羽田空港を観光施設にしてはならない。

羽田空港の新ターミナルが開業し、観光客がバスで押しかけているそうだ。問題の本質をしっかり見極めよう。

1.空港は飛行機に乗り降りするところ。関係のない人がくると、邪魔。飛行機乗降の効率を低下させる。

2.空港ビル会社の収支決算が見難くなる。本業で稼いでいるのか、本業は赤字なのだが、副業で稼いでいるのか。航空運送ビジネスの現状をしっかり定量的に把握・分析し、将来戦略を立案するのに雑音となる。

3.中部空港の開設時がそうだった。観光客が押し寄せ、あたかも航空運送ビジネスが成立しているような幻想を抱かせた。確かに名鉄は儲かったかもしれないが、長期的見て、航空運輸ビジネスの問題点が見難くなったことは確か。

4.小売店やイルーミネーションが見たいのなら、他に行けば良い。羽田以外に土地はいくらでもある。本来の航空客をもっと大事にすべきだ。

5.羽田を「外国」にするのなら分かる。この島での商品を全面無税にする。そうすれば客は集まる。かつての香港。返還前の沖縄。そうすると、韓国からLCCの乗って、羽田免税地区に、日帰りで、買い物客が来るかもしれない。しかし、それが日本のとって、本当に良いことなのだろうか。

目先の現象に惑わされず、なにが日本の長期的発展の良いことなのか、しっかり考えよう。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック