衝撃波で圧力、密度、温度はどうなるか。流体力学のお勉強(その49)

「お勉強(その48)」で衝撃波断熱曲線を圧力 p と比体積 V の関係としてグラフで示した。衝撃波断熱曲線(Rankine-Hugoniot adiabat)と通常の熱力学の断熱関係式(Poisson adiabat)の比較をしたわけだが、実際上、衝撃波が出来ると、気体の圧力、密度、温度はどのような値になるのだろうか。それを示すのが下の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。「伊藤清の数学」。われわれが思っていた以上に、伊藤清先生は偉かったらしい。

高橋陽一郎(編)「伊藤清の数学」日本評論社、2011年。弟子達が評価できないほど伊藤清は偉かった。この本を見てもそれは分かる。なぜなら、本書に寄稿している関係者のうち、伊藤清の学問業績をきちんと説明できているのは外国人だけなのだから。 西尾眞喜子はおざなり。池田信行は老人の繰言。杉田洋は学生風の感傷メモ。高橋陽一郎の人を見る目のな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衝撃波断熱曲線と通常の断熱関係式。流体力学のお勉強(その48)

通常の熱力学でいう断熱関係式は、圧力をP、比体積をV(=1/ρ) 、比熱比をγとすると            で表される。特にこの曲線をPoisson 断熱曲線と呼ぶことがある。 しかし、衝撃波断熱曲線(Rankine-Hugoniot Curve)は衝撃波の関係式            から導かれる。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東名高速ドライブ、大井川から牧之原を越えて掛川まで。

東名高速の第二の山越え(関所)です。標高の変化はこんなになっています。 ************* GPSもって箱根の坂道をドライブ。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_109.html 東名高速、大井松田から沼津までドライブ。富士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Detonation 爆轟とDeflagration 爆燃の違い。流体力学のお勉強(その47)

Detonationとdeflagration の違いについて補足しておこう。 (1)Detonation は衝撃波後流の温度が上昇するためにおこる燃焼で、衝撃波が超音速で進むのにしたがい、燃焼領域も超音速で進行する。 (2)それに対し、deflagration は衝撃波とな直接は関係なく燃焼条件が満たされたときに発生する「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。「プログラミングのための線形代数」。予備校の数学。地上界へ下りた数学。期末テストのための数学。

平岡和幸、堀玄「プログラミングのための線形代数」オーム社、2004年。最近の予備校の先生はこんな感じの講義をしているのだろうか。質問に丁寧に答える。分からないことがあっても心配させない。どこを復習すればよいか親切に教える。至れり尽くせりの本。それだから、350ページの大部になる。装丁もコンピュータの本そのもの。 非難しているわけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発の爆発は爆轟detonationだったのか(その2)。流体力学のお勉強(その46)

Detonation というのは、衝撃波shock wave による気体の断熱圧縮により、衝撃波後流の気体の温度が上昇し、そのため、可燃気体が燃焼条件を満たすようになり、爆発的に燃焼するものである。衝撃波の速度は超音速なので、この燃焼領域は超音速で広がる。あたかも燃焼領域の先頭が超音速で移動している様に見える。 それに対し、def…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発の爆発は爆轟detonationだったのか。流体力学のお勉強(その45)

福島第一原発の1号機、2号機、3号機で水素爆発が起きた。この現象は爆轟 detonationだったのか、爆燃 deflagrationだったのか。Detonation とはなにか復習しよう。 1.衝撃波ができるとその後ろ(下流)の温度が上がる。(お勉強(その30)参照) 2.するとその領域で、可燃気体の燃焼条件がそろう。 3.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPSもって箱根の坂道をドライブ。

箱根の坂道は駅伝でも難所。どのくらいの上り坂か、GPSで調べてみました。 (1)時刻と高度 (2)道路の曲がり具合を平面図で示します。 横軸は東方向、縦軸は北方向です。箱根湯元を基準とする水平面(厳密にはWSG-84の水平面)に投影しました。 道路は西北西へのびています。 (3)高度履歴の立麺への投…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボーイング 787 ドリームライナーがやってくる。

お待ちどうさまー。ボーイング787が日本にやってきます。多分、7月5日ぐらい。機体は、当然、ANAに引き渡される ZA002。 羽田、関空、伊丹、岡山、広島に来るそうです。名古屋には来ないのでしょうか。名古屋で主翼や胴体を作っているのに。 はやくこないかなー。 ************* Dreamlif…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リニア新幹線は大電力食い。どこから電力を調達するのか。この電力不足の時代に。

リニア新幹線の建設指示を国土交通大臣が出そうとしている。この人は、なにを見ているのだろうか。ただでさえ電力不足で電車さえ間引き運転しているこの時代に。頭が狂っているとしかおもえない。 リニア新幹線は電力を大量に消費する。しっかり確認しておこう。超伝導だから電力を食わない、なんてことを素人は信じているのだろうか。回路が超伝導だろうが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おおたかどや山標準電波(40kHz)。送信を再開。三重苦にめげず。

地震、原発事故、落雷と三重苦にあっていたおおたかどや山標準電波送信所からの40kHz標準電波の送信が再開されたようです。これで、わが家の電波時計もしっかり働くことが出来ます。 ところで、GPSをつかった標準時計の製品は出ていないのでしょうか。こっちの方が精度が高いとのことですのに。 ************* 電波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

測地座標系からENU座標系への座標変換

GPSレシーバの出力は、通常、測地座標系(経度、緯度、高度)でなされている。これを局所座標系(ENU系)へ変換する変換式をまとめておこう。 (0)記号の定義           a = 6,378,137.0 (m)           e = 0.0818191908426           N = a / …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東名高速、大井松田から沼津までドライブ。富士の裾野の山越えです。

GPSレシーバをもって、東名高速を走りました。大井松田から沼津までは、富士山と箱根の山の中間を走ります。御殿場近辺が一番標高の高いところです。 ****************** 茶臼山高原道路をドライブ。アップ・ダウンが楽しい道路。無料になりました。 http://44579446.at.webr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道の駅(2)。どんぐりの里いなぶ。153号線。愛知県豊田市武節町針原4番地1

「どんぐりの里いなぶ」には「道の駅」の認定証が掲示されていません。もぐりの道の駅なのでしょうか。 ************** 道の駅。アグリステーションなぐら。愛知県北設楽郡設楽町。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三角点・水準点を求めて三千里(14)茶臼山高原の萩太郎。

芝桜で売り出し中の茶臼山高原。芝桜の丘のすぐそばに四等三角点があります。 国土地理院のサイトには、 北緯  35°12'51".1504 東経 137°39'27".9562 標高  1358.11 (m) ジオイド高 42.59 (m) とのっています。 わがYupiteru ASG-1 の出力は、 北緯  35°…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙洞御所のフジ。きれいでした。

京都仙洞御所のフジを見ることができました。藤棚があるのは知っていましたが、この季節に行かないと咲いたフジはみれません。ここよりみごとな藤棚は世の中にいくらでもありますが、仙洞御所のフジは周囲の庭園とマッチして、むしろ、小規模なフジ棚でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。米谷民明「光を止められるか」。失敗作の見本。読んで分からなくても心配しないでよい。

米谷民明「光を止められるか-アインシュタインが挑んだこと」岩波科学ライブラリー178、2011年。高校生向きと称する啓蒙書。しかし、失敗作の見本である。高校生よ、この本を読んで、内容が理解できなくても心配しなくて良い。書き手が悪いのである。世の中には説明下手な本がある、ということを知ってもらうことにこの本の価値があるのだから。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厚木-小田原道路を通って箱根仙石原へドライブ

東名高速の厚木から、厚木-小田原道路をとおり、箱根湯本から1号線で箱根に入り、仙石原までドライブしました。 (1)箱根湯元から仙石原までの高度変化 こんな感じに山道となっています。 (2)厚木-小田原道路 速度違反取締りの厳しい道路です。行きも、帰りも、つかまっているのを見ました。 (3)国道1号線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムステルダムの路面電車の線路の摩訶不思議。

アムステルダムの路面電車は、単線だったり、複線だったり、しょっちゅう変ります。ポイントの切り替えをしている風には見えないので、どうなっているのか、不思議でしょうがありませんでした。線路をじっとながめて、やっと分かりました。 ************** アムステルダム(オランダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンディGPSで地球の丸さを実感しよう

GPSの出力は、経度・緯度・高度の組で表示されます。これを、直交座標系に変換すると、地球の丸さが実感できます。 朝鮮半島を東に飛んでいる飛行機のGPS出力を処理してみました。 (1)航路の地図上の表示 (2)航路を直交座標系で表示。(タテとヨコの長さがそのまま比較できる。) (3)航路をENU(East-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPSもって名港トリトンをドライブ。側面図を作成しました。

ハンディGPSをもって名港トリトンをドライブしました。GPS出力をENU(East-North-Up)座標系に変換し、走行軌跡の高度を計算し、名港トリトンの側面図を描いてみました。 この部分の伊勢湾岸道路は、ほぼ、東西に走っています。(ENU座標系で、EN平面への投影図です。) *********…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京電力は無能者集団。冷却水は自分の頭にかけろ。

東京電力のいうことを信じてはいけない。彼らは無能者の集団なのだから。最近の事象でさらに明らかになったこと。 1.津波襲来時の写真が2ヶ月も経ってから出てきた。東電は情報を隠していたのではなく、内部の情報をしっかり中央に吸い上げる能力さえなかったのだ。正確な現状把握さえ出来なくて、どうして対策がとられよう。 2.工程表の改訂版…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発メルトダウン。高木仁三郎が書いていたこと。

高木仁三郎「プルトニウムの恐怖」岩波新書、1981年を再読していたら、福島第一原発の現状を簡潔・明瞭に説明する文章に出会った。引用する。(ページ39-41) メルトダウン 「最も典型的な事故経過として考えられているのが、原子炉の空焚き事故である。」 「このような状態が発生したときには、検出器が異常を察知して一般的には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評:大沢健夫「寄り道の多い数学」。マクラが長くオチのない落語みたいな本。でもたのしい。

大沢健夫「寄り道の多い数学」岩波科学ライブラリー172、2010年、岩波書店を読む。とにかくマクラがながく、本題が薄く、いつのまにかにどこかに飛んでいる。そう、寄り道のおおいエッセーなのです。でも、どこか楽しい。隅に置けない数学者です。文章も的確。専門以外のことも良く知っている。表現が正確。面白い本です。 私的には、うるう年の作り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック駅舎(30)アムステルダム中央駅。鉄道の駅というより、船着場の雰囲気がする。

アムステルダム中央駅は運河に面しています。駅前から船が出ています。大航海時代のオランダを象徴するような駅です。 ************* クラシック駅舎(29)ハーレム。古典がオランダに残っている。 http://44579446.at.webry.info/201105/artic…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発の核燃料溶融。予想通り。素人にもこんなことは予想できる。

福島第一原発1号機で燃料の溶融を東電が認めた。こんなことは分かっていた。当方は、4月3日のブログに下記のように書いた。まったくもって、素人の予想通りなのだからやりきれない。こんなことは、ちょっと考えれば、すぐ考えつく。論理的帰結だ。再度述べる。 1.1号機の圧力容器には亀裂が入っている。格納容器にも亀裂が入っているかもしれない。冷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルメールが「デルフトの眺望」を描いた場所

デルフトのスヒー川(運河)沿いに、フェルメールが「デルフトの眺望」を描いたと思しきところがあります。もちろん、創作ですので、風景そのままではありませんが。 ************ デルフトのフェルメール・センター http://44579446.at.webry.info/201105/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダで飲んだビール(2)。オランダといえば、もちろん、Heineken.

オランダでも、Heineken を飲みました。世界のどこに行っても、Heineken を飲みます。 ********* オランダで飲んだビール(1)Amstel http://44579446.at.webry.info/201105/article_66.html ベルギーで飲んだビール(6)。Hoega…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊勢湾岸道・新名神・京滋バイパスを走る。

ハンディGPSをもって、伊勢湾岸道・伊勢道・新名神・名神・京滋バイパスを走りました。宇治東で出て、京都へ向かいました。 ************** 高速道路における衝撃波Shockの形成。流体力学のお勉強(その38) http://44579446.at.webry.info/201102…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッテルダム(オランダ)の路面電車。

ロッテルダム郊外でみた路面電車です。オランダは各都市に路面電車が活躍しています。 ************ デルフト(オランダ)の路面電車。太った車体ではありません。デルフトを南北に走っています。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_61.ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「電話帳」の翻訳書が出た。画期的だ。何部売れるのだろうか。

いわゆる「電話帳」すなわち、Misner-Thorne-Wheeler, Gravitation。その翻訳が丸善から出た。15,750円。どれだけ売れるのだろうか。売れる部数で日本の知的レベルが分かる。 そもそも、翻訳が出ることが、知的レベルの高さを示しているのだろうか。 中国語訳は出ているだろうか。アラビア語訳は出ているだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デルフト(オランダ)の路面電車。太った車体ではありません。デルフトを南北に走っています。

オランダはデルフト焼で有名なデルフト。南北にトラムが走っています。 ************ ゲント(ベルギー)の路面電車。ゲンキに走っています。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_60.html アントワープの路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲント(ベルギー)の路面電車。ゲンキに走っています。

ベルギーのゲント。ブルッセルとブルージュの中間の都市。旧市街が面白い。 *********** アントワープの路面電車。比較的古風です。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_1.html ブルッセルの路面電車。いつの間にかに地下鉄に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の空港。乗降客数ベスト10.

アトランタが依然として第一位を守っています。ついに、北京が第2位に躍り出ました。羽田も頑張っています。腰をすえて、国策として、航空行政をしていくことが必要です。 *********** 世界の空港。乗降客数ベスト10. http://44579446.at.webry.info/201011/article_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック駅舎(29)ハーレム。古典がオランダに残っている。

アムステルダムの近郊都市ハーレム。なかなか面白い都市です。 ************* クラシック駅舎(28)デン・ハーグ。オランダの首都。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_27.html クラシック駅舎(27)ライデン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波時計用の標準電波はいつになったら再開するのか

電波時計用の標準電波のうち福島県にある送信所が機能していない。わが家の時計も狂いっぱなし。どうしてくれるのだ。 電波時計用の標準電波は、40kHz(福島県より送信)と60kHz(佐賀県より送信)の二つの搬送波で送られてきている。長波だ。この搬送波が 1Hz のtimecode を送ってくる。搬送波は10:1のAM変調がかけられてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震源をENU系座標で表す。3月9日から3月11日へ至る道(4)。

震源位置は通常、経度と緯度で表される。しかしこれでは距離の絶対値が東西方向と南北方向ではことなってくる。そこで、ENU(East-North-Up)座標系で震源位置を表してみよう。原点は、3月11日14時46分のM=9地震とする。 (1)震源の東西/南北方向位置。(震央の位置。) (2)東西方向に対する震源の深度 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本復興への提言(10)。大相撲を岩手県か宮城県で開催せよ

大相撲のなんとか場所が、入場無料で、東京で開催されている。なぜ、東京なのか。どうせやるなら、岩手県か宮城県で開催したらどうか。相撲関係者のカネがその土地に落ちる。それだけでも、被災地への支援になる。 相撲関係者は、なぜ、こうも知恵がないのか。東京で、タダで、大相撲を開催するアホさ加減が分かっていないのか。まるで、香の抜けたわさび。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計:民間航空輸送量。日本は伸び悩み。

アメリカを除く民間航空輸送量の統計です。(アメリカはダントツなのでグラフから外す。)シンガポールや香港の航空会社が活躍しているのは、しっかりとした戦略があるからです。JALの戦略のなさが日本のジリ貧の原因です。 *************** JALの機材構成の変遷 http://44579446.at.webry.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電波時計の不調の原因が分かりました

わが家の電波時計の不調の原因が分かりました(多分)。 症状: 1.4月に旅行に行くので電池を外ました。旅行から帰って、電池を入れて、「時刻合わせ」ボタンを押しても、時刻合わせが出来ません。針は正常に動きます。時刻がずれて、そのまま平行移動的に進みます。 2.3月11日の震災から4月中旬までは正常でした。(実はこれがクセモノ。)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴッホ美術館。アムステルダム、オランダ。世界の美術館(3)

ここに来ると、なぜゴッホが人気があるのかわかります。ゴーギャンなどより格段にちがいます。ゴッホの守備範囲は広く、描写が深いのです。 ************* 王立美術館。アムステルダム、オランダ。世界の美術館(2) http://44579446.at.webry.info/201105…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王立美術館。アムステルダム、オランダ。世界の美術館(2)

オランダ最大の美術館。建物はペトルス・カイバースの設計。レンブラントの「夜警」とフェルメールの「牛乳を注ぐ女」で有名。そのむかし、オランダは世界を制覇していた、そんなことを思い出させる美術館です。 **************** マウリッツハイス美術館。デン・ハーグ、オランダ。世界の美術館(1) ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マウリッツハイス美術館。デン・ハーグ、オランダ。世界の美術館(1)

オランダのデン・ハーグにある美術館。ルーベンス、レンブラント、フェルメール等のコレクションがあります。入口はまるで従業員の通用門のような貧相なものです。建物も、美術館の有名度にくらべて小さい。フェルメールは3点所蔵していますが、2011年4月現在、1点のみ展示。1点は修復中。1点は貸し出し中。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計:世界各国の自動車生産 2010年

世界の自動車生産の統計です。中国の躍進は驚異的ですが、アメリカはもちろんのこと、ヨーロッパ各国の衰退も見逃せません。アジア各国での生産も増加しています。ようするに、自動車は誰でも作れる商品になったのです。日本も他の先端産業に乗り換える時期が来ているのではないでしょうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲントの鐘楼。ベルギー。世界の塔(11)

ベルギーはゲントの鐘楼です。現在、ゲントは市内各所で工事中です。クレーンが動いていて視界をさえぎり、埃だらけです。そのうち良くなるでしょう。 ************* 京都タワー。世界の塔(10) http://44579446.at.webry.info/201104/ar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムステルダムの運河クルーズ

アムステルダムで運河をクルーズする観光船に乗りました。70分ほどの周遊です。 GPSレシーバを持っていたので、高度の記録を出してみます。ジオイド高はゼロのはずですが、高度表示にぶれが見られます。レシーバの精度かな。(データドロップは別として。)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他国に兵を忍び込ませ、人を殺し、その死体を海に捨てる。これを○○という。

夜陰に紛れて兵士を他国に侵入させ、家屋を襲い、丸腰の人を問答無用に殺害し、その死体を持ち出して、海に捨てる、これを○○と言わずしてなんと言おう。もちろん裁判なし。弁護なし。法律無視。自分で自分を正義の人という。神は何を見ているか。 すべての○○は正義の名の下で行われる。オバマの演説に正義justiceという言葉がなんど使われたか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック駅舎(28)デン・ハーグ。オランダの首都。

Den Haag Centraal デン・ハーグ中央駅。この駅も工事中。近代的な駅ビルとなっています。駅裏口(?)には近代的な高層ビルがいくつも建設中です。 *************** クラシック駅舎(27)ライデン。オランダ。日本とも縁が深い都市。 http://44579446.a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック駅舎(27)ライデン。オランダ。日本とも縁が深い都市。

Leiden Centraal ライデン中央駅。ライデン大学があります。キューケンホフにチューリップを見に行くときに降りる駅。駅舎は近代的なものになっています。 ************** クラシック駅舎(26)デルフト。オランダ。デルフト焼で有名な都市。 http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック駅舎(26)デルフト。オランダ。デルフト焼で有名な都市。

デルフトの駅前はいま工事中です。 **************: クラシック駅舎(25)ブルージュ。ベルギーのいまもっとも評判の観光地。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_16.html クラシック駅舎(24)ゲント。ベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。佐藤一男「原子力の安全を考える」。木を見て森を見ない安全論議。

佐藤一男「原子力の安全を考える」 電力新報社、1988年。重箱の隅をつつく各論だけがあり、総論がない典型的な技術者の欠点が出ている本の見本。すこし離れて、高い見地から、物事をみる余裕はないのか。だから、著者は、自分の論理の矛盾に気がついていない。こんな程度だから、安全学は進歩しないのだ。原発事故はおこるべくして起こった。 本書でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダ・キューケンホフ公園でチューリップを見てきました

キューケンホフを歩いた軌跡です。 ************ アントワープからデルフトまで列車の旅。ベルギーの旅。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_19.html ブルージュからアントワープまで列車の旅。ベルギー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アントワープからデルフトまで列車の旅。ベルギーの旅。

アントワープから、ロッテルダムで乗り換えて、デルフトまで列車に乗りました。アントワープとロッテルダムの間は、基幹路線の Inter City 列車です。 ************* ブルージュからアントワープまで列車の旅。ベルギーの旅。 http://44579446.at.webry.info…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルージュからアントワープまで列車の旅。ベルギーの旅。

ブルージュからアントワープまで列車に乗りました。ゲントで左に曲がり、ブルッセルには経由しない近道でした。快適な旅行でした。 ************ ゲントからブルージュまで列車に乗る。ベルギーの旅 http://44579446.at.webry.info/201105/article_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック駅舎(25)ブルージュ。ベルギーのいまもっとも評判の観光地。

ベルギー西部の観光地。世界中でいまもっとも話題になっている都市です。 **************** クラシック駅舎(24)ゲント。ベルギー。ゲントは町中工事中です。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_10.html…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲントからブルージュまで列車に乗る。ベルギーの旅

ゲントからブルージュまでは正味20分。あっという間に着きました。 (速度の記録の途中にデータがドロップしているところがあるようです。) ************* アントワープからブルッセルまで列車の旅 http://44579446.at.webry.info/201105/ar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック駅舎(24)ゲント。ベルギー。ゲントは町中工事中です。

ブルッセルの西、ゲント。工事ばかりでほこりっぽくて。 ************ クラシック駅舎(23)アントワープ。ベルギー。大きな乗換え基幹駅です。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_2.html クラシック駅舎(22)京都駅。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の空港(14)。ベルギー・ブルッセル空港。

ブリュッセルの玄関口。意外と大きな空港です。スキポール空港みたいに、長距離歩かされます。ベルギー人は歩くのが苦にならないようです。 ************** 世界の空港(13)。モスクワ。シェレメチョヴォ空港。 http://44579446.at.webry.info/201103…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more