テーマ:福島県

原発村の末路。高木仁三郎が書いていたこと(2)。

福島第一原発はどうなるか。高木仁三郎が「プルトニウムの恐怖」岩波新書1981年で予想していた。ページ194を読んでみよう。 「旅人は海岸に出た。そこにも壁で囲われた一画があった。しかし、町なかとうって変わって、そこには草が生い茂り、広大な敷地にはさびれた感じがともなっている。敷地の手前にコンクリートの大きなドーム風の建物が見える。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more