坂本龍馬の姉乙女宛ての手紙(12)。慶應3年6月24日

慶応三年六月二十四日付けの姉乙女と女中おやべ宛ての手紙です。長文です。拙訳で。

*********************

今日もいそがしき故、蔭州屋敷へ参りかけ、朝六ツ時頃より此の文(ふみ)認めました。
当時私は、京都三条通河原町一丁下ル車道酢屋に宿し申し候。

清二郎に御頼の御書、同人より受け取り、拝見つかまつり候。
同人もかねて御申し越にて、よろしぎ人物とて、喜び候ところ、
色々、咄し聞き候ところ、何も思惑(おもわく)の無き人にて、
国家の御為、命捨てるに苦労はせぬ位なものにて、
当時、私は、諸生五十人ばかり連れており候えども、
皆、一稽古も出来候ものにて、
共に国家の咄しが出来候。

清二郎は、ただ連れて歩く位の事にて、
今すこし人物なれば、よろしい、
又は、まあすこし、何か芸でも出来ればよろしいと存じ、
此上、酔狂すれば、実に御蔵の鶏(にわとり)とやらにて御座候。
今一、二年も苦労致し候えば、すこしは役にたち申しべしか、
まあ、今の所では何も仕様のなき人にて御座候。

当時他国に骨折り候人には、なんぼ阿呆と云う人でも、
お国の並々の人の及ぶ所ではこれなく、
先日、大坂のお屋敷に行きて御用人やら小役人に出会い候ところ、
証判役小頭役とやら云うものの面構え、
京都の関白さんの心持ちにて、気の毒にもあり、おかしくもあり、

元より私は用向と申してはなし。
物申さず候えども、あまりおかしく候ゆえ、後藤象二郎にも申し候ところ、
同人も云うには、私しはあの様な者を使はねばならぬ、此のうるさい事、お察して下だされ、
お前方は、実に羨ましいと申し候て、笑い申し候。

坂本清次郎も右様の化物よりは、余程よく候。

先頃より段々の御手紙下され候。
おおせこされ候文に、私を以て利をむさぼり、天下国家の事を忘れ候との御見付の様存ぜられ候。

又、御国の姦物役人に、だまされ候様、御申しこし。

右ニケ条は、ありがたき御心付に候えども、およばずながら、天下に心ざしおのべ候為とて、
御国よりは、一銭一文の助けを受けず、諸生の五十人も養い候えば、
一人に付き、一年どうしても、六十両位はいり申し候ものゆへ、
利を求め申し候。

又、御国の為に力を尽すと仰せらるるが、是は、土佐で生れ候人が、又外の国に仕え候ては、
天下の大義論をするに、諸生にまで二君に仕え候よう申され、
又、女の二夫に仕え候よふ申して、
自身の義論が貫らぬきかね候し故に、
浪人しつけるに、
又は、御国を助けるに致さねば、ゆかぬものにて候。

それで、御国より出で候人々は、
皆私が元に集まりおり申し候ゆへ、
もう土佐からはお構いなく、楽に稽古致しおり候。

此頃、私も京へ出候て、日々国家天下の為、義論致し交わり致し候。
御国の人々は、後藤象二郎、福岡藤次郎、佐々木三四郎、毛利荒次郎、石川清之助(この人は私同様の人)
また、望月清平(これは随分良き男なり)。

中にも、後藤は実に同志にて、人の魂(たましい)も志も、土佐国中で外にはあるまいと存じ候。

そのほかの人々少々づつは、人柄が下だり申し候。

清二郎が出かけて来たについて、此の人にも早々に内達致し、
兄さんの家には傷は付けはすまいかと、相談致し候所、
夫れは、清次郎が天下の為に御国の事について、一家の事を忘れしとなれば、
兄さんの家には傷は付くまいと申す事なり、安心つかまるり候。
かれこれの所、御考えなされ、姦物役人にだまさか候事と御笑下され候。

私一人にて五百人や七百人の人を引いて、天下の御為するより、
廿四万石を引いて、天下国家のの御為致すが甚だよろしく、
おそれながら、これらの所には、乙様の御心には少し心が及ぶまいかと存じ候。

御病気がよくなりたれば、お前さんも他国に出かけ候御つもりのよし。

右は私が論があります。
今出て来られては、実に龍馬の名と云うものは、もはや、諸国の人々、知らぬ者もなし。

その姉が不自由押して出て来たと云ては、天下の人に対しても恥ずかしく、
龍馬も此の三、四年前には、人も知らぬ奴(ヤツコ)なれば、よろしく候えども、
今はどうもそう言う和気に参らず、
もしお前さん出かけたれば、どうしても見捨ててはおかれぬ。
又、世話をせんならん。其の世話をするくらいなれば、
近日、私が国に帰る時、後藤象二郎へも申し候て、
蒸気船より長崎へ御連れ申し候。

かねて後藤も老母と一子とがあるとやらにて、是も長崎へ連れ出すとて色々話し合い仕り候。
(この辺のことは、ごく内々のことなり。御考え下さるべく候。)

私は、妻一人にて留守の時に、実に困り候から、
いやでも乙さま、お近日、私直々に、蒸気船より御供致し候。

短銃おこせとのこと御申し、
是は妻にも一ツ遣わしこれあり。
長さ六寸ばかり、五発込み、懐剣よりは小さけれども、
人を撃つに、五十間位隔たりては打ち殺すこと出来申し候。

其の連れが、今、手元にこれあり候えども、差し上げる申さず候。
其の故は、今御国のことを思うに、なにぶん、何も、物知らぬ奴等が、
喧しく勤王とやら、尊王とやら、天下の事を、濡れ手で粟つかむ様、言いふらし、
その者等が云う事をまことと思い、
池のかかさんや、杉屋の後家さんや、又は、お前さんやが、
思いおり候様子、
又、兄さんは、島の真次郎や佐竹讃次郎やと付き合い候様子なり。

お前さんが他国へ出れば、どうでもして世渡りが出来る様に、思わしやるろうが、
なかなか、女一人の世渡りは、どのよう暮らしても、一通りは、一年中に、
百二十両もなければ参り申さず。

私は、妻一人のみならず、おまへさん位はお養ない致すことはやすいことなれども、
女の天下の為に、国(土佐)を出と云う訳には参らぬものゆえ、
出奔したれば、
是非、兄さんのお家にかかり申し候あいだ、
私の御国に帰るまで、死でも御待なされたく候。

後藤らとも内々は、話し合っておきます。

そして当時は戦(いくさ)の始まる前なれば、
実に心せわしく候中に、
また、姉さんが出かけ候えば、清次郎一人でさへ、このごろの出奔は
余程、鼻くずなれども、
男であるきに、まあ、収まりは付け申すべき、

前後御察しつかわさるべく候。

小高坂(高知城西)辺の娘まで、勤王とか国家の為とか、あわてさがし、
夫れが為に、女の道を失い、若き男と暗がり咄ししたがり、
此の頃は、大坂の百文でチョットねる惣嫁と申し女郎の様なもんぢゃと申すことにて御座候。

此のこと、お小高坂辺にて、心ある人々には御申しなさるべく候。

私らの妻は、日々申し聞き候には、龍馬は国家の為、骨身を砕き申すべし、
しかれば、此の龍馬を良くいたわりてくれるが国家の為にて、
決して、天下の、国家のと、云うことはいらぬことと申し聞きこれあり候。

夫れで日々縫い物や張物致しおり候。

その暇には、自分にかけ候襟などの縫いなど致しおり候。

その暇には、本読むこと致せと申し聞き候。

此の頃、ピストル(短砲)は、大分よく発ち申し候。

誠に妙な女にて候えども、私の云うことよく聞き込み、
又、敵を見て白刃を恐るる事を知らぬ者にて、
(伏見のことなど思い合わせたまうべし)
別に、力みはせねども、又、一向、平生と変わりしことなし。

これは、可笑しきものにて御座候。

                   かしこ

六月廿四日
                   龍馬
姉上様
おやべ様

追白、春猪が簪を寄越してくれよと申し来りたれども、
夫の出奔致し候時にあたりて、簪なにものぞ、
清次郎に小遣でもやりてくれよ、とでも云いそうなもんなり。

ただ、気の毒なるは、兄さんなり。
酒が過ぎれば長命はできまい。

又、跡は養子もあるまい。
龍馬が帰るを待てば、清次郎は都合よく出してやるものを、
つまらぬ出様(でよう)をした。

七月頃、畑にはへた、おくればへのまうりや、きうりの如し。
あわれむ人少なし、
              かしこかしこ。

*********************

画像


*********************
坂本龍馬の姉乙女宛ての手紙(11)。慶應3年4月上旬
http://44579446.at.webry.info/201011/article_104.html

坂本龍馬の姉乙女宛ての手紙(10)。慶應3年4月7日
http://44579446.at.webry.info/201011/article_100.html

坂本龍馬の姉乙女宛ての手紙(9)。慶應3年1月22日。
http://44579446.at.webry.info/201011/article_98.html

*********************
坂本龍馬の姉乙女宛ての手紙(8)。慶應元年9月
= 坂本龍馬の新婚旅行。姉に宛てた手紙(7)
http://44579446.at.webry.info/201011/article_38.html
*********************

坂本龍馬の姉乙女宛ての手紙(7)。慶應元年9月
http://44579446.at.webry.info/201011/article_95.html

坂本龍馬の姉乙女宛ての手紙(6)。慶應元年9月9日
http://44579446.at.webry.info/201011/article_86.html

坂本龍馬の姉乙女宛ての手紙(5)。慶應元年9月7日
http://44579446.at.webry.info/201011/article_78.html

坂本龍馬の姉乙女宛ての手紙(4)。文久3年6月29日
http://44579446.at.webry.info/201011/article_74.html

坂本龍馬の姉乙女宛ての手紙(3)。文久3年6月28日
http://44579446.at.webry.info/201011/article_70.html

坂本龍馬の姉乙女宛ての手紙(2)。文久3年5月17日
http://44579446.at.webry.info/201011/article_57.html

坂本龍馬の姉乙女宛ての手紙(1)。文久3年3月20日
http://44579446.at.webry.info/201011/article_50.html
**********************

坂本龍馬がお龍に宛てた手紙。
http://44579446.at.webry.info/201011/article_40.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック