書評。再掲。牟田淳「アートのための数学」。芸術学部の知的レベルの低さに ...

2011年5月25日、nomonomonomoの書評。牟田淳「アートのための数学」。芸術学部の知的レベルの低さにあきれる。幼稚園児向けの本。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_90.html ********** 言葉狩りにあった。 この世界には言論の自由はないのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。杉原厚吉「エッシャー・マジック」。空間を幾何学で解析。でも、芸術は爆発、じゃなかったかな。

杉原厚吉「エッシャー・マジック だまし絵の世界を数理で読み解く」東京大学出版会、2011年。エッシャーの絵の数学者による解析。それなりにたのしいが、心を打つ芸術をこのように扱うと、ちょっとしらける。芸術は数学ではない、と叫びたくなる。 エッシャーが心を打つのはなぜか。意表を突く数学的なパラドックスだけではないはずだ。そこには既成概…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more