テーマ:海上保安庁

巡視船当て逃げの罪と、ビデオ漏洩の罪はどっちが重いか。尖閣諸島事件を考える。

巡視船に意図的に衝突し、逃げようとした中国人がいた。負傷者が出てもおかしくない重大な犯罪行為だ。犯人は極悪人だ。しかし、検察庁は、処分保留で釈放した。 海上保安庁のビデオを職場から外に持ち出し、ユーチューブに投稿した公務員がいた。公務員の守秘義務違反で操作の対象となっている。どっちの方が罪が重いか。 1.器物損壊ではない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀座でパトカーにわざとクルマをぶつけても処分保留で釈放されます。

日本の領海内でわざと日本の警備機関(海上保安庁)の船舶に自船を衝突させても、処分保留で、釈放になりました。 当然、銀座(日本の領土内)で、警備機関(警察)のクルマに、わざと自分のクルマを衝突させても、処分保留で、釈放です。 これが、法の下の平等ということです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海上保安庁の役人は腐敗している。6管本部長を懲戒免職にせよ。

海上保安庁第6管区海上保安本部の林敏博本部長がヘリコプター「あきづる」の墜落事故に関して、情報を隠蔽した。公務員としてあるまじき行為。即刻、懲戒免職にすべきだ。 何が問題か。彼が公務員とはどういう職業なのか分かっていないからだ。 1.公務員は税金で給与を貰っている。納税者(国民)に対してその業務の義務を負う。国民との契約関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more