電波時計の不調の原因が分かりました

わが家の電波時計の不調の原因が分かりました(多分)。 症状: 1.4月に旅行に行くので電池を外ました。旅行から帰って、電池を入れて、「時刻合わせ」ボタンを押しても、時刻合わせが出来ません。針は正常に動きます。時刻がずれて、そのまま平行移動的に進みます。 2.3月11日の震災から4月中旬までは正常でした。(実はこれがクセモノ。)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴッホ美術館。アムステルダム、オランダ。世界の美術館(3)

ここに来ると、なぜゴッホが人気があるのかわかります。ゴーギャンなどより格段にちがいます。ゴッホの守備範囲は広く、描写が深いのです。 ************* 王立美術館。アムステルダム、オランダ。世界の美術館(2) http://44579446.at.webry.info/201105…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

王立美術館。アムステルダム、オランダ。世界の美術館(2)

オランダ最大の美術館。建物はペトルス・カイバースの設計。レンブラントの「夜警」とフェルメールの「牛乳を注ぐ女」で有名。そのむかし、オランダは世界を制覇していた、そんなことを思い出させる美術館です。 **************** マウリッツハイス美術館。デン・ハーグ、オランダ。世界の美術館(1) ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マウリッツハイス美術館。デン・ハーグ、オランダ。世界の美術館(1)

オランダのデン・ハーグにある美術館。ルーベンス、レンブラント、フェルメール等のコレクションがあります。入口はまるで従業員の通用門のような貧相なものです。建物も、美術館の有名度にくらべて小さい。フェルメールは3点所蔵していますが、2011年4月現在、1点のみ展示。1点は修復中。1点は貸し出し中。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計:世界各国の自動車生産 2010年

世界の自動車生産の統計です。中国の躍進は驚異的ですが、アメリカはもちろんのこと、ヨーロッパ各国の衰退も見逃せません。アジア各国での生産も増加しています。ようするに、自動車は誰でも作れる商品になったのです。日本も他の先端産業に乗り換える時期が来ているのではないでしょうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲントの鐘楼。ベルギー。世界の塔(11)

ベルギーはゲントの鐘楼です。現在、ゲントは市内各所で工事中です。クレーンが動いていて視界をさえぎり、埃だらけです。そのうち良くなるでしょう。 ************* 京都タワー。世界の塔(10) http://44579446.at.webry.info/201104/ar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムステルダムの運河クルーズ

アムステルダムで運河をクルーズする観光船に乗りました。70分ほどの周遊です。 GPSレシーバを持っていたので、高度の記録を出してみます。ジオイド高はゼロのはずですが、高度表示にぶれが見られます。レシーバの精度かな。(データドロップは別として。)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他国に兵を忍び込ませ、人を殺し、その死体を海に捨てる。これを○○という。

夜陰に紛れて兵士を他国に侵入させ、家屋を襲い、丸腰の人を問答無用に殺害し、その死体を持ち出して、海に捨てる、これを○○と言わずしてなんと言おう。もちろん裁判なし。弁護なし。法律無視。自分で自分を正義の人という。神は何を見ているか。 すべての○○は正義の名の下で行われる。オバマの演説に正義justiceという言葉がなんど使われたか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック駅舎(28)デン・ハーグ。オランダの首都。

Den Haag Centraal デン・ハーグ中央駅。この駅も工事中。近代的な駅ビルとなっています。駅裏口(?)には近代的な高層ビルがいくつも建設中です。 *************** クラシック駅舎(27)ライデン。オランダ。日本とも縁が深い都市。 http://44579446.a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック駅舎(27)ライデン。オランダ。日本とも縁が深い都市。

Leiden Centraal ライデン中央駅。ライデン大学があります。キューケンホフにチューリップを見に行くときに降りる駅。駅舎は近代的なものになっています。 ************** クラシック駅舎(26)デルフト。オランダ。デルフト焼で有名な都市。 http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック駅舎(26)デルフト。オランダ。デルフト焼で有名な都市。

デルフトの駅前はいま工事中です。 **************: クラシック駅舎(25)ブルージュ。ベルギーのいまもっとも評判の観光地。 http://44579446.at.webry.info/201105/article_16.html クラシック駅舎(24)ゲント。ベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。佐藤一男「原子力の安全を考える」。木を見て森を見ない安全論議。

佐藤一男「原子力の安全を考える」 電力新報社、1988年。重箱の隅をつつく各論だけがあり、総論がない典型的な技術者の欠点が出ている本の見本。すこし離れて、高い見地から、物事をみる余裕はないのか。だから、著者は、自分の論理の矛盾に気がついていない。こんな程度だから、安全学は進歩しないのだ。原発事故はおこるべくして起こった。 本書でも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more