カンタス航空QF32便エアバスA380事故についてのロールス・ロイス社の声明。

ロールス・ロイス社声明の仮訳。

カンタス航空QF32は、エンジントラブルに見舞われたが、シンガポール・チャンギ空港に無事帰還した。当社は、お客様と当局と緊密に協力している。当社は、このような状況下において、確立した手法によって、情報を収集しており、各種イベントを解析し、適切な処置を行う。

当然の事ながら、当社の最優先事項は安全確保です。

トレント900エンジンは新しく、まだ広い範囲で使用されているわけではありません。しかし、基本的な予防チェックを実行されることをお勧めするのが賢明であると考えています。実際、現在進行中です。

我々は、お客様と緊密に連携して調査をすすめます。現在の段階では、結論を出すのは不適当と考えます。

原文。
Since Qantas QF32 suffered an engine failure and returned safely to Singapore Changi Airport we have been working closely with our customer and the authorities. In situations like these Rolls-Royce has well established processes to collect and understand information relating to the event and to determine suitable actions.

As always the safe operation of our products is our number one priority.

The in service fleet of Trent 900 engines is small and relatively new, and the Group feels that it is prudent to recommend that a number of basic precautionary engine checks are performed. This process is now underway.

We will continue to work closely with our customers as the investigation moves forward. This is at a very early stage and it would be inappropriate to draw any conclusions at this time.

http://www.rolls-royce.com/civil/news/2010/101104_statement_qantas_qf32.jsp


******************
Trent 900 エンジン仕様
パイパス比         8.5-8.7
ファン直径         11.6
中圧コンプレッサ段数  8
高圧コンプレッサ段数  6
高圧タービン段数     1
中圧タービン段数     1
低圧タービン段数     1  
******************

なお、ロールス・ロイス社は8月にボーイング787用のエンジンtrent 1000 の地上試験において、部品飛散事故を起こしています。重大な問題です。おかげで、787の開発に支障をきたしています。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック