をもつ会社は多いはずだ。また、中国から商品を買い入れている会社も多いはずだ。日本には中国製品があふれている。旅行者の往来も多い。 これらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more