国家戦略室?そんなのいらない!

民主党政権が掲げていた「国家戦略室」を縮小するそうだ。法律も作らないという。当然の事だ。

そもそも,閣議があるのだから,なぜわざわざ同じようなものをつくる必要があるのか。既存の会議をしっかり使えばそれで済む話。閣議を軽視しているから,こんな発想が出てくる。

消費税に関すす超党派の会合をもちたい,という論理も同じ。国会があるのだから,国会の中で議論をすれば良い。わざわざ,国会の外にあらたな会議を設ける必然性はない。国会軽視だ。

省庁の委員会制度もおなじこと。「有識者」なる政権追従集団による会議で物事を決めようとするのは姑息な手段以外の何者でもない。正々堂々と国会内で議論をすべきだ。

そもそも民主党はコスト削減を口では言っていても,実態は屋上屋を重ねる行動が多すぎる。

http://44579446.at.webry.info/201007/article_17.html

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック