「みちびき」にかんする読売新聞社説。GPSの基本が分かっていない。

読売新聞が「衛星みちびき 日本版GPSの戦略作り急げ(9月20日付・読売社説)」
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100919-OYT1T00730.htm
で「みちびき」について論じた。他社が「みちびき」を無視するなかで、読売だけ「理科系」だ。しかし。。。

1.読売新聞は、QZSSの位置づけが分かっていない。JAXAも十分に説明していない。QZSSはGPSの補完には使えない。GPSの電波網にQZSSの電波を割り込ませて、現状のカーナビで、GPSと同様に、受信することはできない。QZSSの衛星は、GPSと同じ系列の衛星としては認識できないのだ。GPSと平行的なシステムを受信機に追加しなくてはものにならないのだ。

2.GPSの運用・補完で、アメリカとの関係がうまくいっているとでも思っているのだろうか。そもそも、GPSは軍事衛星だ。そこに外国が割り込むことが難しいことはわかりきっているはずだ。

3.Differential GPSをご存知ですか。すでにDGPSで数センチの精度が出ている。建設現場でも使われ始めている。いまさら、QZSSを使う時代ではない。そう、QZSSはもうすでに時代おくれなのだ。JAXAは、だから、詳細な説明をしないのだ。

4.GPSにしろQZSSにしろ、使い道は多岐にわたる。もっともっと勉強してほしい。民間の応用現場の方が進みが激しくて、「中央」が置いてけぼりになっているのだ。

*******
カーナビの精度を上げるのには DGPS がよい。「みちびき」の使用は疑問だ。
http://44579446.at.webry.info/201009/article_39.html

人工衛星「みちびき」の効能はカーナビだけではない。
http://44579446.at.webry.info/201009/article_17.html

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック