「電話帳」の翻訳書が出た。画期的だ。何部売れるのだろうか。

いわゆる「電話帳」すなわち、Misner-Thorne-Wheeler, Gravitation。その翻訳が丸善から出た。15,750円。どれだけ売れるのだろうか。売れる部数で日本の知的レベルが分かる。

そもそも、翻訳が出ることが、知的レベルの高さを示しているのだろうか。
中国語訳は出ているだろうか。アラビア語訳は出ているだろうか。西洋語への翻訳はないでしょうネ。
(Roger Penrose の近刊本Cycles of Time: An Extraordinary New View of the Universeのスペイン語訳は1月に見た。)

ともあれ、どれだけ売れるか、楽しみだ。


画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック