テーマ:人口

GDP世界第2位のつぎはインドだ。中国は衰退する。

2010年のGDPの世界第2位に中国がなりそうだとの報道があった。当然だろう、あれだけ人口がいるのだから。それでは、今後はどうなるか。盛者必衰。諸行無常。中国は少子化政策で人口が減っていく。その代わり、インドの人口がが世界一になってくる。インドの人々は頭がいい。すでに先端産業のいくつかにおいて、世界をリードしている。早晩、インドが世界第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸時代の人口に関する誤解。歴史人口学の成果(4)

江戸時代の人口は、飢饉・人口調整等で一定であった、というのが流布されている知識です。しかし、現代の歴史人口学からみると、このようなおおまかな見解は支持されていず、地方によって様々だった、というのが定説のようです。 以下のグラフがこのことを如実に示しています。 **************** 縄文・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの人口。過去と未来。

ロシアは人口が減少しています。日本と同じ傾向を示しています。 **************** 日本の人口。過去と未来。 http://44579446.at.webry.info/201012/article_29.html ギリシャ、スペイン、イタリアの人口 http://44579446.at.we…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界主要国の人口。過去と未来。

日本、韓国、英国、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、ロシアの人口の予測です。 ********************* 日本の人口。過去と未来。 http://44579446.at.webry.info/201012/article_29.html ギリシャ、スペイン、イタリアの人口 http:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギリシャ、スペイン、イタリアの人口

ギリシャ、イタリアはともに人口は横ばいです。スペインは増加傾向です。 ***************** 日本の人口。過去と未来。 http://44579446.at.webry.info/201012/article_29.html 世界主要国の人口。過去と未来。 http://44579446.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の人口。過去と未来。

日本の人口の統計値と将来予測です。 ******************** 日本の人口。過去と未来。 http://44579446.at.webry.info/201012/article_29.html ギリシャ、スペイン、イタリアの人口 http://44579446.at.webry.info/201…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

縄文・弥生時代の人口。歴史人口学の成果(3)

鬼頭宏「人口から読む日本の歴史」講談社学術文庫、2000年からの引用です。縄文早期(-8100)、縄文前期(-5200)、縄文中期(-4300)、縄文後期(-3300)、縄文晩期(-2900)、そして弥生時代(-1800)の日本の人口の推計です。縄文晩期に人口が減っています。 *****************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良・平安時代の人口。歴史人口学の成果(2)

鬼頭宏「人口から読む日本の歴史」講談社学術文庫、2000年からの引用です。この時代の日本も、あまり人口増加は見られません。 ******************* 江戸時代の人口。歴史人口学の成果(1) http://44579446.at.webry.info/201012/article_22.htm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more