日本復興への提言(9)。外国人観光客をしっかり呼び込もう。

外国人が日本を敬遠している。放射線を浴びるのを怖がっているのだ。国際線の旅客機はガラガラ。日本人の団体客しか乗っていない。こんなことではいけない。 観光政策を根本から見直す必要があるのではないか。日本には安全がある。日本には親切心がある。日本には見るところがある。日本には買うべき商品がたくさんある。日本のサービスは最高だ。これらの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震源の経度とマグニチュードの関係。3月9日から3月11日へ至る道(3)。

3月9日から11日までの東北地方東方の地震は東西に伸びています。マグニチュードはほぼ一定ですが、14時46分の地震だけ飛びぬけて大きなものとなっています。 ***************** 震源の深さと震央の位置。3月9日から3月11日へ至る道。 http://44579446.at.webry.info…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本復興への提言(8)。成功体験をしっかり評価しよう。

「日本復興への提言(1)。東北関東大震災で何が分かったか。」のおいて、今回の震災にもかかわらず、「長所」が発揮されたことを述べた。もっともっとこの点を強調したい。良いところは再確認して、それを維持進展させるべきと考えるから。 1.暴動・略奪が起こらなかったこと。部分的な犯罪はあっただろう。しかし、大規模な集団での犯罪は、皆無といっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発の状況を論理的な考えよう。自分で考えよう。政府の本音を聞き取ろう。

福島第一原発の状況を、経済産業省原子力安全・保安院が、「国際評価尺度(INES)」の暫定評価をレベル7に引き上げた。予想される事態だった。もっと悪い状況がおこるリスクは減っていない。 「政府の方針がころころ変わっている」とか「安全なのか危険なのか、政府ははっきりしてくれ」との伝聞が伝わってくる。私見では、政府の方針は一貫しているし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPSもって大垣から名古屋まで。JR特別快速の旅

大垣発17:32.名古屋着18:07、金山着18:12.の特別快速に乗りました。 ++++++++++++++ GPSもって米原から大垣まで。JR普通列車の旅 http://44579446.at.webry.info/201104/article_30.html GPSもって米原から京都まで京都線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPSもって米原から大垣まで。JR普通列車の旅

米原発16:59の普通列車に乗りました。豊橋行きの特別快速ですが、大垣までは各駅停車です。17:32大垣着です。 *************** GPSもって米原から京都まで京都線新快速の旅 http://44579446.at.webry.info/201104/article_19.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評。高瀬正仁「高木貞治」。詳細な調査がなされているが、数学の知見はない。

高瀬正仁「高木貞治‐近代日本数学の父」岩波新書、2010年を読む。こまかなところまで調査が行き届いているが、なにか物足りないところを感じる。そう、数学がこの本には書かれていないのだ。戸籍調査は出来ていても、数学史にはなっていない。類体論が難しすぎるからだろうか。 たしかに数学史を書くことは難しい。対象とする数学そのものをある程度説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震源の深さと震央の位置。3月9日から3月11日へ至る道。

3月9日から11日14時46分までの東日本の地震のデータです。 (1)震源の深さと経度の関係 (2)震源の深さと緯度の関係 (3)震央の位置 *************** 日本周辺の地震。3月9日から3月11日へ至る道。 http://44579446.at.webry.info…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天井が飛んだ旅客機。原因は特定できたようですが、古い飛行機には乗りたくないですね。

southwest Airlines の天井が吹き飛んだBoeing 737-300 の飛行実績は次のようです。      フライト・サイクル: 39,781 サイクル      フライト・時間:   48,740 全飛行時間 良く使っていますね。 引用はFAAのサイトからです。Airworthiness Directi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPSもって名古屋から大垣まで東海道線の旅

金山駅から大垣駅までJR東海道線の新快速に乗りました。ハンディGPSではかった速度と高度のデータを示します。 **************** GPSもって東名高速をドライブ。足柄SAと大井松田ICの間の走路。 http://44579446.at.webry.info/201104/article_10.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

書評「まだ科学で解けない13の謎」。世の中は変則事象ばかり。だから科学は面白い。

マイケル・ブルックス「まだ科学で解けない13の謎」草思社、2010年、を読む。発想の自由性を謳歌する楽しい本だ。まさに「科学は不確かだ」。科学は人間の創作物だったのです。 暗黒物質・エネルギーや宇宙人からの信号「ワオー」などは夙に有名だ。しかし、有性生殖が無性生殖より優位である証拠はないとか、「死」の存在は科学的に立証されていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPSもって東名高速をドライブ。足柄SAと大井松田ICの間の走路。

足柄SAと大井松田ICの間は上下線が離れています。もちろん、GPSでもその差は出ます。 (1)上り線を走ったときの高度と速度。 (2)往復の走路の違い。 +++++++++++++ GPSもって成田空港まで東関東自動車道をドライブ http://44579446.at.webry.info/201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GPSもって成田空港まで東関東自動車道をドライブ

首都高、京葉道路、東関東自動車道を通って成田空港まで往復しました。 (1)首都高と京葉道路 (2)東関東自動車道 (3)首都高のトンネル部分。GPSはトンネルには弱いです。 **************** GPSもって東名高速をドライブ。富士川SAから清水ICまで。 http:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統計:日本の総発電量。原発はどのくらい寄与しているか。

日本の総発電量の実績をグラフにしました。リーマンショック以前のものです。ここ数年の実績は、多分、それほど伸びてはいないとおもいます。 今回の福島第一原発の事故は、エネルギー政策を国民的見地で広く議論する機会でしょう。 (2011年5月12日グラフをアップデートしました。) *********…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分で考えよう。自分で判断しよう。無能者にないものねだりをしても無駄だ。

「野菜を食べてもいいのですか」、「避難はしなくちゃいけないのですか」、「原発はいつになったら安全になるのですか」、「どの数値を信用すればよいのですか」等々といった質問を投げかける人々がいる。こういう人は、自分で物事を考えよう、判断しよう、行動しようと思ったことがないのでしょうか。他人の指示にしたがって行動したことしかないのでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「津波の速度はジェット機なみ」の誤解。流体力学のお勉強。(その44)

津波の速度はジェット機なみの速さである、との「風説」が出回っている。専門家さえ自信ありげに述べている。この「風説」は物理学の基本を理解していない半可通がいっているだけで、世間に誤解を及ぼしている。正そう。 自分の頭で考えてみよう。今回、宮城県などに押し寄せた津波のビデオを見たひとがたくさんいるだろう。津波はジェット機なみの速度で押…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発の状況と将来を自分なりに考える。10年では解決しないだろう。

福島原発のニュースは単発的な「突起」ニュースしか報道されていない。全般に関するシロウトの推測を述べる。 1.1号機から4号機のうちで、原子炉圧力容器に亀裂が入っているものがあるだろう。この場合では、原子燃料と直接触れた冷却水は外部と通々になっている。この冷却水が、放射性物質を外部(われわれの住む世界)に運んでくる。 2.同様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津波発生時の波の形(その2)。流体力学のお勉強。(その43)

Cauchy-Poisson問題の続き。(その42)では初期条件として、自由表面の形状としてディラックのデルタ函数を仮定した。速度ポテンシャルの形をおなじくディラックのデルタ函数としたときも解析的に解ける。これは、いわば、表面形状はゼロとし、初速度を与えることに相当する。結果的には同じような波の形をした結論が得られる。 初期条件は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津波発生時の波の形。流体力学のお勉強。(その42)

水の波のうち、津波の発生に相当する初期条件に関する問題は、Cauchy-Poisson の問題としてつとに有名である。これは線形領域の近似解であるが、流体力学の面白い性質が表れている。Lamb, Hydrodynamics をもとにグラフを書いてみよう。 線形近似の定式化だから、基礎となる方程式は、速度ポテンシャルに関するラプラス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本復興への提言(7)。批判でなく、提案を。復興の足を引っ張る朝日新聞。

震災に対する朝日新聞の論調には怒りを感じる。(新聞は朝日しかとっていないので他紙は論じることができない。)政府部内の局所的・短期的な不一致をあげつらうばかりで、太極を見た提案がすこしもない。問題点を声高に指摘して、あたかも分裂を望んでいるような論調ばかりがめだつ。自分からの提案もめぼしいものは何もない。悲しいばかりだ。 マスコミと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京電力は無能者集団。技術者も管理者も落第生ばかり。

東京電力の管理者の実力のないのは外からも分かっていた。しかし、技術陣もこれほどまでに実力がなかったとは、予想以上だ。記者会見の受け答えをみていても、実力のないのは明々白々だが、こんどは、放射線計測のプログラム・ミスを言い立て始めた。あきれてものが言えない。 もちろん、東電を所轄する原子力安全・保安院の能力のなさも同罪である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more