テーマ:正義

他国に兵を忍び込ませ、人を殺し、その死体を海に捨てる。これを○○という。

夜陰に紛れて兵士を他国に侵入させ、家屋を襲い、丸腰の人を問答無用に殺害し、その死体を持ち出して、海に捨てる、これを○○と言わずしてなんと言おう。もちろん裁判なし。弁護なし。法律無視。自分で自分を正義の人という。神は何を見ているか。 すべての○○は正義の名の下で行われる。オバマの演説に正義justiceという言葉がなんど使われたか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国はなにを恐れているのか。臆病で小心な中国政府。

ノーベル平和賞に劉暁波Liu Xiaobo 氏が受賞したのに対し、中国政府が駄々をこねている。みっともなくも、大人気ない。このこどもは何を嫌がっているのだろうか。 ひとが反発するものをみれば、その人の性向がわかる。政府も同じ。特に、直情的で simple-minded な人間ほどその本心が顕著にみえる。 尖閣諸島で中国漁船が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察の犯罪。志布志事件を覚えていますか。これも検察のでっち上げです。

いわゆる志布志事件(2003年の県議会議員選挙での贈収賄のでっち上げ)を覚えていますか。これも検察のでっち上げです。裁判所もそのように認定しました。あまりのでっち上げのずさんさ加減から、検察は控訴さえしませんでした。 2007年2月23日の判決文の最後の部分を掲載します。 第6 結論 以上のとおりであって,被告人らの自白はいず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察の犯罪。足利事件の真犯人を見つけていない検察の責任はどうするのか。

いわゆる足利事件は、今年3月26日宇都宮地方裁判所で、被告の無罪判決が出た。菅家利和氏が犯人でないことが明らかとなった。 それでは、犯人は誰なのか。真犯人を捕まえる努力を途中で放棄した警察・検察の責任はどうなっているのか。これは検察の犯罪と呼ばなくてなんというべきなのか。 大阪地検特捜部の3人だけが問題ではない。 判決文の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9月8日朝日新聞「大阪地検が取り調べメモ廃棄 最高検通知に違反」。

この時点で最高検が動かなかったことこそ問題です。 マスコミも同罪。 大阪地検を「信じていた」などとナイーブなことをいっていてはいけません。 *********** 「大阪地検が取り調べメモ廃棄 最高検通知に違反」 http://www.asahi.com/national/update/0907/OSK201009…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

刑事訴訟法 第475条 をしっかり読もう。死刑の執行責任。

死刑は法務大臣の責任の下,執行される。 法務大臣は,法律を遵守しなくてはならない。 刑事訴訟法 第475条 1 死刑の執行は、法務大臣の命令による。 2 前項の命令は、判決確定の日から6箇月以内にこれをしなければならない。但し、上訴権回復若しくは再審の請求、非常上告又は恩赦の出願若しくは申出がされその手続が終了するまでの期間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

法務大臣に死刑可否の職務権限はない

千葉法務大臣が今日死刑執行を2件命令したという。様々な意見が飛び交っている。 誤解してはいけないことは,死刑は「司法」が決定したことで,「行政」は与えられた職務を遂行することだけである。 与えられた職務を遂行しなければ,職権乱用または職務怠慢である。行政を担当する法務大臣に死刑にするか,死刑にしないかを判断する権限は与えられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シー・シェパードのピーター・ベスーンに執行猶予判決

ニュー・ジーランドでは勝った勝ったと大騒ぎのようです。 http://www.nytimes.com/2010/07/08/world/asia/08whaling.html?_r=1&ref=world 一部翻訳してみましょう。 「シー・シェパードは,ベスーン船長のやり遂げたことを誇りに思い,クジラの命を救うために収監させら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不合理野球のアメリカの無様な姿を見よ

World Baseball Classicのアメリカ人審判の非常識にはあきれ返る。だけど、こんな事で驚いていてはいけない。政治の世界では、アメリカの独走は昔から目に余っている。パナマへの侵攻、リビアへの空爆、イランへの介入、イラクへの進駐。どれをとってもアメリカの独善主義の表れ。野球なぞ、その一例にすぎない。 アメリカが合理的な国で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞は新聞を回収し、新聞代を払い戻せ

朝日新聞が長野県知事取材メモを偽造して担当記者を懲戒免職にした。しかし、読者に対する責任はまだ取っていない。自動車やテレビ等の工業製品も、菓子等の食品も、問題があったら生産者が回収し、良品と交換するのが商道徳だ。それが「リコール」の概念だ。 情報を売る新聞も例外ではない。ウソの情報を売った新聞社はその代償を消費者に返還しなくてはいけな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more