ガソリンはなぜ安くならないのか。この円高のご時世に。

ガソリンの値段が高止まりしている。昨今の円高の反映がなされていない。だれが儲けているのか。言うまでも無い、石油業者だ、

政府は、そして日銀も、急激な円高は望ましくない、しっかり注視していく、との談話を発表している。

しっかり注視していくのなら、円高で儲けている業者をしっかり指導するべきだ。円高の利益を消費者に還元せよ、と。

そして、電力会社。この円高の時代に逆行して、電力料金を値上げしようとしている。正気の沙汰ではない。

なぜ、政府は円高のメリットを説明し、それを反映しない業者を指導しないのか。行政指導ができなければ、これら設けている業界の統計的な数値は発表すべきだ。

画像


**************
円高のメリットを広く宣伝しよう。だれが儲けているのか。
http://44579446.at.webry.info/201008/article_52.html

"ガソリンはなぜ安くならないのか。この円高のご時世に。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント