旅客機巡航時の揚力と抵抗。飛行機の飛ばせ方(3)

前回、飛行機の飛ばせ方(2)の最後のグラフは、翼面荷重W/S と推力・重量比T/W であった。良く見ると、翼面荷重が小さくなると(グラフで左側になると)、推力・重量比T/W が大きくなっている。あれ、軽い方が推力がたくさん必要なのかな、と思いがちだ。そうではない。比T/W でT の減り方とW の減り方に差があるのだ。そこで、実際の推力(すなわち抵抗)がどのくらいなのかグラフで示そう。

図1
翼面荷重にたいする抵抗のグラフ。たしかに、翼面荷重が増えれば(重量が増加すれば)、必要な推力は増えている。
画像



それでは、揚力はどうだろうか。揚力は機体重量そのものだから、変わりようがない。それを図2に示す。3本の線が重なっている。
図2.
画像




念のため、(2)で示した翼面荷重W/S と推力・重量比T/W のグラフも再掲する。
画像






*************
旅客機巡航時の揚力係数と抵抗係数。飛行機の飛ばせ方(2)
http://44579446.at.webry.info/201102/article_56.html

旅客機の巡航速度と高度の関係。飛行機の飛ばせ方(1)
http://44579446.at.webry.info/201102/article_52.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック