ノーベル平和賞の赤っ恥-10年すれば間違いがわかる。

10月から地球温暖化の議論が科学的になされていない、ことを言うブログをはじめようとした矢先、10月12日にノーベル財団は、アル・ゴアとIPCCに本年度のノーベル平和賞を授与すると発表した。
ノーベル平和賞の選定が「賞」に値しないものばかり選んでいることは夙に識者の中で常識となっているが、こんどもまた、恥の上塗りをすることになった。悲しいことである。
地球温暖化に関する「未来予測」は「科学」になっていない。このことは、おいおいこのブログで論じていくが、ノーベル財団の識者の科学意識の低いことにはあきれ返ったものである。
物事は分析的に考えなくてはいけない。以下の三つのことは、お互いが関係してはいるが、同じものではない。しっかり分けて考えなくてはいけない。
1.過去のデータの取得・分析
2.現状の評価
3.未来の予測
1.氷や、珊瑚や、年輪や歴史的痕跡をしっかり独立に分析して当時の、その位置の温度を割り出すことは重要。ある程度できている。(南極の氷の分析では、専門家の異論がある。)
2.ここ20年のスパンで温暖化しているからといって、そでが単調増加なのか、振動現象なのか、すぐには評価できないはず。
3.未来の予測は、コンピュータ・シミュレーションによっているが、そのコード(コンピュータ・プログラム)の信頼性は100年後を予測するには程遠い。コードのヴァリデーションもできていなくて、よくも大口がたたけるものだ。(このコンピュータ・コードまたはそれの寄って立つモデルについては、今後critical にレヴューしていく。)

ようするに、ノーベル財団は間違いをおかした。10年後には明らかになっているだろう。

画像



*****
ノーベル財団のサイトとアナウンスメントを載せよう。
http://nobelprize.org/nobel_prizes/peace/laureates/2007/press.html
***
The Nobel Peace Prize for 2007

The Norwegian Nobel Committee has decided that the Nobel Peace Prize for 2007 is to be shared, in two equal parts, between the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC) and Albert Arnold (Al) Gore Jr. for their efforts to build up and disseminate greater knowledge about man-made climate change, and to lay the foundations for the measures that are needed to counteract such change.

Indications of changes in the earth's future climate must be treated with the utmost seriousness, and with the precautionary principle uppermost in our minds. Extensive climate changes may alter and threaten the living conditions of much of mankind. They may induce large-scale migration and lead to greater competition for the earth's resources. Such changes will place particularly heavy burdens on the world's most vulnerable countries. There may be increased danger of violent conflicts and wars, within and between states.

Through the scientific reports it has issued over the past two decades, the IPCC has created an ever-broader informed consensus about the connection between human activities and global warming. Thousands of scientists and officials from over one hundred countries have collaborated to achieve greater certainty as to the scale of the warming. Whereas in the 1980s global warming seemed to be merely an interesting hypothesis, the 1990s produced firmer evidence in its support. In the last few years, the connections have become even clearer and the consequences still more apparent.

Al Gore has for a long time been one of the world's leading environmentalist politicians. He became aware at an early stage of the climatic challenges the world is facing. His strong commitment, reflected in political activity, lectures, films and books, has strengthened the struggle against climate change. He is probably the single individual who has done most to create greater worldwide understanding of the measures that need to be adopted.

By awarding the Nobel Peace Prize for 2007 to the IPCC and Al Gore, the Norwegian Nobel Committee is seeking to contribute to a sharper focus on the processes and decisions that appear to be necessary to protect the world’s future climate, and thereby to reduce the threat to the security of mankind. Action is necessary now, before climate change moves beyond man’s control.

Oslo, 12 October 2007

"ノーベル平和賞の赤っ恥-10年すれば間違いがわかる。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント