テーマ:飛行機

ボーイング 787 ドリームライナーがやってくる。

お待ちどうさまー。ボーイング787が日本にやってきます。多分、7月5日ぐらい。機体は、当然、ANAに引き渡される ZA002。 羽田、関空、伊丹、岡山、広島に来るそうです。名古屋には来ないのでしょうか。名古屋で主翼や胴体を作っているのに。 はやくこないかなー。 ************* Dreamlif…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンディGPSで地球の丸さを実感しよう

GPSの出力は、経度・緯度・高度の組で表示されます。これを、直交座標系に変換すると、地球の丸さが実感できます。 朝鮮半島を東に飛んでいる飛行機のGPS出力を処理してみました。 (1)航路の地図上の表示 (2)航路を直交座標系で表示。(タテとヨコの長さがそのまま比較できる。) (3)航路をENU(East-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の空港(14)。ベルギー・ブルッセル空港。

ブリュッセルの玄関口。意外と大きな空港です。スキポール空港みたいに、長距離歩かされます。ベルギー人は歩くのが苦にならないようです。 ************** 世界の空港(13)。モスクワ。シェレメチョヴォ空港。 http://44579446.at.webry.info/201103…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天井が飛んだ旅客機。原因は特定できたようですが、古い飛行機には乗りたくないですね。

southwest Airlines の天井が吹き飛んだBoeing 737-300 の飛行実績は次のようです。      フライト・サイクル: 39,781 サイクル      フライト・時間:   48,740 全飛行時間 良く使っていますね。 引用はFAAのサイトからです。Airworthiness Directi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Boeing 777 とはどんな飛行機だろうか。世界で何機売れているのだろうか。今度乗ります。

海外旅行に行くときにいまでは、だいたい、ボーイング777に乗ることになります。良く見ると、777とはいっても、そのあとに、-200 とか -300 とか、金魚の何か見たいのがついています。これらの意味するとことは何でしょうか。調べてみました。 (1)航続距離 ERは Extended Range、LRは Long Range の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Boeing 787 Dreamliner とはどんな飛行機だろうか。開発に苦労しているみたいだね。

ボーイング社は現地1月17日付けで、Dreamliner 初号機の納入が、今年第4四半期になると発表した。 http://boeing.mediaroom.com/index.php?s=43&item=1584 当初計画から大分遅れている。随分苦労している様子だね。ところで、787とはどんな飛行機だろうか。グラフを2枚ほど書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国がステルス戦闘機?ご冗談でしょう。目立ちたがり屋の中国が。

中国がステルス戦闘機を開発中だと話題になっている。初飛行したとか。本当にステルスなのだろうか。 1.中国人は目立ちたがり屋だ。尖閣諸島で海上保安庁の船にわざとぶつけてきたのも、ニュースになりたかったからだ。中国人はかくれて物事をする国民ではない。自分は世界の中心にいて、くよくよ隠れるのは中華の周辺にいる弱小国家の人民だと考えている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衝撃波Shock wave の形状は飛行速度により変化します。流体力学のお勉強。(その27)

高速飛行する物体の周囲にできる衝撃波shock wave は、物体の飛行速度によって変化します。代表的な衝撃波の形状を次に示します。これは、翼のような2次元形状でも、ロケットのような軸対称形状についても適用されます。 (4) 飛行マッハ数 M > 1 のとき 音速をすこし超えて飛行するばあいの衝撃波の形状は添付のようなもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンタス航空QF32便エアバスA380事故についてのオーストラリア政府説明。中圧タービンに疑いあり。

オーストラリア政府航空安全局(Australian Transport Safety Bureau)によると、中圧タービン・ディスクが破損しているようです。 failure of the Intermediate Pressure (IP) turbine disc タービンそのものより、ディスクの破損は深刻です。材料欠陥か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンタス航空QF32便エアバスA380事故についてのロールス・ロイス社の声明(その2)。

11月12日、ロールスロイス社は、11月4日におこったカンタス航空のA380/Trent900 の事故について、第2回目の発表をおこなった。詳細は、下記サイトにあるが、要点は、 1.今回の事故はTrent 900 固有の事故。 2.破損はタービン部にの部品に限定される。 原文は以下のとおり。 These investig…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンタス航空QF32便エアバスA380事故についてのロールス・ロイス社の声明。

ロールス・ロイス社声明の仮訳。 カンタス航空QF32は、エンジントラブルに見舞われたが、シンガポール・チャンギ空港に無事帰還した。当社は、お客様と当局と緊密に協力している。当社は、このような状況下において、確立した手法によって、情報を収集しており、各種イベントを解析し、適切な処置を行う。 当然の事ながら、当社の最優先事項は安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Boeing 767 の納入実績

ボーイング767はとっくに生産中しかと思っていましたが、まだ生産しています。2011年2月には、1000機目の機体をANAに納入する予定です。 ANAはどういうつもりで、この機材を購入し続けているのでしょうか。疑問です。 767の納入実績をグラフにしました。 ************* MRJ の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MRJ の位置づけ。航続距離、離陸滑走距離、着陸距離。

Mitsubishi Regianal Jet と競合相手のCRJ-170 とEmbraer170/175 を比較しました。 (1)航続距離  MRJ は重い割りに、航続距離が短いようです。  MRJ は巡航マッハ数が 0.78 とおそいのに航続距離が出ないのはなぜでしょうか。 (2)離陸滑走距離  MRJ は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘリコプタはなぜこんなに墜落するのか。なにかおかしくないか。

今日、屋久島でヘリコプタが墜落した。原因はまだ分かっていないから、この件についての深い議論はできないが、ヘリコプタの墜落事故が目立つ。 どうしてだろうか。どこかがおかしいのではないか。 ヘリコプタはエンジンが故障しても、オートローテーションで着陸することができる。これができれば死亡事故はおきない。 最近のヘリコプタの事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計:航空機の納入実績。ボーイング社とエアバス社(3)ナロウボディ機

2000年から2009年までの大型機(旅客機と貨物機)のうち、ナロウ・ボディ機の納入実績。 エアバス社は着実に売り上げを伸ばしているが、ボーイング社の追い上げも激しい。 ボーイング737New Generation が2009年に372機も納入されているのをご存知ですか。一日1機以上の納入ですよ。すごいですね。(2008年の73…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計:航空機の納入実績。ボーイング社とエアバス社(2)ワイドボディ機

2000年から2009年までのボーイング社とエアバス社の大型航空機(旅客機と貨物機)のうち、ワイドボディ機(通路が2列のもの)の納入実績。 2009年はボーイング社が、再度、逆転した。777が88機も売れた(2008年には61機)。 エアバスA380は、2009年に10機納入された。 ****************: …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計:航空機の納入実績。ボーイング社とエアバス社(1)全体

2000年から2009年までの大型航空機(旅客機と貨物機)の納入実績を示す。 2008年にボーイング社の納入が落ち込んだが、2009年にはだいぶ持ち直した。ボーイングの787ドリームライナーは救世主となるのだろうか。初号機の納入はまだまだ先だが。 ************* 統計:航空機の納入実績。ボーイング社とエアバス社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海上送電線に標識が無いことは刑事罰に値するか。ヘリ事故におもう。

8月18日、瀬戸内海で海上保安庁のヘリコプタが海上送電線にひっかかり(多分)墜落した。責任問題はどのように考えるべきか。 1.標識を設置しない電力会社が悪い。(設置させない国が悪い。) 2.前方不注意で事故を起こしたのだから、操縦士が悪い。 3.送電線は見えにくかったのだから、双方とも悪いわけではない。(標識があっても、事故が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの無人爆撃機は天に唾するもの。自国に爆弾を落すに等しい。

科学技術というものは、いつも計画通りに行くものではない。これはすこし技術の現場を知っているものはよく知っている。だから、リダンダンシーの思想が考えられたのだ。 無人爆撃機にリダンダンシーがあるか。爆弾を不時投下して、飛行機を無人地域で落すことしかないだろう。そのとき、どこで爆弾を落すか。多分実際問題では自由度は無いだろう。発射基地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮戦闘機が燃料不足で墜落した。

北朝鮮の戦闘機が中国で墜落した。原因はなにか。 勝手に想像しました。 1.北朝鮮国内では燃料が不足しているから、中国に貰いに行った。 2.しかし、整備士と操縦士の連絡不足で、操縦士はタンク内燃料の量を見誤った。 3.その結果、飛行中に突然(操縦士の予想に反して)燃料がなくなり、行くはずの中国の基地まで行けず、途中で墜落とあい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソニック・ブームとはなにか。流体力学のお勉強。(その16)

8月7日夕方、東海地方の広い範囲で「ドーンという爆発音」を聞いた人がたくさんいたとのこと。その時期、同じような場所で、大規模な流星群が観測されており、天文台の人が、音の原因は「ソニックブーム」ではないかといっているとのこと。同感である。 ソニック・ブームは超音速で大気中を飛行する物体が引き起こす圧力波である。物体が大気中を超音速で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more