鹿児島紀行(7)フラワーパークかごしまを訪ねる。日曜日なのに入場者が少ない

鹿児島に来て植物園ファンとしては「フラワーパークかごしま」は外せない。ジャカランダの並木は世界に名をはせている。今回は季節柄、ジャカランダは見れなかったが、ほかにもたくさんきれいな花が咲いていた。

10月3日(日)訪問。当方は当方で勝手に花を楽しんだが、心配なことがある。

入場者が少ないこと。入場料600円(割引券があると500円)で、美しい花を一日中楽しむことができるのだ。花を見ることは、世界を見ること。COP10などで、生物多様性を会議室内で議論しているより、この植物園にくればもっと植物の多様性が分かる。

ノーベル化学賞をとった人もいった。もっと世界に出ろ。もっと発想を豊にせよ。もっと手を広げろ。

紀行(3)でも言ったように、日本人は旅行をしなくなった。外へ出なくなったのではないか。植物園も動物園も博物館も。設備は整備されている。館員はどこも親切で、どんな質問にも答えてくれる。こんな刺激的なところは無い。なぜ、行かないのだろうか。

日本人の消極性が気になる。だから、経済が停滞しているのではないか。スキー場が閑散としているのは、日本人が堕落したからではないか。植物園に行かないのは、勉学の精神がなくなったからではないか。旅行をしなくなったのは、世界をしっかり自分の目で見ようといいう進取の精神がなくなったからではないか。

日本人よ!もっと世界を歩け!目を開け!

画像


画像


画像


画像


画像



***************
鹿児島紀行(1)天文館はちょっと元気が無いかな。
http://44579446.at.webry.info/201010/article_4.html

鹿児島紀行(2)知覧武家屋敷群に日本の文化の広がりと深さを感じる
http://44579446.at.webry.info/201010/article_7.html

鹿児島紀行(3)日本人は旅行しなくなった
http://44579446.at.webry.info/201010/article_9.html

鹿児島紀行(4)知覧で特攻を考える
http://44579446.at.webry.info/201010/article_10.html

鹿児島紀行(5)鑑真和上上陸の地を訪ねる。
http://44579446.at.webry.info/201010/article_12.html

鹿児島紀行(6)指宿白水館に泊まる。日本文化の粋。
http://44579446.at.webry.info/201010/article_14.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック