沖縄県内で,「県外」を主張するのは論理的におかしい。普天間基地問題

参議院選挙の報道を見ていると,沖縄県の候補者で,「普天間基地を沖縄県外に移す」と主張している輩がいるそうだ。論理的におかしい。この候補者は日本語と論理学がわかっているのか。

日本の全国民が「俺のところはいやだ」の大合唱。利己的・自己中心主義が蔓延しているこの国では大所高所に立った議論ができない。俺さえ良ければそれでいい,しか考えていない。沖縄県外のどの都道府県も普天間基地を受け入れるというところがない現状から,「県外」を主張することは全く見通しを得ていない。

そもそも誰が主張しても,誰もに共感がえられるものが論理的な議論といえる。「沖縄以外に持っていけ」という主張が正しいのなら,鹿児島県人が「鹿児島以外に持っていけ」というのも同じく正しい議論である。これでは議論のレベルでなにも解決しない。

ようするに,メタ・レベルにもっていかないとだまなのだ。論理学をかじったものならすぐに思いつく。基地をどこにおくかというレベルではなく,その上のレベル,すあんわちメタレベルで議論をしなくてはいけない。

なにが,メタレベルの議論か。そう,日米安全保障条約をどうするのか,が正しい議論の設定法。安保条約はいらない,と主張するなら,そのうえで基地はどうする,とつぎの議論ができる。安保条約は必要。中国が仮想敵国だというなら,どこに基地をおいてどの程度の兵力をそこいおこう,という議論になる。

論理学でいうパラドクスの解決法をしっかり適用しよう。「メタ」とはどういう概念か,しっかり考えよう。
画像

"沖縄県内で,「県外」を主張するのは論理的におかしい。普天間基地問題" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント