テーマ:真実の追究

検察庁の責任はどうなっているのか。厚生労働省文書偽造事件。

厚生労働省の村木元局長に無罪判決が出た。事は、これでおしまいではない。 検察庁の責任者の処罰がなされていない。 検察庁の役人は税金で給料を貰っているのだ。その税金を無駄遣いしてもらっては困る。民間会社なら、特別背任罪だ。検察庁長官、特捜部長、主任検事のしっかりしたコメントを聞きたい。 「責任者は表に出ろ!」 だれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死刑制度を決めるのは国会。法務省ではない。

法務大臣千葉某が死刑制度の勉強会を開く、と大見得を切った。ふたを開けたら、法務省内の官僚との通常会議だった。ばかげた話。重大なことを忘れてもらっては困る。 死刑は法律で決めたこと。行政はおろか、司法でもこれを変えることはできない。法律に基づいて、裁判所が死刑と判断し、行政が実運用するのだ。それ以外の何者でもない。 死刑制度を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

運転免許証の更新にいってきた。交通事故をなくす努力のあとが見える。

自動車運転免許証の更新にいってきた。以前は、警察のやることに不満だらけだったが、今回は、理解できた。 むかしの免許証更新は、交通事故のビデオばかり見せられた。内容は、加害者は刑務所に入れられて補償に追われ、被害者家族は悲嘆にくれる、というお涙頂戴のビデオだった。要するに倫理一辺倒。運転技術に関することはこれっぽっちもなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんとむなしい参議院選挙

日本人は国政をよくしようと考えているのか。参議院選挙が7月11日にあるが,政見を聞いているとむなしさを通り越してアホくさくなってくる。 そもそも,候補者の政見が政見になっていないのだ。「私はこういう哲学の下,このような手順で,こういう方向に持っていくのだ。」という決意表明が一つもない。競争候補の足を引っ張るばかりで,積極的な提案が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

FIFA ワールドカップ 「チーム内の雰囲気が良かった」では反省になっていない

岡田監督は「ベスト4に行く」といった。帰国したら,ベストのベの字も言わなくなった。 http://44579446.at.webry.info/201007/article_3.html 他の選手は。。。。「チーム内の雰囲気がよかった」としかいっていない。これでは,反省になっていない。 「チームの雰囲気が良い」 ならば 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

違法行為、お上がやれば怖くない

高校での必修科目の履修もれが発覚した。 政府主催のタウンミーティングでの政府の自作自演(サクラ)と公金流用(発言要旨を政府がつくり、発言者を政府がえらび、その発言者に謝礼を払う。これを公金横領といわずになんと言う。)が明るみに出た。 県知事はどこでも談合を主導し、賄賂をもらっている。 すべて、お上の悪行。 「赤信号みんなで渡れば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

違法行為を教えるのが高校か。カリキュラム履修問題。

学習指導要領を無視したカリキュラムを組んでいた高校が多数あるのが明らかになった。すべて違法なことを知っている意図的な行為だ。あきれ返る。法律(ルール)をなんと考えているのだろうか。 さらに問題なのは、文部科学省がこれを追認しようとしていること。自ら決めた指導要領を守らなくても容認する、というあきれかえった処置を取ろうとしている。法律、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジダンの言い訳はみっともないの一言

フランス・サッカーの主将ジネディーヌ・ジダンがテレビのインタヴューに応じ、「母や姉を傷つけるひどい言葉を繰り返され、耐えきれなかった。」と言い訳を言った。みっともない限りだ。ジダンの名声はますます地に落ちた。これほど堕落した人間だとは思わなかった。 1.中傷、暴言なんてものはあって当り前。国際外交の日本と北朝鮮、日本と中国のやりあいを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮のミサイルとインドのミサイルはどこが違うのか

日本政府は北朝鮮のミサイル実験で厳重に抗議し、国連安保理事会で非難決議を可決すべく働きかけている。 それでは、昨日実施したインドのミサイル実験に関しては何というのか。このミサイル「アグニ3」は1トンのペイロードを3,500キロメートル運ぶという。インドから北京に届く。こんな中距離弾道ミサイルに対して日本は抗議しないのか。 インドと北…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

村上世彰逮捕。不正しか金儲けはできない。

株式市場にせよ、宝くじにせよ、競馬の馬券にせよ、どんなマネーゲームも、お金の動きのプラスとマイナスを合計すればゼロになる。こんなことは当り前。お金が涌き出ることなどあるはずがない。 堀江某が利益を得ると、その影に損失を出している人がいる。村上某が利益を出せば、逆に損をかましているひとがいる。お金の総額は決まっているのだ。 右肩上がり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出生率低下は内閣不信任だ!!!

昨年の合計特殊出生率がついに1.25となった。これは内閣不信任にほかならない。 要するに日本に希望を持つ若者がいないのだ。子供を作れない、つくっても子供にとって幸せではない、こんな状況に日本はなってしまったのだ。 子供が欲しくない若者もたしかにいるだろう。でも、割合は極めて少数と考えられる。(科学的な調査は必要だが。)経済的に、肉体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耐震偽装-役人を逮捕せよ

姉歯を発端とする耐震偽装で、ヒューザーの小嶋社長等が昨日逮捕された。民間ばかりが逮捕される。野党ばかりが逮捕される政界疑獄に似た構図になって来た。 イーホムズの責任が追究できるのなら、建築許可を下した地方公共団体の関係者をなぜ逮捕しないのだろうか。税金で給料をもらっているくせに、責任を果さず、メクラ認可を与えて社会に不安を与えた役人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHK受信料の義務化?ふざけるな!

自民党の「通信・放送産業高度化小委員会」が、NHK受信料の義務化を打ち出した。ふざけた話だ。 国立博物館さえ独立法人化され、独自に採算を考えよ、と突き放されている時期に、NHKを国が保護するとは。小泉民営化路線に反しているのが分らないのか。民放が受信料なしで経営しているのに、NHKだけがなぜ税金(受信料を義務化すれば税金そのもの)を投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

改正入管法、ひどい話しだ

日本に入国する外国人から強制的に指紋と顔写真を取るという出入国管理法の改正案が参議院本会議で可決され、成立した。これで、日本はアメリカに次ぐ非道い国になった。 採取された指紋データはどうなるか。政府のコンピュータに保管される。そして、それが意図的なハッカーか、積極的には意図しないが、コンピュータシステムの穴をすり抜けて、世界にばら撒か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中央青山監査法人にみる、監査とは可能か。

1.金融庁が中央青山監査法人に一部業務停止命令の発動を検討している。「業務停止命令を出すと、監査をしている会社の業務が滞るので、それを勘案しながら、業務停止の内容と時期を検討している」との趣旨の五味金融庁長官が記者会見でしゃべったが、これは本末転倒。影響があるから影響の出ないように処分する、では処分にならない。これは、姉歯建築士事件のと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

姉歯の再発。「理論」が分っていない朝日新聞

朝日新聞3月7日の朝刊一面に、「別の計算法では大幅に高い強度が出る可能性がある」として、「強度の値で線引きする公的支援の仕組みが揺らぎかねない」と騒いでいる。 朝日新聞社には、科学者・技術者がいないのだろうか。別の計算をすれば、別の結果になることは当り前だ。理論計算とはなにか、朝日には全然分っていない。理論とは、ある前提を仮定し、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本航空の経営のいい加減さは一目瞭然

日本航空の経営が経営になっていないことは、ちょっと調べればすぐにわかる。 1.現在、日本航空グループでは、21機種、合計284機の航空機を運行している。 http://www.jal.com/ja/corporate/gaiyo/flight.html 2.それに対し、シンガポール航空は、5機種、合計90機の航空機を運用している。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ライブドア事件の情報リークは検察の法律違反だ

ライブドア事件について、メディア(テレビ、新聞)で情報が小出しにされている。「このほど。。。であることがわかった。」と情報源を明かにせず、メディアが独自に自力で調査したのでもない情報が小出しに漏れてくる。 言うまでもなく、これは検察がメディアにわざと情報を漏らしているのだ。メディアには現段階(ホリエモンが逮捕されて、小菅に繋がれている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社民党が社会党に戻った。やっと気がついた。九条と小選挙区。

街を歩いていると共産党のポスターで「憲法第9条を守ろう」と言うのがあった。眼を疑った。昔は、共産党だけが、常備軍を持つべきだと主張していた。(自民党はそこまではっきり言わなかった。)憲法第9条に反対していた。その共産党が保守勢力になっている。 社会党は村山某が首相になって自滅した。自衛隊を認める、例の村山首相談話を出したからだ。おかげ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第二の「姉歯」が続々出てくる。予想通り

姉歯以外の建築士の構造計算書の「偽造」が話題になりだした。当然予想されていたこと。建築業の偽造問題はこれだけではない。氷山の一角。 建築における「手抜き」工事の歴史は古い。手抜き工事が無い工事は無い、といって言い程だ。確かに、見積もり書は立派なものを作ってくる。しっかり材料から工賃まで積み上げている。しかし、実際の現場で、どれだけこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東横インは全ホテル5室1000円で身障者に提供して謝罪せよ

東横インの経営陣の非常識さにはあきれて口がふさがらない。 謝罪策を提案する。 1.国内にある全ホテルについて、各5室を、1箇月以内に、身体不自由者用に改造する。 2.それらの部屋代を一律1,000円とする。無料では、逆に身体障害者に申し訳無い。消費税もしっかり貰う。(50円) 3.身体障害者手帳をもっている人々にこれらの部屋を提…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホリエモンのまやかしを見抜けなかった者こそ不明を詫びよ

ホリエモンが逮捕されて、いままでホリエモンを誉めていた者たちがおろおろしている。恥ずかしい限りだ。きちんと自分の不明をみとめ、反省したらどうか。 ライブドアに騙されていた。だから、賠償請求するのだ。まさに噴飯そのもの。自分をたなに上げておいて、他人を追及できるような潔白な者がどこにいる。 選挙で応援したが、人物調査が十分でなかった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里谷多英がオリンピックに行く?冗談だろ!

オリンピックに行く交通費、宿泊代は誰が出すのか。全日本スキー連盟か。日本体育協会か。税金か。そのおおもとはどこか。 税金にせよ、協会の金にせよ、もともとは一般市民と観客のお金。そのお金を犯罪者の遊びに費やすのだ。協会は日本国民をなんと考えているのか。協会の金ではないので。国民の金で、それを一時的に預かっているだけなのだ。 役人と全く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR羽越線脱線事故。JRは本気で技術検討をしているのか。

JRは列車の横風特性把握の為、風洞試験をしろ、と前回述べた。新聞報道によると、JR総研が、余部事故のあと、実車を使った計測をしている、とのこと。 すこし、JRを見なおした。しかし、まだまだ。 (1)科学というものは、現象から、本質を抽象するもの。これが科学。実車で現場で試験計測することは科学ではない。現象の中でなにが重要で、なにが派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反省のないNHK。プロジェクトXの自画自賛が問題を物語る

12月28日にプロジェクトXの最終回総集編が放送された。まさにNHKの問題点が露呈した。 (1)自画自賛の番組。公共の電波をなんと心得ているのか。自分を誉めることに電波を使っている。対象が自分なのだ。おかしいと思わないのか。 (2)番組が一面的で、事実を伝えていないことは、当事者であればあるほど分っている。この事実がNHKは気がつい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JRには技術者はいないのか?また脱線事故を起こした。

JR羽越線で特急列車が横風が原因(と見られる)で脱線転覆し、死者を出した。 脱線転覆なぞ、技術の基本に関わること。JRには技術者はいないのか。 (1)そもそも風速25メートルで徐行、30メートルで運転中止、という運行規則はどういう技術的根拠にもとづいて作られたのか。風洞試験でもしたのか。どんな計算をしたのか。JRは説明せよ。 (2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強度計算書の偽造問題:本質は事業主体の金儲け

姉歯某なる計算屋が適当な計算書を作ったので大騒ぎしているが、彼は単に強度計算書を作っただけ。このようなものを作らせた者が悪い。こんな事は誰でも分る。 (1)計算書が間違っているのなら、不良品質の成果物だから、発注者(姉歯に発注した者)は受け取りを拒否できる。 (2)しかし、発注者(姉歯に発注した者)は、姉歯の仕事も含めて、外部に対し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耐震計算書偽造などでガタガタするな

千葉市の柿歯某なる一級建築士が構造計算書を偽造し、イーホムズなる機関がその計算書をチェックしなかったことで世間がゆれている。偽造そのものは犯罪だし、然るべきチェックをしなかったのも犯罪であす。それはそれなりに形式的に処罰をしなくてはいけないが、問題はこんなところにはない。 (1)施工工事業者は構造強度部財が、いままでの建物と比べて、弱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党憲法案は言語撞着。幼児の作文。

自民党の憲法草案が発表された。現行憲法は言葉として整合している。整合していないのは政治的な現実。そこで、自民党から妥協作が出てきた。すなわち、 第9条「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」 第9条の2「。。。自衛軍を保持する」 小学生が読んでも、矛盾している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more