ノーベル化学賞の受賞おめでとうございます。根岸英一氏と鈴木章氏。

ノーベル化学賞が根岸英一氏と鈴木章氏に授与される。目出度い。うれしい。感激である。

1.化学賞。これを予想していたひとはいるのだろうか。

2.日本人は化学賞に適しているのだろうか。(日本人の仕事のやり方が、化学に向いているのだろうか。)

3.日本社会(その分野の専門家ではなく)は化学という学問を正当に評価しているのだろうか。日本社会は、湯川秀樹のショックから、素粒子学を偏重していないか。

4.大学での化学(科学)と実業界(製薬業等の生産現場)の関係を理解するのに、見落としは無いだろうか。

いろいろ考えさせられる。

ともあれ、おめでとう。関係の無い、小生も、うれしい。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック