テーマ:環境問題

日本中に貯水池を作ろう。温暖化対策とエネルギー対策として。

ダムをもっと作ろう。水を世界に売ろう。 http://44579446.at.webry.info/201007/article_118.html と提案した。関連して,今度は日本中に貯水池を作るべきだ,と提案したい。 第一の眼目は温暖化対策である。貯水池をつくり,その水の蒸発熱で気温を下げようとするのである。 第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダムをもっと作ろう。水を世界に売ろう。

雨水は大切な資源。これを無駄に海に流す手はない。しっかり貯蔵して積極的に利用すべきだ。 1.ヒートアイランド現象に対する打ち水の原資とする。 2.熱源に対する冷却源として利用し,空調機や各種エンジンの冷却にしようする。 3.発電に利用する。 4.旱魃地域へ水を売る。専用タンカーを建造して世界に売り込もう。被災地への無料供給に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道路ではなく,建物に打ち水を。猛暑への対処法。

どうせ焼け石に水。でも,考え方はこうだ。 コンクリートの建物がヒートアイランド現象の主犯人だ。 昼間の熱を吸収するのは,道路より建物の方がおおい。熱容量の問題。道路は平面的で熱放射はその面積に比例するが,建物は3次元的で,立方体の建物なら,五つの面から熱を放射する。だから建物を冷やさないとヒートアイランド現象対策にならない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乗用車運転の常識。死なないために。国交省の責任。

鉄道ガード下にたまった水の中に突っ込み,車が立ち往生して死んだ人がでた。痛ましいことだ。現場の管理者の責任が議論されているが,忘れてならないのは,国土交通省の責任だ。 自動車運転試験場のことを言っている。 自動車運転免許を取るとき,大雨のときの運転心得を教えているか。雨でスリップするとか,ハイドロプレーニング現象については教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラックを駐車するときは必ず錨を下ろすか岸壁に係留すること。蟹市に新条例。

大雨でトラックが流されないように,駐車するときにはかならず錨を下ろすか,そばの建物にしっかり紐を結んでおきましょう,という条例を岐阜県可児市が検討している。。。てなことはないかな。 でも,流されたトラックを持っている会社の人が,あっけらかんと,「流されました」といっていたのには,こっちが,あっけらかんとなった。だって,しっかり動か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコカーの幻想(その2)。列車と船舶に税金を投入せよ。

「エコカーの幻想。消費エネルギーはガソリン車といっしょ。」として論じた。 http://44579446.at.webry.info/201007/article_42.html 要するに,同じ重量の物体を所定の地点から所定の地点に移動させるエネルギーは一緒,ということ。 そして,無駄なエネルギー消費がエコかエコでないかを決め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エコカーの幻想。消費エネルギーはガソリン車といっしょ。

エコカー振興が信仰となっている。消費者もエコカーなら「すべてよし」と思ったなら,それは間違いです。 そもそも,同じ重量の自動車を動かすエネルギーは,エコカーだろうが,通常のガソリン車だろうが,いっしょなのです。こんなことは,物理学の簡単な「定理」です。 1.ハイブリッド車は,エンジン出力の余力で発電し,その電力をエンジン出力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

集中豪雨は空気中の微粒子のせいではないか。

集中豪雨があるとすぐ地球温暖化に短絡する輩がいる。科学にはもっと慎重さが必要だ。 したがって,我が説は臆説でしかない。データがあって実証されているわけではない。しかし,この仮説の下にデータを収集してはどうか。 今年6月にアイスランドで火山が噴火した。その火山灰は偏西風にのって,地球をぐるぐる回っているはずだ。また,黄砂も中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球の気温は正しく計られているのかー地球温暖化の根拠

地球の温度が2090年から2099年にかけて、現在の温度から1.8度から4.0度に上昇する、とIPCCの報告は声高に宣伝している。本当だろうか。今回は、地球の気温とは何かと考えてみよう。 日本の気温とは何か。気象庁の観測所、測候所、そして地方公共団体のしかるべき観測所の気温の計測値をあつめて、それを平均すればよい、とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPCCの論理は気温計測値の外挿ではない。-地球温暖化の論理

東京、富士山、潮岬の気温の変化を見てきた。(厳密には、「月平均気温」の変化。「月平均気温」は毎正時の気温計測値ということになっている。) それでは、IPCCはこれらの気温上昇をどの様に見ているのか。IPCCの報告書では、気温上昇データは将来予想には使われていない。将来予想は、あくまで、コンピュータによるシミュレーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南極の気温は上がっているのか。-地球温暖化は本当か。

南極昭和基地の気温の観測結果を見てみよう。 最初のグラフは、「月平均気温」 二番目のグラフは、月平均気温の5年移動平均。 三番目のグラフは、月平均気温の10年移動平均。 こんなにばらついているデータからは、なにも結論できない、がまっとうなところではないか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京の気温の上昇率

さて、一番気温上昇の激しいと予想される東京はどうだろうか。 東京の平均気温の推移のグラフを見よう。 http://www.geocities.jp/nomonomoglobalwarming/Blogs/TokyoMS.htm 上記のグラフは「月平均気温」だが、変動が激しいので、例によって、10年移動平均を計算する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山の気温の上昇率を最少二乗近似で出した。-地球温暖化は本当か

富士山の「月平均気温」の変化について、最少二乗近似で数値を出したので、再度、説明する。 http://www.geocities.jp/nomonomoglobalwarming/Blogs/FujiMS.htm 上記に、気象庁サイトからもってきたデータとそれから最少二乗近似で求めた直線を書き入れた。 直線の傾きは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潮岬の気温を見てみよう-地球温暖化は本当か。

昨日示した富士山の気候は、山岳性の気候といえるだろう。 それでは、海洋性の気候と考えられる潮岬の気温を見てみよう。 http://www.geocities.jp/nomonomoglobalwarming/Blogs/Shionomisaki.pdf 例によって、「月平均」の温度のグラフが一枚目。 「月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山の気温の上昇率ー地球温暖化は本当か?

昨日は1965年以来の富士山の気温を見てきた。 http://www.geocities.jp/nomonomoglobalwarming/Blogs/FujisanMeanTemp.pdf この40年間の上昇率はどのくらいだろうか。 1965年から2006年までに「月平均気温」はどれだけ上昇しているか。「月平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山の気温を見てみよう - 地球温暖化は本当か?

地球の気温が上昇しているという。本当だろうか。 確かに、東京の気温は上昇しているようだ。だって、これだけ人口が増えていて、自動車やらエアコンやらから排出される暖かい空気が東京中を覆っているのだから。 それでは、富士山の気温はどうだろうか。富士山なら、ヒートアイランド現象は無いだろう。気象庁のデータを引っ張ってきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非科学的で専門家抜きの地球温暖化予測

今日は、赤祖父俊一先生の言葉を引用します。原文は、末尾のサイトをご覧ください。 赤祖父俊一 2007年6月15日 IPCC のレポート“Summary for Policy Makers” (2007),p.10 で主張していることに反して、温室効果による現在の「ほとんどの」温暖化に関する決定的な証拠は、今のと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化論者の傲慢さに怒りを感じる

私の感想ばかりでは面白くないので、流体力学者の言葉を載せよう。Hendrik Tennekes はA First Course of Turbulence という教科書を書いている一流の乱流研究者。この本はわたしの座右の書でもある。彼の言葉を翻訳すると以下の様になる。原文は、末尾のURLに書いてある。 Hendrik …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CFDの常識と気候シミュレーションの非常識-地球温暖化予測

流体力学の基礎方程式Navier-Stokes equation を数値的に解く分野は、Computational Fluid Dynamics (CFD) として広く発達している。流体に関連する広い分野で積極的に研究と適用が行われている。それに比べると、気候シミュレーションをやっている人々の非常識が目に余る。 CFD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数値流体力学の常識-地球温暖化予測の非常識

地球温暖化の予測は流体力学の基礎方程式を数値的に解いて求めている。これを担当している数値計算屋の非常識を一般の人は理解していないように見える。気候予測をやっている数値シミュレーション屋がどれほど非常識なのか明らかにしよう。今回は高度方向の解像度resolutionについて述べる。 下記に気象庁の大気モデルが出ているが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Maxwellの悪魔は実現しない-地球温暖化予測

気候のシミュレーションは人間にはまさに「神業」で、神のみぞ出来る、ことを引き続いて説明しよう。 マックスウエルの悪魔Maxwell's Demon という概念を聞いたことがあるでしょうか。熱力学をならうとすぐに出てくる話です。二種類の気体がある穴を通して二つの部屋に分かれて存在するとしよう。この穴を通して気体が混合する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初期値問題-地球温暖化予測の不可能性

流体の運動を表すナビエ・ストークス方程式の初期値敏感性についてもう少し詳しく説明しよう。 Edward Lorenz 大気の運動を研究していて、対流圏をモデル化してナビエ・ストークス方程式を数値的に解こうとした。初期値を与えて時間にそってとき始めたのだが、あるとき、計算の途中結果を紙に写し、トイレに立った。トイレから帰り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気候計算コードはまったく未熟ー地球温暖化予測には役立たない

今回は気候計算問題が初期値問題であるのと同様に境界値問題であることを述べよう。 例えば大気の数値シミュレーションに関し、岩崎俊樹は「岩波講座 地球惑星科学7 数値地球科学 1997年」で「数値予報は初期値もんだいである」(p.122)と述べている。彼は境界値問題であることを忘れている。重大なことだ。(「力学過程とパラメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予測手段の信頼性が保障されていない-地球温暖化

地球温暖化の予測はコンピューター・コードによる計算で行われている。しかし、このコンピュータ・コードの信頼性がまったく保障されていないのだ。信頼性のない方法で出された結果が信用できないのは当然のことだ。 コンピュータ・コードのどこが信頼できないか。 1.計算する「場」の方程式はナビエ・ストークス方程式。それを差分化して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノーベル平和賞の赤っ恥-10年すれば間違いがわかる。

10月から地球温暖化の議論が科学的になされていない、ことを言うブログをはじめようとした矢先、10月12日にノーベル財団は、アル・ゴアとIPCCに本年度のノーベル平和賞を授与すると発表した。 ノーベル平和賞の選定が「賞」に値しないものばかり選んでいることは夙に識者の中で常識となっているが、こんどもまた、恥の上塗りをすることになった。悲し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化の発見(その3)

19世紀以来、多くの科学者は、この熱せられて自転する惑星を取り巻く大気に対して物理法則を適用し、そして一般的な気象のパターンを見出そうと努力してきた。 しかし、全ての独創的な努力は現実的な数学的な解を見つけることさえできなかった。最も成功した数理物理学的理論でさえ、大気循環に関する簡単な性質を与える初歩的な議論に終始し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化の発見(その2)

一般に、気候は大気の循環現象によって支配される。この循環現象は本質的に空気の移動であり、次の3種類の運動が含まれている。第一は亜熱帯の貿易風。第二は、熱帯において温度が上昇することにより大気密度が低下し、その結果、大気が上昇し、逆に、寒帯においては気温の低下が密度の上昇を引き起こして、大気が下降する現象。そして、第三は、中緯度地方におけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「地球温暖化の発見」(その1)

気候の一般の循環モデル このエッセイはPaul Edwards (University of Michigan)のエッセイをもとにSpencer Weartが改訂・拡張したものである。付加的な情報と参考文献については、Edwards のインターネット・サイトを参照されたい。 気候システムは人間の脳の単純な洞察力により理解す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知床が世界遺産に登録された

遺産という言葉が誤解をおよぼす。英語で、heritage。 辞書にもAmerican Heritage English Dictionary というのがある。要するに、我々が過去から伝えてもらった財産。そして、これからも子孫のために大切にしなくてはいけないもの。われわれは、知床を守る、と宣言したのだ。 アメリカに行くと,Naional…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more