入試問題がケイタイで漏れた?大学側が悪い。業務怠慢である。

入試問題が試験時間中にケイタイで外に漏れ、外部から解答援助があったと散々報道されている。一番の悪者は大学当局。試験中の監視はどうなっていたのか。大学関係者が「入試制度の根幹を揺るがす」云々とわめき散らしているが、悪いのは監督していた大学。ろくに監督していなかったに違いない。

ケイタイで入試問題が外に漏れることは韓国でとっくに実証済み。公然の知識。大学当局がこんなことも知らないとは学者センセイもノンキなものだ。

入試問題が漏れたとすれば、担当の試験監視員ばかりか、入試責任者そして学長が首を洗って処分を待つべし。自分の怠慢さを棚に上げておいて、警察に班員探しの血道をあげるのは本末転倒。どこを見ているのか。

しっかり十分のやるべき業務をしないから、受験生はじめ社会に迷惑をかけている。大学当局は怒る資格はない。その前に、土下座して謝罪せよ。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック