千葉法務大臣は問責に値するか。幼稚な論理がまかり通るみんなの党。

みんなの党の渡辺喜美代表が,参院選で落選した千葉法相の続投について、「国民から見れば言語道断で、問責に値する」と述べ、臨時国会では法相の問責決議案を参院に提出する,と言ったそうだ。

まったくわからない論理だ。

今回の選挙は法務大臣の信任投票だったのではない。最高裁判所裁判官の国民審査と勘違いしているのではないか。本来なら,菅総理大臣が信任されなかった,と言うべきだ。

民間から起用された国務大臣に対してはどのように考えているのか。日本国憲法では国務大臣の半数以下なら民間からの起用が許されている。選挙の洗礼を受けない国務大臣について渡辺某はなんというのか。

このような幼稚な論理をするようでは「みんなの党」は「あほなの党」になるだけだ。
画像

"千葉法務大臣は問責に値するか。幼稚な論理がまかり通るみんなの党。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント