日本中にダムを作ろう。時代が変わった。

ダムはムダといわれた時代があった。たしかに、利水・防水の面から考えると、村落移動のコストと比較して、メリットはあまりなかった。

しかし、時代は変わった。良質な水はカネになる。現代の石油マネーが将来は水マネーで代わられる。

水の効用はおおい。
1.生物にとって、水は必須。水なくては生きていけない。
2.水はエネルギー源。ポテンシャルエネルギーとして水力発電に使える。低温の熱浴とすれば、熱機関の一部として使える。
3.水は冷却源。蒸発熱をつかえば、温度を下げることができる。
4.水は洗浄剤。ホコリ、チリを払うのに水ほど良いものはない。汚染物洗浄にも最適。

水を貯めるのなら、ポテンシャルエネルギーを持たせるのが良い。それなら、山岳のダムが一番安価な設備投資となる。ビルに貯めるにも上層部が良い(だだし、地震対策は考えておく必要が有る)。

というわけで、無理のない、ダム建設を提案する。
画像



*********
日本中に貯水池を作ろう。温暖化対策とエネルギー対策として。
http://44579446.at.webry.info/201007/article_120.html

雨水は各ビル、各家庭で貯水して有効に使おう。環境対策にもなる。
http://44579446.at.webry.info/201007/article_130.html

"日本中にダムを作ろう。時代が変わった。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント