福島第一原発の爆発は爆轟detonationだったのか(その2)。流体力学のお勉強(その46)

Detonation というのは、衝撃波shock wave による気体の断熱圧縮により、衝撃波後流の気体の温度が上昇し、そのため、可燃気体が燃焼条件を満たすようになり、爆発的に燃焼するものである。衝撃波の速度は超音速なので、この燃焼領域は超音速で広がる。あたかも燃焼領域の先頭が超音速で移動している様に見える。 それに対し、def…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発の爆発は爆轟detonationだったのか。流体力学のお勉強(その45)

福島第一原発の1号機、2号機、3号機で水素爆発が起きた。この現象は爆轟 detonationだったのか、爆燃 deflagrationだったのか。Detonation とはなにか復習しよう。 1.衝撃波ができるとその後ろ(下流)の温度が上がる。(お勉強(その30)参照) 2.するとその領域で、可燃気体の燃焼条件がそろう。 3.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more