大阪地検証拠改竄事件は、前田恒彦検事にストーリを作らせろ。幼稚すぎてダメか。

いわゆる「郵便割引制度を悪用した偽の証明書発行事件」で、大阪地検特捜部の前田恒彦主任検事が押収品のフロッピーディスクのデータを改竄していた。さもありなんだ。

大阪地検は、取調べ中の捜査メモも、組織的に、破棄していたのです。忘れてもらっては困る。

捜査メモを破棄したと裁判所に詰問された時点で、最高検が動かなかったことの方が問題だ。

そう、組織的にだ。誰が特捜部長だったか。大坪弘道・現京都地検次席検事。しっかり名前を覚えておこう。

犯罪の大本山、検察庁。さあ、どれだけウミが出せるか。トカゲの尻尾切りにならないことを祈る。

*******************
検察庁の責任はどうなっているのか。厚生労働省文書偽造事件。
http://44579446.at.webry.info/201009/article_16.html

犯罪の総本山、検察庁。この犯罪者への処罰はいかになされるのか。
http://44579446.at.webry.info/201009/article_29.html

検察官の犯罪。この落とし前、どうしてくれるネン。大阪特捜部検事の証拠改竄。
http://44579446.at.webry.info/201009/article_48.html


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック