テーマ:数学

書評。再掲。牟田淳「アートのための数学」。芸術学部の知的レベルの低さに ...

2011年5月25日、nomonomonomoの書評。牟田淳「アートのための数学」。芸術学部の知的レベルの低さにあきれる。幼稚園児向けの本。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_90.html ********** 言葉狩りにあった。 この世界には言論の自由はないのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。杉原厚吉「エッシャー・マジック」。空間を幾何学で解析。でも、芸術は爆発、じゃなかったかな。

杉原厚吉「エッシャー・マジック だまし絵の世界を数理で読み解く」東京大学出版会、2011年。エッシャーの絵の数学者による解析。それなりにたのしいが、心を打つ芸術をこのように扱うと、ちょっとしらける。芸術は数学ではない、と叫びたくなる。 エッシャーが心を打つのはなぜか。意表を突く数学的なパラドックスだけではないはずだ。そこには既成概…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。「伊藤清の数学」。われわれが思っていた以上に、伊藤清先生は偉かったらしい。

高橋陽一郎(編)「伊藤清の数学」日本評論社、2011年。弟子達が評価できないほど伊藤清は偉かった。この本を見てもそれは分かる。なぜなら、本書に寄稿している関係者のうち、伊藤清の学問業績をきちんと説明できているのは外国人だけなのだから。 西尾眞喜子はおざなり。池田信行は老人の繰言。杉田洋は学生風の感傷メモ。高橋陽一郎の人を見る目のな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。「プログラミングのための線形代数」。予備校の数学。地上界へ下りた数学。期末テストのための数学。

平岡和幸、堀玄「プログラミングのための線形代数」オーム社、2004年。最近の予備校の先生はこんな感じの講義をしているのだろうか。質問に丁寧に答える。分からないことがあっても心配させない。どこを復習すればよいか親切に教える。至れり尽くせりの本。それだから、350ページの大部になる。装丁もコンピュータの本そのもの。 非難しているわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評:大沢健夫「寄り道の多い数学」。マクラが長くオチのない落語みたいな本。でもたのしい。

大沢健夫「寄り道の多い数学」岩波科学ライブラリー172、2010年、岩波書店を読む。とにかくマクラがながく、本題が薄く、いつのまにかにどこかに飛んでいる。そう、寄り道のおおいエッセーなのです。でも、どこか楽しい。隅に置けない数学者です。文章も的確。専門以外のことも良く知っている。表現が正確。面白い本です。 私的には、うるう年の作り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「電話帳」の翻訳書が出た。画期的だ。何部売れるのだろうか。

いわゆる「電話帳」すなわち、Misner-Thorne-Wheeler, Gravitation。その翻訳が丸善から出た。15,750円。どれだけ売れるのだろうか。売れる部数で日本の知的レベルが分かる。 そもそも、翻訳が出ることが、知的レベルの高さを示しているのだろうか。 中国語訳は出ているだろうか。アラビア語訳は出ているだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。高瀬正仁「高木貞治」。詳細な調査がなされているが、数学の知見はない。

高瀬正仁「高木貞治‐近代日本数学の父」岩波新書、2010年を読む。こまかなところまで調査が行き届いているが、なにか物足りないところを感じる。そう、数学がこの本には書かれていないのだ。戸籍調査は出来ていても、数学史にはなっていない。類体論が難しすぎるからだろうか。 たしかに数学史を書くことは難しい。対象とする数学そのものをある程度説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。「シュッツ相対論入門第2版」。加筆部分はまったく幾何学的でない。非加筆部分は良作。

「シュッツ相対論入門第2版」丸善、2010年を読む。大冊520ページ。重力波や宇宙論の部分を加筆改訂したという。しかし、これらの部分は、式も図も少なく、文章がだらだら書き連ねているだけで、説得力に欠ける。入門者にとっては、前半部が有用だから、新版を買う必要性はまったくない。改訂した意義を疑う。 確かに文献表などを見ると新しい文献が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。井ノ口順一「リカッチのひ・み・つ」。たのしい読み物。バイキング料理の味がする。

井ノ口順一「リカッチのひ・み・つ-解ける微分方程式の理由を探る」日本評論社、2010年を読む。楽しい読み物である。「高等学校で微分積分学を学んだ読者のため」も本というが、チト、それでは手ごわい。なにしろ、群論、射影幾何、行列の指数函数、ベクトル場、解析力学等々現代の数学のあらゆる分野の手法が出てくるのだ。広い知識をもった人には、あっちこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静水力学で証明する第二余弦定理。技術者の見方。

三平方の定理が静水力学で証明できたので、つぎは、第二余弦定理を同じ方法で証明しましょう。 1.一般の三角形プリズムを水中に沈めましょう。 2.一つの頂点P を考えます。この点回りのモーメントを計算し、それがゼロになることが第二余弦定理と同等であることを示します。 3.頂点P から対辺へ垂線を下ろします。その足を境として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静水力学で証明する三平方の定理。技術者の見方。

三平方の定理(ピタゴラスの定理)を静水力学ではこんな風に証明します。われわれはユークリッド空間に住んでいるのでしょうか。 1.厚さh の直角プリズムを、図のように、水平に流体に沈めます。(水槽に沈めても良し、空中にあると考えても良し。) 2.直角でない点(辺)回りの、流体による回転モーメントを考える。モーメントは、圧力と面積…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウォイト「ストリング理論は科学か」を読む。実験で支えらない物理理論はあるか。

ピーター・ウォイト「ストリング理論は科学か-現代物理学と数学」青土社、2007年を読む。ストリング理論懐疑派が提示する「物理学とは何だろうか」である。 ウォイトはいう。 「スーパーストリング理論が予測をまったく出さない根本的な理由は、それが実際には理論ではなく、理論が存在すると期待するための集合だと言うことである。」(p.230…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小島寛之「数学で考える」を読む。本書は数学の本。それも数学基礎論の本です。

小島寛之「数学で考える」 青土社、2007年を読む。本書は経済学の本というより、数学の本といって良い。面白いのは、初出が「SFマガジン」や「文學界」なのに、本の内容が、純粋に数学の本となっていることだ。それも数学基礎論。 年金問題が「ヒルベルトのホテル」を表している、ということは容易に想像できた。「無限の魔力」を使って、ところてん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楓の葉。カオスとフラクタル(3)

楓の葉です。フラクタルに見えるでしょうか。 ******************* Henon のアトラクタ。カオスとフラクタル(2) http://44579446.at.webry.info/201012/article_48.html 羊歯の葉。カオスとフラクタル(1) http://4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羊歯の葉。カオスとフラクタル(1)

シェルピンスキーのギャスケットのひとつ。 ********************** Lorenz 方程式(4) 初期値敏感性。-非線形振動(13) http://44579446.at.webry.info/201012/article_3.html Lorenz 方程式(3)。非線形振動(6)…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

小島寛之「確率的発想法」を読む。本書は数学の本ではありません。経済学の本です。

小島寛之「確率的発想法-数学を日常に活かす」NHKブックス、2004年を読む。まったくの予想外のことだったので、意表を突かれた。 1.本書は数学の本だと思っていた。それが、経済学の本だった。それも、著者は「人間の欲望を解明する手段としての学問」として経済学を位置付けているようだ。この位置づけじたいには反対しないのだが、人間の欲望を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more